焼きなすとツナのおろし和え、ゆでとうきび献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼きなすとツナのおろし和え献立

夏野菜連打の夏祭りです。

本日はなすをメインに据えました。

大きななすをたっぷり2本使ったおろし和え。こういうのはやっぱりキレイな”茄子紺”に仕上げたいよね、と思いまんまとその通りに出来上がったのですが。

写真を見たらば真っ黒に写っている。残念です。

焼きなすとツナのおろし和え、ゆでとうきびで家飲み

焼きなすとツナのおろし和え、ゆでとうきび献立。

  • ぬか漬け
  • 白菜の煮浸し
  • ゆでとうきび
  • 焼きなすとツナのおろし和え

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、オクラ、白菜の3種盛り。そろそろ床のお手入れをしなければ。

白菜の煮浸し

白菜の煮浸し

こちらは先日の残りもの。

ゆでとうきび

ゆでとうきび

連日登場のとうもろこし、今日はシンプルに塩茹でに。

焼きなすとツナのおろし和え

焼きなすとツナのおろし和え

なすは乱切りにして水にさらしアクを抜いてから軽く塩を振ってもみ、水気を切っておきます。なすの皮目に油をまとわせ皮目から先にフライパンで焼いていきます。両面しっかり焼けたら大根おろし、ツナ、ねぎと和えてポン酢と黒七味 でいただきます。

残りものもあったし、あとは茹でただけ和えただけなのであっという間に出来上がった晩酌献立。本日も夏野菜とビールのコンボで夏満喫です。

しかし、ああ、茄子紺はいずこへ。

おつまみレシピブログ

ブログで晩酌記録を始めた頃から比べれば多少マシにはなっているものの、相変わらず天気に順応できない夏。

夏場は、遅くまで外が明るいじゃないですか。だからなるべく早い時間に準備して自然光で撮影しているのです。そのほうがキレイに撮れるので。

が、かなり暗くなっているのに無理やり自然光で撮ろうと欲張るとこういう結果になってしまう。微調整が下手くそなのであります。

今時のコンデジならオートでカチッと撮れちゃうのかしらね。いや、コンデジ市場はスマホのおかげで冷え冷えなんだっけか。スマホでもキレイに撮る人はいるものね。確か千鳥さんもiPadで撮影されてるとかなんとかで驚いた記憶が。

精進します。

 




関連記事

水菜のレシピと献立

水菜と油揚げの煮びたし、新玉ねぎとツナの塩昆布和え。

こいつらに任せておけば、必ずなんとかしてくれるだろう。 上司からの期待を一身に担う黄金

記事を読む

berg ジャーマンブランチ

新宿で一人飲み BERGでジャーマン・ビアセット。

By: Ben Garrett[/caption] 先日新宿でふと時間が空いたので久しぶりに

記事を読む

トマト冷しゃぶ献立

トマト冷しゃぶ、えのきスープ献立。

肉が少しに野菜たくさん、というメニューが好きです。 肉は大好きなのですが、肉だけを食べ

記事を読む

目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

今朝出かける時にいつものデニムを履いていたのですが、なーんか、ユルい…。 ん?これはもしや?

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

ワインに合う秋刀魚レシピ

ワインのおつまみ 秋刀魚のワイン蒸し、アボカドとチーズの塩昆布和え。

バケットがちょっと余っていたので、ワイン連打。 昨日は野菜ばっかりだったから今日は肉で

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

あみエビのだし巻き

あみエビと三つ葉のだし巻き、にら納豆献立。

あみエビ連投する中で、せっかくだから卵は焼いておこうかなと思っておりました。 景気良く

記事を読む

海鮮塩炒め

海鮮塩炒め、焼きなすと春雨のサラダで紹興酒。

先日のロールイカの残りに海老を加えて海鮮炒めにしようと思い立ち組み合わせる青みを考える。

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑