京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

夏の戯れで晩酌

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。

新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスープで金魚。 

いつもの酒屋で店員さんにおすすめされるがままに購入したミニボトル。近頃のカップ酒には愉快なデザイン物がおおいなあと思っておったのですが、こういうのもあるんだな。

しっとりと汗をかいた金魚ボトルの吟醸酒。いやになるほど夏らしい晩酌風景ではありませんか。

京都の酒 招徳 四季の純米吟醸デザインボトル 夏の戯れ

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

酒屋では

「女性の杜氏さんが季節ごとにデザインされてるんですよ」

程度しか聞いていなかったので調べてみるとなるほど。春・夏・秋・冬の4バージョンがあるのですね。

大人気“四季の純米吟醸ボトル”(招徳)

女性杜氏が作る味、女性杜氏がデザインするボトル、女性が日本酒を楽しむためのお酒。四季を通して大人気の商品です。

お、おぅ…。

女性にもおすすめ、とか、女性にぴったり、などという売り文句がかなり苦手な私。酒飲むのに男も女も猫も杓子も関係なかろうというスタンスなもので、このあまりの女性推しにはクラクラしてしまいます。しかしまあ、確かに誰もが手に取りやすいデザインではあるのでしょう。

冷やして飲むのにぴったりの、やや辛口の純米吟醸。季節でデザインが変わっても、中身は一緒なのかしら。四季ごとに味わいが異なるのなら全部飲んでみたい気もするんだけどな。

招徳 四季の純米吟醸デザインボトル 夏の戯れ データ

蔵元  招德酒造株式会社(京都府・京都市伏見区)
種類  純米吟醸
精米歩合  60%(五百万石・日本晴)
日本酒度  +3
酸度  1.4
アルコール度  12~13度

かわはぎと豆腐の酒蒸し、レタスと海苔のサラダで家飲み

かわはぎと豆腐の酒蒸し献立

  • しめじと油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • レタスと海苔のサラダ
  • かわはぎと豆腐の酒蒸し

しめじと油揚げの味噌汁

しめじと油揚げの味噌汁

たっぷりのしめじと油揚げの味噌汁。出汁はおなじみいりこ出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶ、キャベツ、にんじんの3種盛り。

レタスと海苔のサラダ

レタスと海苔のサラダ

ちぎったレタスに太白ごま油をまぶしてからちぎった焼き海苔としょうゆで和えたサラダ。

かわはぎと豆腐の酒蒸し

かわはぎと豆腐の酒蒸し

今回は頭と腹を処理済みのかわはぎで調理。フライパンに塩をふったかわはぎと酒を入れ蓋をして火にかけます。途中で豆腐とわかめを入れ一緒に蒸し、かわはぎに火が入ったら完成。うつわに盛って大根おろしとレモンを添えます。

大根おろしの色合いのせいで悪魔料理みたいになってますが、大丈夫です。ただの紫大根ですから、異常はありません。途中でしょうゆかポン酢で味を変えようかと考えるも、レモンと大根おろしの風味だけで最後までおいしくいただけました。

日本酒にあうおつまみレシピ

実はいわしを煮るつもりだった本日、帰りにスーパーに寄ったらまさかの売り切れ。代替え案として急遽かわはぎを採用したのでした。冬場の鍋でお目にかかる程度の付き合いしかしてこなかったけれど、こうして食べるとかわはぎってのは改めて旨いねえ。身がしっかりしているので扱いはラクだし、濃い出汁が出るので、シンプルな酒蒸しでも満足度は高い。

朝からのいわし気分を満たせなかったのは残念だけれど、静かに、しかし力強く沸き起こる魚への想いは、肉では決して埋められない。熱い魚欲をかわはぎでカバーできて、めでたしめでたし。

 




関連記事

Aurora Soho ブランチ

エッグベネディクトブランチに熟成肉ステーキ ニューヨークで食べたもの その2。

ニューヨークの食記録、後編です。 関連 アメリカンスタイル ハンバーガーにホットドッグ

記事を読む

牛肉とセロリのしょうゆ炒め

牛肉とセロリのしょうゆ炒め、エリンギの梅和え献立。

炒めもの、特に野菜炒めは難しい料理説を唱え続けています。 料理に時間をかけないための、

記事を読む

糖質制限中でもお腹いっぱい食べられるおすすめ麺。

蒸し鶏の茹で汁で作るフォーにハマッています。 最近はこれを食べたいがために蒸し鶏を作っ

記事を読む

豆腐と小松菜の塩炒め献立

豆腐と小松菜の塩炒め、三つ葉ときのこのおひたし献立。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。 本来は料理によっていろいろ使い

記事を読む

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくまで薄味に仕上げ、ふんわりと固め

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

だし巻きしらすおろし、春菊のごま和えで晩酌。

つい先日、近所の居酒屋で生しらすおろしをオーダーしました。 生しらす、いいよねえ。にこ

記事を読む

門前仲町「浅七」を想う炒り焼き豆腐。

  今日は遅くなってしまったので夜は簡単に済ませました。簡単に、とはいっても

記事を読む

バケットグラタンとサラダ

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

グラタンとサラダでワイン。 となれば当然グラタンがメインのように見えるけれど本日に限っ

記事を読む

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め、ブラウンえのきの梅和え献立。

ちくわ。久しぶりに登場しました。 こういうものって、たまにやたらと食べたくなる。「たま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑