一人晩酌 9/4 鶏もも肉のウスターソース焼き、小松菜に煮浸し。

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 シェアハウス, シェアハウスで料理, 家飯

140904d

午後になると毎日

「今日は何で呑もうかなあ…」

と、冷蔵庫の中身を反芻しながら考えてしまいます。が、お目当てのものを買いにいったスーパーで突然気が変わることもしばしば。今日もそんな日でした。

 

今夜の家呑み献立

140904d3

  • 鶏もも肉ソース焼き
  • わかめと韮のスープ
  • 小松菜の煮浸し
  • にんじんナムル
  • 玉ねぎの酢の物
  • 葱のおかか和え

本当は全く別のメニューを考えていたのですが、スーパーで突然ひらめいてメニュー変更。

塩胡椒で下味をつけた鶏もも肉を皮目から両面焼いたらウスターソースと鷹の爪を加えて照り焼きに。仕上げにたっぷりの白髪葱をのせました。ウスターソースと鶏の相性はレバーのソース漬けでも立証済み。
実はこれ、大好きな焼き鳥屋さんの奥さんに教えてもらった「家庭料理」。鶏のプロが家族に振舞うこのメニュー、お子さんもみんな大好きなのだとか。確かに、育ち盛りの男の子がいるお家ならソースにニンニクのみじん切りを加えて千切りキャベツと一緒に丼ものにしても喜ばれそう。

呑む前に飲むスープ。今夜はわかめと韮に葱のみじん切りを。

定番の小松菜煮浸し。小松菜のほんのりした苦味と油揚げの包容力を楽しむために、味薄すぎない?とならないぎりっぎりのラインを意識していつも作ります。

そして今夜も酒肴小鉢。

140904d2

オニオンスライスを塩昆布と酢で和えただけの簡単酢の物、にんじんナムル、作りおきの葱のおかか和えの3品です。

最近はほぼ毎日家晩酌の私、外食ももちろん大好きなのですが、せっかく外で食べるならば自分では作れないものを頂きたいなあと思うのです。
焼き鳥はシンプルだけど奥深く、ちゃんとした店でしか美味しいものに出逢えない料理の筆頭。あー、最近焼き鳥食べてないなあ、久しぶりにあの店に行きたいなあ…なんて思いだしながら、プロに教わった家庭料理を作ってみたのでした。

 

3行レシピでつくる家呑みおつまみ 絶品200 (青春新書プレイブックス)
杵島直美 検見崎聡美
青春出版社
売り上げランキング: 339,047



関連記事

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

洗濯機?冷蔵庫?絶対必要な家電製品ってなんだろう。

以前使っていた冷蔵庫、洗濯機、ベッドは引越しの際に全て処分してしまったので、現在は所有してい

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

蒸し鶏ネギソース

家飲み献立 蒸し鶏ネギソース、白菜とベーコンのスープ。

安くなってきたのではしゃいで購入した白ネギが大量にあります。 「大量」といっても普通に

記事を読む

塩豚のトマト煮 献立

塩豚のトマト煮、蕪の葉としらすの炒めもの。

やってしまいました。 サラダにしようと思っていたトマト、うっかり凍らせてしまいました。

記事を読む

ゴーヤと豚の味噌炒め

ゴーヤと豚の味噌炒め、トマトとなすのサラダ献立。

この夏食べ忘れていたゴーヤを、先日和えものにしていただきました。 休肝日ごはん ゴーヤ

記事を読む

川鶴純米吟醸wisdom

香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdomで晩酌 牛肉と大根の塩煮、わかめと揚げのぬた。

進んでいます、進んでいます。とうとう香川県までやってまいりました。 関連 勝手に日本酒

記事を読む

コンビーフと春キャベツのパスタ

春キャベツとコンビーフのパスタ、水菜とトマトのサラダ。

コンビーフ、久しぶりに食べました。またまたいただきものです。 コンビーフといえばあの特

記事を読む

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑