きつね納豆、みつばときのこのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること




きつね納豆

ねえねえ、買って!これ買って!

頬が赤い愛くるしい女児(推定4歳)が母親のコートの袖口をむんずと掴み、おねだりをする微笑ましい光景。夕暮れ時の商店街、行き交う自転車、八百屋の軒先。女児が強く所望したのは、絹さやであった。

絹さや。

おそらく、彼女が欲したのは絹さやという野菜そのものではなく、「買って買ってプレイ」のほうなのだろうな。そう考えたのは、絹さやの次に女児が手にしたのがうどだったからです。絹さやはまだしも、うどはなかなかなあ。

きつね納豆、三つ葉ときのこのおひたしで晩酌

きつね納豆、みつばときのこのおひたし

  • もやしと豚肉の味噌汁
  • 塩もみ大根
  • 三つ葉ときのこのおひたし
  • きつね納豆

もやしと豚肉の味噌汁

もやしと豚肉の味噌汁

豚こま肉ともやしをごま油を引いた鍋で炒め、湯を注いで軽く煮て味噌を溶き入れた味噌汁。すりゴマとみじん切りのネギで仕上げます。

三つ葉ときのこのおひたし

三つ葉ときのこのおひたし

さっと茹でた三つ葉とえのきを出汁しょうゆにしっかりひたして鰹節をのせたもの。

きつね納豆

きつね納豆

みじん切りにしたネギをたっぷり入れて付属のタレで調味し混ぜた納豆を袋状に開いた油揚げに詰め、口を楊枝で止めてからフライパンで両面焼きます。

これに漬けもの代わりの大根塩もみを添えた晩酌献立。なんと地味な品揃え、気合いが入っていないにもほどがあるというものです。私こそ、絹さやでも買えばよかったかな。

おつまみレシピブログ

本日の調理の山場はもちろん、油揚げに納豆を詰めるくだり。以前は厚手の京揚げを無理やり開くという無駄な手間をかけていましたが、最近はきつね納豆製作を見越して普通の薄揚げを常備しております。油揚げ一枚を焼くなら厚みがあったほうがよろこびが増すけれど、納豆詰めるならこっちのほうが断然簡単でいいですね。

いずれにせよ詰めるとなると一手間かかるし、口に入れてしまえば同じこと。焼いた油揚げに納豆ダバーっとかけちゃってもいいのではないかという考えが浮かばなくもないが、それはしない。やっぱり包んでこそ、包まれてこそのきつね納豆でしょう。しかし栃尾の油揚げとなると話は変わるか。あれなら切り込みを入れて納豆を忍ばせる手法もアリだろう。いや、それも一種の「包み」となるか。

ハァ。今日も寒いですね。

 




関連記事

さばの梅蒸し献立

鯖の梅蒸し、ほうれん草としいたけの吸い物。

鮮魚売り場で鯖と目が合う。 一人暮らしの身としては半身で売られているのがベストなんだけ

記事を読む

蒸しとうもろこし

三つ葉と豚の冷しゃぶ、蒸しとうもろこし。

今日から7月。 今朝は雨が降っていて少々肌寒いですが、まもなく本格的な夏に突入です。

記事を読む

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

一人暮らしの晩ご飯

玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りましたが、作った、というほどの料理で

記事を読む

豚肉とごぼうの柳川

豚肉とごぼうの柳川風、かぼちゃとわかめの味噌汁献立。

ごぼうって、面倒な野菜だと思っていました。 他の野菜と比較すれば一目瞭然、相当量の泥が

記事を読む

シェアハウスで料理 8/22 何も作らない晩ごはん。

今週はあれこれ作ってちょこちょこ残していたので、今夜は作りおき食材メインで晩御飯です。 わ

記事を読む

イカゲソ黒七味炒め

イカゲソ黒七味炒め、キャベツと人参の温サラダ献立。

珍しく食べたいものがわからないという感覚に陥る。 朝起きた瞬間から今宵の晩酌について考

記事を読む

その先にある世界観。オフホワイトとのマリアージュを探る夜。

用事ついでに目黒駅周辺を散歩していたわけですが。 関連 権之助坂に酉の市。東京散歩・目

記事を読む

黒はんぺん焼き

黒はんぺん焼き、春菊の白和え献立。

黒はんぺんをいただきました。 最近なぜか静岡方面のお土産を頂戴することが多いです。

記事を読む

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

苦手意識がある方が、結局上手くなる理由。

自分の中に専門的な知識が溜まっていない分野について書かねばなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑