一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

公開日: : 最終更新日:2017/10/06 旅人への道, 食べること

takamatsu_119

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。

関連 神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

こんぴらさん、栗林公園を巡った後は高松駅に戻る。

そろそろ、旅も終盤です。




15:30 高松の商店街を散策

takamatsu_120

駅前を散策した後は、ぶらぶら歩いて商店街の広がるエリアまで。ローカル商店街ウォッチャーとしては商店街巡りはかかせませんからね。

が、この日は月曜日。近くになる高松市美術館の休館日に合わせているのか、お休みの店が多かったようでちょっと残念。高松は美術館や博物館などの見所も多いので、多くが休館日になっている月曜日以外の曜日に来るのがいい、かな。

と言いつつもローカル散歩を楽しんで、お土産も調達しました。

関連 ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め、水菜と干しあみえびの煮浸し献立。

小さな自分土産、活用しております。

16:00 一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく

takamatsu_127

ここでわたくし、痛恨のミス。

高松に戻ったら高松名物骨付鳥なる旨そうなもので一杯やろうと決めていたのですが、目当てのお店である一鶴(いっかく)の営業時間を誤認。通し営業だと思い込んで行ってみたら、平日の夜営業は16:00からでした。

しまった、予定が狂う。とショックを受けたものの、時計を確認してみれば営業時間まではあと30分ほど。じゃあそれまでぶらぶらしてからまた戻ってこようと仕切り直したのでありました。リカバーリカバー。

takamatsu_126

開店5分ほど前に戻ってみると、すでにお待ちのみなさまの姿がちらほらと。しかし「骨付鳥」で商標取れるのか、なんかすごい。

さて、こちらのメイン料理はその名の通り、骨付きの鶏もも肉で、おやどり1,008円とひなどり894円の2種。当然、食べ比べるため両方オーダーです。

一鶴 骨付鳥

もちろん、ビールもね。

おやとひな。なにがそんなに違うのだろうかと食べ比べてみたら、全然別ものでした。

takamatsu_121

おやどりはとにかく歯応えがすごい。そのためか、食べやすいようにあらかじめ切り込み入り。咀嚼力を問われる弾力のある肉質に、柚子胡椒の辛みがききまくりでビールが進む。

takamatsu_125

一方のひなどりはほろりとやわらかく、じゅわっとジューシー。なるほど、これぞまさしくヤングマン、ほとばしる若さ。肉汁溢れるにんにくのきいたもも肉は、やっぱりビールが進みます。

品書きには女子供はひなどりを、漢は黙っておやどり一択と書かれていましたが(嘘)、確かに小さなお子さんとかお年寄りにはおやどりの力強さは厳しいかな。いや、そもそもこのパンチのきいた味付けは子供向きでもないような。

どちらかひとつだけ選べと言われたら、私はおやを推したい。

皿に残った鶏油と肉汁が混ざったタレにおにぎりを浸して食べるのがしめにおすすめらしいけど、この味付けなら白飯より断然ビールだなあ。と思ってしまうのは我々が酒飲みだからでしょう。ぐびー。

高松名物として有名な骨付鳥、私たちのような観光客がほとんどなのかと思いきや、店内は常連らしきご近所さんや出先から直帰でこっそり一杯といったサラリーマンのおひとりさまが多くて、みんな豪快にかぶりついてはビールをぐびー。いいぞいいぞ。

結構なボリュームゆえ、しばらく鶏肉はいいわーなんてこぼしておったのですが、今書いてるこの瞬間はもう食べたい。おやが食べたい。ちなみに大阪や横浜にも支店があるようです。

===============
骨付鳥 一鶴 高松店
高松市鍛冶屋町4-1
087-823-3711

 

17:30 高松駅前でラストスパートをかける

takamatsu_129

骨付鳥を満喫したら空もそろそろ暗くなり、帰りのバスの時間が近づいてきました。

一鶴からまたもや徒歩でぶらぶら商店街など歩きつつ高松駅前まで戻り、両親へのお土産にうどんを買った後は駅前で適当に見繕って居酒屋に潜入。いえね、さっき濃いもの食べたおかげで、なんか爽やかな飲みものが飲みたくなったのですよ。

takamatsu_131

突き出しのあら煮と一緒にすだちサワーごくごく。居酒屋入って飲みものだけってのもアレなので、これまた高松名物らしいしょうゆ豆をつまみにいただく。

takamatsu_130

ホッとする素朴な味、つや感がいいね。

2杯目のサワーあたりで突然バッテリーが切れかける私。そういや昨日ほとんど寝ずに早朝から激しい運動して、汗かいて、酒も飲んじゃったんだから眠気も襲ってくるってもんですね。

いやー、今日はホントよく遊んだわ、満足満足。

takamatsu_132

居酒屋を出ると駅前はすっかり夜の顔。旅の終わりが刻一刻と迫っていてちょっと寂しい。

takamatsu_133

旅の終わりを惜しみながら、バスに乗る直前に乗り場付近の店に飛び込みラストうどんを啜る。今回はまだまだ暑かったこともあり、3杯とも冷やしぶっかけになっちゃったなあ。

takamatsu_134

ここでちく天をオンするあたりに我ながら食に対する執念深さを感じます。

19:30 神戸行きの最終バスに乗車

takamatsu_135

お腹いっぱい、眠気もMAXな私は神戸に戻るバス車内で寝る気満々。歯磨きをしてメイクまで落として乗り込みました。

帰りの足として利用したのはあらかじめ予約していたフットバスの神戸行き最終便である8便。

参考 神戸線時刻表(フットバス)

神戸までの移動時間は約2時間半。シートは座り心地良くリクライニングも余裕の広さでなかなか楽チン、こりゃぐっすり眠れそう。昼間の移動なら橋からの景色が気になるけれど、夜は海も見えないしね。

22:20 神戸三宮駅に到着

takamatsu_137

とかなんとか言いつつ目を閉じて、次に目を開けた時にはバス前方のモニターに「神戸三宮」の文字が映し出されておりました。あれ、もう着いたのか。

爆睡してたわ、快適快適。

というわけで、深夜1時に船で高松へ向けて出発し、同日夜22過ぎに神戸に無事戻ってきた高松弾丸日帰りの旅。現地に滞在した約14時間、ゆるやかかつ目一杯満喫してきました。船の移動で体力的にキツイかしらと思ったけれど、普通に行けちゃうものですね。

関連 おばさん権を行使せよ。

ちょいっと足を伸ばすだけでこんな楽しい1日が過ごせるのか、と再発見した高松の旅。遠いようで近いうどん県、他にもまだまだ見どころがあるし、また帰省時にでも足を伸ばしてみたいです。

 






関連記事

141228d2

焼き野菜、出し巻き。

今日あたりは随分人出が少なくなりそうだな、と思っていたのだけど、ご近所の店は思いの他混雑して

記事を読む

白ワイン おつまみ

ワインで家飲み 野菜のロースト、アボカドチーズ。

週末は何故かついついワインを手に取る習慣が。 さて、今夜のおつまみ。フライパンで焼いて

記事を読む

鮭と大葉の和風ポテトサラダ

鮭の和風ポテトサラダ、ピーマンの丸ごと煮献立。

36度ですって。 今週頭は寒いとかなんとか言ってたのに、36度ですって。 こう暑

記事を読む

晩酌メニュー

晩酌献立 5/19 ゴーヤチャンプルー、キムチ奴。

基本的に食材のストックは持たない主義ですが、スーパーで思わぬ出会いがあった時にはそれなりに迷

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

牛肩ロースステーキ献立

家飲み献立 牛肩ロースステーキおろし和え、せりのおひたし。

スーパーが豊作でした。 柔らかそうな春キャベツに前に食べて美味しかったタコ、好物の栃尾

記事を読む

バルセロナ旅行2016

スペイン バルセロナ旅行 治安、持ち物、服装、費用。一人旅でも大丈夫?

クリスマス時期にスペインへ行ってきました。 今回は短い期間だったのでバルセロナとマドリ

記事を読む

travelbag

旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

新じゃがとゆで卵の葱油和え

新じゃがとゆで卵の葱油和え、焼きピーマン献立。

ねぎの青い部分があったので久しぶりに葱油を仕込みました。 葱油ははてどれくらい久しぶり

記事を読む

一人晩酌 おつまみ

晩酌おつまみ 肉団子ときのこの煮込み、プチトマトのナムル。

ようやく復活、といったところでしょうか。 密かなお楽しみの一人晩酌、先週は腰痛のおかげ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トマトと牛肉のしょうゆ炒め
トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思い

THANN_oil4
今の私が一番キレイ、美を保つには磨くしかない。

40代、今の私がいちばんキレイ。 今日、この瞬間なら、自

ぶりと青菜のしょうが蒸し献立
ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々とし

osaka_shinsekai_1
大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラ

black-coat
40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑