新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

新玉ねぎの卵炒め献立

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。

蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立。

新玉ねぎの新たな魅力、ぬか漬けの旨さを発見した今シーズン。しかし新玉ねぎの真骨頂はなんといっても生。オニオンスライスに限ります。

その他の食べ方として好きなのが、この卵炒めかなあ。

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和えで晩酌

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立

  • かぶと油揚げの味噌汁
  • かくや和え
  • 小松菜と蒸し鶏の梅和え
  • 新玉ねぎ卵炒め

かぶと油揚げの味噌汁

かぶと油揚げの味噌汁

いりこだしに刻んだ油揚げとかぶの味噌汁、仕上げにさらしねぎを。

かくや和え

かくや和え

長時間ぬか床に放置していたなすを細かく刻み、おろししょうが、ごま、大葉の千切りを合わせます。

小松菜と蒸し鶏の梅和え

小松菜と蒸し鶏の梅和え

叩いた梅干しを鶏のゆで汁としょうゆで伸ばし、細くさいた蒸し鶏とゆでた小松菜を和えます。

新玉ねぎ卵炒め

新玉ねぎ卵炒め

フライパンに油を熱し、薄切りにした新玉ねぎを炒め塩をふり、透明になってしんなりしたら溶き卵を流し入れます。ゆっくり混ぜながら炒めて卵が固まったら酒と胡椒で調味して完成。

普通の玉ねぎで作ってもちゃんと美味しい卵炒め。でも、新玉ねぎのはつらつとした甘さ、やわらかさが、この組み合わせには適任なのかな。作るたびにそう思ってしまうのです。添えるはひやの純米酒。

日本酒にあうおつまみレシピ

漬かりに漬かったぬか漬けの行く末について。

トマトからピーマンまで、あらゆる野菜がダイブする我がぬか床ですが、中でもなすってのは引き揚げ時を逃すとその扱いが途端に難しくなる野菜ではないでしょうか。

そのまま食べるならば皮の色も鮮やかなやや浅漬けが好み。しかしその状態は長くは続かず、旬に食されなかったなすはそのまましばらく床に放置となる。

塩抜き必至の古漬け救済措置として最も使える、そして飲めるのがおつまみ奴。

手羽焼き、おつまみ奴献立。

シーズン中幾度もお世話になるつまみです。

そして最近結構気に入っているのが本日のかくや和え。薬味の素晴らしさを実感できる食べ方だなあと思います。しかしよくよく考えてみればこれ、おつまみ奴の豆腐抜き、とも言えますね。いや、おつまみ奴のほうをかくや和えの派生つまみと呼ぶべきなのか。

 




関連記事

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え、塩トマト献立。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のなすと目が合うと、つい手にとって

記事を読む

わかめ納豆温玉のせ

わかめ納豆温玉のせ、キャベツとツナの蒸し煮献立。

冷凍卵に裏切られ続けたこの頃でしたが、ようやくそれらしい形状のものだ出来上がりました。

記事を読む

焼き油揚げ

晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。

焼いた油揚げがメインという、なんともいなたい晩酌献立。 いなたい、っておそらく方言なの

記事を読む

さばと玉ねぎのサラダ

一人暮らしで、いちばん重視していることは?

さば水煮缶が食べたくなり、新玉ねぎを待たずしてあいこちゃんに手を出し、作ってしまいました。

記事を読む

休肝日ごはん 豚汁、かぶのしょうが炒め献立

酒を飲む人はどれくらいの頻度で休むのか。

休肝日ならぬ、休肝週を久しぶりに敢行。 酒を飲まない夜はそれ自体を「もの珍しいイベント

記事を読む

いか大根

いか大根、ねぎ塩昆布やっこ献立。

いか大根といえば、するめいかを筒切りにしたもので作るのが定番でしょうか。 が、本日のい

記事を読む

たぬき豆腐献立

たぬき豆腐、大根と塩昆布のサラダ献立で家飲み。

先日出先でふらりと入った居酒屋で気になるメニューを発見しました。それは 「たぬき豆腐」

記事を読む

春日野道 お好み焼き「えみちゃん」暫定1位店は神戸にあり。

By: JOHNNY LAI[/caption] お好み焼きが好きです。 関西でお好み焼きという

記事を読む

スパークリングワインのおつまみ アボカドとツナのグラタンでワンプレートディナー。

昨夜は友人と外食。 参考 鶏のあちこちを串で楽しむ。白金高輪 「酉玉」 焼き鳥をお腹いっぱい

記事を読む

焼き茄子とトマトのサラダ献立

一人暮らしの晩酌メニュー 5/17 焼き茄子とトマトのサラダ、韮と蒸し鶏の和え物。

帰宅が少々遅くなったので軽く済まそう、と考えた夜のメニュー。 本日調達したのはトマトと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑