新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

新玉ねぎの卵炒め献立

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。

蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立。

新玉ねぎの新たな魅力、ぬか漬けの旨さを発見した今シーズン。しかし新玉ねぎの真骨頂はなんといっても生。オニオンスライスに限ります。

その他の食べ方として好きなのが、この卵炒めかなあ。

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和えで晩酌

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立

  • かぶと油揚げの味噌汁
  • かくや和え
  • 小松菜と蒸し鶏の梅和え
  • 新玉ねぎ卵炒め

かぶと油揚げの味噌汁

かぶと油揚げの味噌汁

いりこだしに刻んだ油揚げとかぶの味噌汁、仕上げにさらしねぎを。

かくや和え

かくや和え

長時間ぬか床に放置していたなすを細かく刻み、おろししょうが、ごま、大葉の千切りを合わせます。

小松菜と蒸し鶏の梅和え

小松菜と蒸し鶏の梅和え

叩いた梅干しを鶏のゆで汁としょうゆで伸ばし、細くさいた蒸し鶏とゆでた小松菜を和えます。

新玉ねぎ卵炒め

新玉ねぎ卵炒め

フライパンに油を熱し、薄切りにした新玉ねぎを炒め塩をふり、透明になってしんなりしたら溶き卵を流し入れます。ゆっくり混ぜながら炒めて卵が固まったら酒と胡椒で調味して完成。

普通の玉ねぎで作ってもちゃんと美味しい卵炒め。でも、新玉ねぎのはつらつとした甘さ、やわらかさが、この組み合わせには適任なのかな。作るたびにそう思ってしまうのです。添えるはひやの純米酒。

日本酒にあうおつまみレシピ

漬かりに漬かったぬか漬けの行く末について。

トマトからピーマンまで、あらゆる野菜がダイブする我がぬか床ですが、中でもなすってのは引き揚げ時を逃すとその扱いが途端に難しくなる野菜ではないでしょうか。

そのまま食べるならば皮の色も鮮やかなやや浅漬けが好み。しかしその状態は長くは続かず、旬に食されなかったなすはそのまましばらく床に放置となる。

塩抜き必至の古漬け救済措置として最も使える、そして飲めるのがおつまみ奴。

手羽焼き、おつまみ奴献立。

シーズン中幾度もお世話になるつまみです。

そして最近結構気に入っているのが本日のかくや和え。薬味の素晴らしさを実感できる食べ方だなあと思います。しかしよくよく考えてみればこれ、おつまみ奴の豆腐抜き、とも言えますね。いや、おつまみ奴のほうをかくや和えの派生つまみと呼ぶべきなのか。

 




関連記事

一人暮らしの晩ご飯献立 鶏もも肉のソース焼き、春菊のサラダ。

うう。 窓を開けてたら寒い。 昨日は暑いくらいだったのに、日々温度差が激しいです

記事を読む

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

残りもののあいこちゃんを、味噌汁にしていただきます。味噌汁に鯖...。うへぇ、と一瞬怯みそ

記事を読む

ちぢみほうれん草のオイル蒸し献立

ちぢみほうれん草オイル蒸し、椎茸のホイル焼き献立。

ちぢみほうれん草、初登場かもしれません。 ほうれん草は好きな野菜なのだけど、青菜を使う

記事を読む

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

ヤムウンセン献立

ヤムウンセン、トマトとひき肉のオムレツでタイ献立。

先日バンコクの思い出と再会したからでしょうか。 関連 あまりにもマイペースな人。

記事を読む

新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒ツアー前編。

久しぶりに大阪に遊びに行きました。 平日の昼下がり、神戸からJRに乗って、目指すは環状

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

家飲み一人鍋 1/12 豚肉と葱のしゃぶしゃぶ

東京に戻りました。 よって、久しぶりの家飲み記事。 ...なのですが、またすぐ家を空

記事を読む

カレイの煮付け

カレイの煮付け、トマトのおろし和え献立。

大量に摂取している食材はといえばダントツで野菜なのですが、最近魚の割合も増えてきたような。

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、にらのおひたし献立。

無類の葉野菜好きゆえに、どうしても全体的に青っぽくなってしまいがちな我が家の晩酌風景。しかし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑