新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

新玉ねぎの卵炒め献立

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。

蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立。

新玉ねぎの新たな魅力、ぬか漬けの旨さを発見した今シーズン。しかし新玉ねぎの真骨頂はなんといっても生。オニオンスライスに限ります。

その他の食べ方として好きなのが、この卵炒めかなあ。



新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和えで晩酌

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立

  • かぶと油揚げの味噌汁
  • かくや和え
  • 小松菜と蒸し鶏の梅和え
  • 新玉ねぎ卵炒め

かぶと油揚げの味噌汁

かぶと油揚げの味噌汁

いりこだしに刻んだ油揚げとかぶの味噌汁、仕上げにさらしねぎを。

かくや和え

かくや和え

長時間ぬか床に放置していたなすを細かく刻み、おろししょうが、ごま、大葉の千切りを合わせます。

小松菜と蒸し鶏の梅和え

小松菜と蒸し鶏の梅和え

叩いた梅干しを鶏のゆで汁としょうゆで伸ばし、細くさいた蒸し鶏とゆでた小松菜を和えます。

新玉ねぎ卵炒め

新玉ねぎ卵炒め

フライパンに油を熱し、薄切りにした新玉ねぎを炒め塩をふり、透明になってしんなりしたら溶き卵を流し入れます。ゆっくり混ぜながら炒めて卵が固まったら酒と胡椒で調味して完成。

普通の玉ねぎで作ってもちゃんと美味しい卵炒め。でも、新玉ねぎのはつらつとした甘さ、やわらかさが、この組み合わせには適任なのかな。作るたびにそう思ってしまうのです。添えるはひやの純米酒。

日本酒にあうおつまみレシピ

漬かりに漬かったぬか漬けの行く末について。

トマトからピーマンまで、あらゆる野菜がダイブする我がぬか床ですが、中でもなすってのは引き揚げ時を逃すとその扱いが途端に難しくなる野菜ではないでしょうか。

そのまま食べるならば皮の色も鮮やかなやや浅漬けが好み。しかしその状態は長くは続かず、旬に食されなかったなすはそのまましばらく床に放置となる。

塩抜き必至の古漬け救済措置として最も使える、そして飲めるのがおつまみ奴。

手羽焼き、おつまみ奴献立。

シーズン中幾度もお世話になるつまみです。

そして最近結構気に入っているのが本日のかくや和え。薬味の素晴らしさを実感できる食べ方だなあと思います。しかしよくよく考えてみればこれ、おつまみ奴の豆腐抜き、とも言えますね。いや、おつまみ奴のほうをかくや和えの派生つまみと呼ぶべきなのか。

 




関連記事

大根とぶりあら炊き

大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、私の目ね。ことのほか好きってこ

記事を読む

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

mom_zoni

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

140829d.min

1人暮らしの晩ご飯 8/29 2色ピーマンの炒め物。

うーん…今日も肌寒い1日でしたねえ…。 ここ数年、日本の気候はあきらかにおかしくなって

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

さつまいもと豚肉の生姜煮

晩酌献立 さつまいもと豚肉の生姜煮、きくらげと葱の和え物。

前日から妙にさつまいもが食べたくなり、今夜は絶対さつまいもださつまいもだと念仏のように唱えな

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献立。

しっかりとした肉をモリモリいきたい。そんな気分の時は結構な確率で鶏むね肉を選びます。

記事を読む

141120d2

家飲み献立 11/20 豆腐のきのこあんかけ他 全5品で晩酌。

いやー、今日はすっかりやられました。 朝出かける前に天気予報を確認したところ夜から雨と

記事を読む

かれいの煮付け

カレイの煮付け、空芯菜のおひたしで晩酌。

友人と美味い魚でも食べに行こうという話をしていてどこがいいかなとあれこれ考える日中。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAG_1
40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

→もっと見る

PAGE TOP ↑