新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

新玉ねぎの卵炒め献立

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。

蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立。

新玉ねぎの新たな魅力、ぬか漬けの旨さを発見した今シーズン。しかし新玉ねぎの真骨頂はなんといっても生。オニオンスライスに限ります。

その他の食べ方として好きなのが、この卵炒めかなあ。




新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和えで晩酌

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立

  • かぶと油揚げの味噌汁
  • かくや和え
  • 小松菜と蒸し鶏の梅和え
  • 新玉ねぎ卵炒め

かぶと油揚げの味噌汁

かぶと油揚げの味噌汁

いりこだしに刻んだ油揚げとかぶの味噌汁、仕上げにさらしねぎを。

かくや和え

かくや和え

長時間ぬか床に放置していたなすを細かく刻み、おろししょうが、ごま、大葉の千切りを合わせます。

小松菜と蒸し鶏の梅和え

小松菜と蒸し鶏の梅和え

叩いた梅干しを鶏のゆで汁としょうゆで伸ばし、細くさいた蒸し鶏とゆでた小松菜を和えます。

新玉ねぎ卵炒め

新玉ねぎ卵炒め

フライパンに油を熱し、薄切りにした新玉ねぎを炒め塩をふり、透明になってしんなりしたら溶き卵を流し入れます。ゆっくり混ぜながら炒めて卵が固まったら酒と胡椒で調味して完成。

普通の玉ねぎで作ってもちゃんと美味しい卵炒め。でも、新玉ねぎのはつらつとした甘さ、やわらかさが、この組み合わせには適任なのかな。作るたびにそう思ってしまうのです。添えるはひやの純米酒。

日本酒にあうおつまみレシピ

漬かりに漬かったぬか漬けの行く末について。

トマトからピーマンまで、あらゆる野菜がダイブする我がぬか床ですが、中でもなすってのは引き揚げ時を逃すとその扱いが途端に難しくなる野菜ではないでしょうか。

そのまま食べるならば皮の色も鮮やかなやや浅漬けが好み。しかしその状態は長くは続かず、旬に食されなかったなすはそのまましばらく床に放置となる。

塩抜き必至の古漬け救済措置として最も使える、そして飲めるのがおつまみ奴。

手羽焼き、おつまみ奴献立。

シーズン中幾度もお世話になるつまみです。

そして最近結構気に入っているのが本日のかくや和え。薬味の素晴らしさを実感できる食べ方だなあと思います。しかしよくよく考えてみればこれ、おつまみ奴の豆腐抜き、とも言えますね。いや、おつまみ奴のほうをかくや和えの派生つまみと呼ぶべきなのか。

 






関連記事

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ピーマンのえび塩和え献立。

久しぶりの家晩酌がうれしくて、すっかりご機嫌であります。 いやあ、普通に家で飲めるって

記事を読む

141201d6

家飲み献立 12/1 豚と葱の生姜蒸し、かぼちゃのにら醤油ソテー他全5品で晩酌。

師走らしく本格的な冷え込みが到来、という予報が出ていたのでぶるぶる震えながら警戒していた月初

記事を読む

pot.min

豚かたまり肉をしっとり茹でる方法。

誰にも会わないシェアハウスの夜。 お盆だなあ、としみじみ。 私といえば、何ら特別

記事を読む

肉団子 献立

家飲み献立 9/25 肉団子と春雨の煮込み、大根と塩昆布のサラダ。

ちょっと涼しくなってくるとやたらと活躍し始めるのが春雨。 春雨って、美味いよねえ。

記事を読む

トマト黒酢酢豚

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の中で。 砂糖を使わない和

記事を読む

180209_ienomi_3

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

ニラときくらげの卵炒め献立

ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに登場頻度が多い気がするきくらげ

記事を読む

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

漬けもの納豆。 あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。 冷

記事を読む

yokosuka_7

横須賀昼飲みはしご酒 日本散歩・神奈川県。

恐怖の無人島、猿島を無事脱出しました。 本当に怖い無人島 猿島日帰り一人旅  日本散歩

記事を読む

160531ienomi7

蕪とツナのサラダ、トマト塩奴で家飲み。

三度の飯より家飲み晩酌好きな私でも、旅から戻るとしばらくは自炊が面倒になります。 面倒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑