秋鮭の和風タルタルソース添え、きくらげ豆腐献立。

公開日: : 最終更新日:2017/09/11 家飯, 食べること ,

秋鮭ムニエル和風タルタルソース添え

少し前に、酸っぱくなった古漬けを使ってタルタルソースを作りました。

関連 熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

鮭に合わせたいと思っていたのにまだ秋鮭が手に入らず、代替えにえびを使用したのです。

えびもいいけど、やっぱり鮭にも添えたいぞ、ということで、今回は念願の秋鮭の登場であります。

秋鮭の和風タルタルソース添え、きくらげ豆腐献立

秋鮭の和風タルタルソース添え、きくらげ豆腐献立。

  • えのきと白菜の味噌汁
  • オクラおろし
  • きくらげ豆腐
  • 秋鮭の和風タルタルソース添え

えのきと白菜の味噌汁

えのきと白菜の味噌汁

水出しいりことえのきのダブル出汁味噌汁にたっぷりのえのきと白菜。

オクラおろし

オクラおろし

茹でて刻んだオクラを大根おろしで和えて、かつお節をのせたもの。ポン酢でいただきます。

きくらげ豆腐

きくらげ豆腐

水で戻してさっと茹でてから刻んだきくらげと小口に切ったねぎ、すりゴマ、しょうゆ、ごま油を合わせたものをのせた冷奴。

秋鮭の和風タルタルソース添え

秋鮭の和風タルタルソース添え、きくらげ豆腐献立。

秋鮭の切り身は塩、胡椒で下味をつけ、粉を薄くはたいて油を引いたフライパンで両面をカリッと焼きます。刻んだぬか漬け、ゆで卵、玉ねぎ、大葉、マヨネーズ、酢、塩、胡椒を混ぜあわせたタルタルソースとレモンを添えました。

今回使ったぬか漬けはきゅうり、にんじん、大根。なすも入っていると思っていたらもうすっかり食べ尽くしておりました。勘違い。タルタルソースにするならばやっぱりきゅうりの古漬けは欲しいところ。一気にそれっぽくなるような気がします。ゆで卵ひとつ使うのでかなり大量のソースが出来上がりますが、マヨネーズ・塩胡椒少なめ、漬けもの多めでソースというより具がメイン。むしろ具を食べるための鮭と言えなくもない一品です。

えびも悪くなかったけど、この形状で食べるならばやっぱり鮭が合いますね。想像通り、狙い通り、日本酒にいいつまみになりました。

おつまみレシピブログ

きくらげは通常白髪ねぎと合わせて同様の和えものにします。今回はたまたま余っていた薬味ねぎで代用しましたが、これはこれでアリですね。コリコリきくらげと豆腐の食感のコントラストが楽しいこの手のつまみ、好きです。好きなものが多すぎます。

 




関連記事

こんにゃく麺を使った料理 レシピ

家飲み献立 3/23 具沢山 鶏出汁こんにゃく麺。

旅に出る前は保存できない食材は全て食べきろう。しかも、美味しく。 そう考えて最後の晩餐

記事を読む

いり焼き豆腐

いり焼き豆腐、蒸し鶏ネギだれ。

さて、夕食の準備でもするか。 という段階になってから急遽メニューを変更しました。

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりしたオーブン料理なんかで赤ワインを

記事を読む

もやし蒸ししゃぶ、ニラの海苔和えで家飲み。

冷蔵庫に鎮座する余り食材を思い浮かべながら、あれをこうしてこっちがこうで、と、脳内にて副菜を

記事を読む

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

茹でるだけのレバーパテに赤の泡。

ここ数日、外は暖かいのに部屋は寒いという状況に納得できずブーたれていた私。 が、こんな

記事を読む

家飲み献立 10/30 半干しキャベツの煮込みとワインで晩ごはん。

夜、外から帰って来た時が一番寒く感じるこの部屋。 外気より室内が寒いって、何が原因なんでし

記事を読む

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

奥さん、6月です。 というか、いきなりの暑さにもう夏が来たのかと思いましたね。いや、6

記事を読む

秋の献立

秋刀魚の梅煮、蕪の温サラダ。

ついに来た! そろそろかなー、もう少し待つかなー、と、9月に入った辺りから鮮魚売り場をそわそわ

記事を読む

春の晩酌レシピ 鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌。

お、ふきのとうが出てる。 いつもの八百屋にパトロールに出るとふきのとうが目立つところに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑