きつね納豆、小松菜のしらすおろし和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

きつね納豆献立

つまみバリエーションはそう多くない我が家の食卓ですが、中でもきつね納豆登場回数はかなり多いのではないか。

きつね納豆を頻繁に食べる理由はいくつもあるけれど、結局は

「早い安い旨い」

という色気皆無の答えに辿り着いてしまいます。そしてここでの「旨い」は「飲める」という意味合いも含まれています。

きつね納豆、小松菜のしらすおろし和え献立

きつね納豆、小松菜のしらすおろし和え献立

  • 白菜の酒粕味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜のしらすおろし和え
  • きつね納豆

白菜の酒粕味噌汁

白菜の酒粕味噌汁

最近すっかりレギュラーメニューと化した酒粕味噌汁。昆布と鰹節でとった出汁で白菜をくたっとするまで煮て、酒粕と味噌を加えてとろりと仕上げ、吸い口にゆずの皮を添えます。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶとにんじん。

小松菜のしらすおろし和え

小松菜のしらすおろし和え

ゆでた小松菜に大根おろしとしらすをのせ、しょうゆでいただきます。

きつね納豆

きつね納豆

油揚げはフライパンで両面カリッとするまで焼き、4等分してうつわに盛ります。納豆に小口に切ったねぎとごま、鰹節を加えて混ぜたら油揚げに乗せ、粗塩を振ります。

焼いた油揚げにも納豆にもしょうゆが定番なのだけれど、おろし和えとの味かぶりを回避すべく今回は塩味で。ボリュームはやや抑えめだけれど中年の晩酌つまみとしては十分な和メニューです。添えるはもちろん日本酒、純米酒をぬる燗でいきましょう。

日本酒にあうおつまみレシピ

メインの味付けを担った粗塩は、その食感もアクセントになり楽しめるので、焼きものの仕上げに使うことが多いです。焼き野菜とかね。

れんこんチーズ焼き、梅えのき納豆献立。

現在愛用している粗塩はゲランドのもの。昔はフレーク状のマルドンと使い分けたりもしていたんだけれど、いろいろ種類を揃えてもそうそう使い切れないのが悩みどころでした。

が、最近の塩業界は小分けパックが充実している。これも時代の流れなのかなんなのかわかりませんが、塩は保存状態さえ良ければ長持ちする食品。劣化が気になる他の調味料と比べれは「いろいろ揃えて使い分け」がしやすいのかもしれません。

 




関連記事

鶏ゆず白菜献立

鶏ゆず白菜、塩昆布ねぎ奴献立。

いつもの八百屋でゆずを見つけ、思わず手に取りました。 ゆず、すだち、レモン、ライム、シ

記事を読む

卵黄の醤油漬け

卵黄醤油漬け、三つ葉奴で家飲み。

気になっていたのですが、ここ数日写真がどうにもおかしい。 原因はカメラか?また故障か?

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

家飲み献立 生ピーマンと塩つくね。

2015年最後の家飲み献立です。 きれいさっぱり食べきって終了、を目指していたので最後

記事を読む

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩酌ネタをここらで投下します。

記事を読む

紅鮭とキャベツの酒蒸し献立

紅鮭とキャベツの酒蒸し、かぼちゃの塩煮献立。

先日は、紅鮭料理を盛りつける皿を間違いました。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

ゴーヤと油揚げの炒め物

ゴーヤと油揚げの炒め物、トマトと卵のスープ。

寒い。 寒いは言い過ぎかもしれませんが、なんかいきなり秋の気配。秋刀魚も並び始めている

記事を読む

家呑み献立 9/10 雨の夜、久しぶりに芋を煮る。

  うーん、ピンが全然こない…そろそろGX100の限界か。 近日中に修理に

記事を読む

トマトと大葉のオイルパスタ

休肝日ごはん トマトと大葉のオイルパスタ献立。

連休中に出かけたベトナムで調達したバッチャン焼きの椀。昨日初めて使ってみましたが、なかなかい

記事を読む

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。 納豆って、他の食品と比

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑