モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在しています。といっても全長1Km足らずのメイン通り沿いにポツポツと並んでいるだけなのでせいぜい20軒とかそこらですが、これが小さな村っぽい雰囲気でなんとなく楽しい。

もうそろそろすべての店を制覇していてもおかしくはない程度にはモアルボアルに通っているのですが、利用している店は毎回ほぼ同じ、ということにいよいよ気がついてしまいました。

なぜ他にも選択肢があるのに同じ店ばかりに通うのか?

その理由はたったひとつです。

モアルボアルのレストランは海の家

moalboal-restaurant_12

普段は店の雰囲気がどうとか見晴らしがいいとかオシャレ云々なんてのより、料理の味そのものと自分との相性で店を判断する私。けれどここモアルボアルでの店選びの基準は

「気持ちいいかどうか」

それだけです。

moalboal-restaurant_30

moalboal-restaurant_31

クレープなんかを出しているコーヒーショップとか

moalboal-restaurant_32

イタリアンとか

moalboal-restaurant_34

moalboal-restaurant_35

フィリピンでは珍しいクラフトビール推しのメキシカンレストランとか

moalboal-restaurant_36

ギラギラしたバーとか、いろんな店があるにはあるのですが、どうにも足が向かないのです。

moalboal_2016_4

毎度辛口で恐縮ですが、フィリピンでの食事にはもはや多くは求めません。エメラルドブルーの海に負けじと輝く青い空という素晴らしき青の競演を眺めながら薄く冷たいビールが呑めればもう何も言うまい、あとはちゃんと食べられるものが出てくれれば御の字。よって、どうしても眺めのいい店ばかりを選んでしまうというわけ。

そもそもどの店も毎年メニューも内容もコロコロ変えてくるからここの店のどれそれが美味い云々の話ではないのですよ。この界隈の店ってレストランの体はなしているけれど海の家と考えたほうがしっくりくるかも。海の家で出されるおでんとかビールとか味はともかくとして嬉しさ美味さ3割増しじゃないですか。あの感じ。

モアルボアルの「ある意味」おすすめレストラン

というわけで、いつもとはちょっと違った意味合いではありますがモアルボアルで「おすすめ」の店をご紹介します。

CHILI BAR

moalboal-restaurant_29

毎回必ず行っている気がするチリ・バー。理由はやっぱりガバッと開けたこの眺め。

moalboal-restaurant_27

なのですが、今回到着した日のお天気はご覧の通り曇り空。エメラルドグリーンの海と再会とはいきませんでした。

moalboal-restaurant_28

moalboal-restaurant_26

お昼を少し回った時間だったので軽めにつまもうとBuffalo Chiken Wing180ペソ(=約380円)をオーダー。結構な盛りでそんなに軽くはありませんでしたがビールのお供にはなかなか。wifiは時間制限あり(2時間)。

LAST FILLING STATION

moalboal-restaurant_2

この日は曇っていたのでたまには海沿いの店じゃなくてもいいや、と選んだLAST FILLING STATION。

moalboal-restaurant_1

ビールを待ちながら待つこと数十分。

moalboal-restaurant_3

ベジタリアンピザ265ペソ(=約560円)。これがなっかなか出てこなくてちゃんとオーダー通ってるのかと確認したら

「ピザのオーダーが多くてちょっと混んでるだけ、大丈夫!」

と言われてしまいました。でも後からオーダーしたテーブルに先にサーブしていたのを私見てたよ、見てたからねふふふ。まあ急がないからいいんだけどね。wifiあり。

ARISTA

moalboal-restaurant_4

2日目のお昼はホテルのプールサイドにてランチ。併設のレストランARISTAからハンバーガーを持ってきてもらいました。

moalboal-restaurant_8

今回はプールサイドで食べたけど、ARISTAの目の前は海。店内からの眺めもなかなかよいのです。

moalboal-restaurant_5

甘いマヨネーズが塗られたフィリピンスタイルのハンバーガーにフレンチフライ添えで145ペソ(=約305円)。雑だなあ、と思われるかもしれませんが、野菜も入ってるし結構ちゃんとしてるじゃないか、と、その昔、モアルボアルのもう少し南にあるアレグリアというところにある海辺のホテルでどエラいチーズバーガーを出された記憶のある私は思うのでした。

ピザやバンバーガーは安全パイだという思い込みを覆されたあの衝撃バーガー。でもそのホテル、フィリピン料理に関してはまともだったんですよね。以降見知らぬ土地ではおとなしくフィリピン料理をオーダーするようになった私です。

Veranda Bar

moalboal-restaurant_11

あれ?こんなとこにあったっけ?と、今回初めて知ったお店。前からあったのに奥まっているから気付かなかったのか、最近になってできたのか。

moalboal-restaurant_9

フィリピン料理やピザなど、品数がやたら多くて見ごたえのあるメニューブック。

moalboal-restaurant_10

その中からおとなしくフィリピン料理のチキンアドボ220ペソ(=約460円)をチョイス。鶏肉を酢と醤油で煮込んだようなものにライスorフレンチフライがついてきます。パプリカがたっぷり入っていてボリュームあり。

ここも海辺の店でなかなか気持ち良さそうだったので、別の日の朝にもう一度行ってみました。

moalboal-restaurant_25

店内の一段下にテラス(ってほどでもないけど)席もありました。

moalboal-restaurant_24

卵とチーズ、ベーコンのサンドイッチ140ペソ(=約295円)。これまたボリュームありますね。wifiも快適。

moalboal_2016_15

食事をしていると目の前で可愛らしい兄妹が遊んでいたので写真を撮らせてもらいました。すると私の隣でお茶を飲んでいた女性が

「ふふふ、実はお兄ちゃんのほうが写真撮られるの好きなのよ〜」

と。あらあら、お母さまでしたかこれはこれは。

moalboal_2016_16

すごく仲良しで微笑ましいふたり。

moalboal_2016_17

おチビちゃんが捕まえたカニを見せてくれましたよ。ありがとね。

CAFE CEBUANO

moalboal-restaurant_16

ここは去年も利用したのだけど、こんな海丸見えだった印象はありませんでした。前回は夜に来たからかしら。

moalboal-restaurant_13

今回のモアルボアルではここのビールが一番よく冷えてたなあ。

moalboal-restaurant_14

カラマリ180ペソ(=約380円)をアテに冷たいビールを3本。wifiあり。

さて私と同じくこの店の海側の席に座っていたヨーロピアンの若い女の子が突然声を上げたので何事かと聞いてみると

「小さなウミガメがずっとこの辺泳いでるの!」

と興奮気味に教えてくれました。というわけで私もさっそくウミガメウォッチャーとなり、激写!

moalboal_2016_5

・・・拡大してもまともに見えませんね。でも、中央下側にいる茶色いのがウミガメなのですホントです。

moalboal-restaurant_15

私たちが海を指差しキャッキャキャッキャ言っているのに気付いたお隣CHILI BARのお客さんもカメラをスタンバイ。

ウミガメをこうして陸から見たのは初めて。もしかしたらじっくり注意して見ていれば結構な確率で発見できるのかもしれないなあ。

Lantaw Restaurant

moalboal-restaurant_17

毎回必ず行っているような気がするLantaw。その理由はただ一つ、ここは界隈唯一2階から海が見渡せるお店なのです。

moalboal-restaurant_18

フィリピン料理の他タイ、インドネシア、インド、チャイニーズ、そして和食などの料理が揃っています。他の店に比べると全体的にややお安いような。

moalboal-restaurant_19

こちらで食事をするならばやや早い時間の夕暮れ前、これくらいの空の状態からスタンバイするのがおすすめ。ゆっくりビールでも飲みながら

moalboal-restaurant_21

こうなって

moalboal_2016_14

こう来るのをただただ見つめるのが最高に心地いいのであります。同じ目的のおひとりさまもちらほらお見かけしましたよ。

moalboal-restaurant_20

いただいたのはなぜかフィリピン料理にカテゴライズされていたChiken Teriyaki、190ペソ(=約400円)。まあね、テリヤキはもはや世界で通じる言葉ですからね。むね肉の照り焼き、カラマンシーを絞ると爽やか。

今回は行かなかったけど、LITTLE CORNERも海辺のお店。

moalboal-restaurant_22

moalboal-restaurant_23

って、前回とほとんど変わり映えのないレポートになってしまいましたが、やっぱりロケーションのいい店ばかり選んでしまうのでした。

関連 モアルボアルのレストラン 2015

基本的に美味しいものはいつどんなシチュエーションで食べても美味いのだと思っていて、みんなで食べるとなんでも美味しいね!的なアレには一切同意しないダメなタイプの人間ではありますが、それでもここで食事していると美味いとか不味いとか鮮度がとか量がとか高いとか安いとかぶつぶついうのが相当野暮な行為に思えてしまうのです。
多少味が濃かろうが肉が固かろうがこの景色と冷たいビールさえあれば感謝感謝、ああ人生ってそこはかとなく楽しいよねえ、となってしまう自然ってやっぱり強い、強いよなあ。




関連記事

続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えればいいのに。 毎日飽きもせ

記事を読む

敗北を喫したはとバスツアー参戦記。日本散歩・千葉県

最近なぜか立て続けにヨロレイヒーに誘われまして。 ヨロレイヒー。私の周りでは、結構この

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

ベーコンとキャベツの蒸し煮

キャベツとベーコンの蒸し煮、いり卵で晩酌。

先日使ったベーコンが余っていたので同じく余っていたキャベツと蒸し煮に。 買い出しに行か

記事を読む

愛媛 深山

愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

なかなか進まない日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 愛知と出会えぬ

記事を読む

笑い転げながらワインを学ぶ。「黄金の丘で君と転げまわりたいのだ」

いやー、笑った。 笑いました。 先日読み始めたワイン本、黄金の丘で君と転げまわり

記事を読む

新玉ねぎと卵の炒めもの

新玉ねぎと卵の炒めもの、生かぶサラダ献立。

オニオンスライスに続いて、こちらの新玉ねぎメニューの定番、卵炒めです。 さば水煮缶と新

記事を読む

大きな声じゃ言えないが、旅のすすめ。

旅行を楽しめない状況となってかれこれ半年。放浪者にとっては辛い状況が続いております。ひとり

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

白金高輪「酉玉」鶏のあちこちを串で楽しむ。

昨夜は友人との会合。 私のリクエストで焼き鳥にしました。 焼き鳥、大好きなんです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑