履かないヒールがどんどん高くなっていく。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

履かない靴

先週、久しぶりにヒールを履いて出かけました。それは結構な決意を要した。

長距離歩行が必要な日はほとんどスニーカーで過ごしていたこの頃。

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

おいおいこのままじゃ本格的に履けなくなるぞ、と内心ビビっていたのですが、意外と大丈夫で、拍子抜けしましたよ、というお話。

ヒールは意外と怖くない

ツイードジャケットコーデ

素足でヒールが履ける季節がきたことだし、久しぶりにいっとくか!と気合を入れて選んだのはプレーンなエナメルのパンプス。合わせたのはロールアップしたデニムにツイードのジャケット。ジャケットは悪魔の七分袖であります。この時期着ておかないと時期逃して結局過ぎ去っていくヤツ。

買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

久しぶりに履いたパンプスは、クッションが入っていて比較的歩きやすいタイプではあるものの、そこそこヒール高いから大丈夫かな、駅まで歩けるかな、などと出かける前からハラハラする。

が、実際に身につけてみればそれほど手強くはない高さでした。と言いつつもちろん、鞄にしっかりお守りを忍ばせることは忘れておりません。

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

帰りの電車に乗る前にトイレでこっそりお守りを取り出そう。そう考えていたのに、結局は帰宅するまで余裕でしゃきしゃき歩ききったのでした。なんだ、まだ全然大丈夫じゃないか。

履かないヒールが脳内でどんどん高くなる

旅行用携帯シューズ

思い出した。このパンプス、靴擦れさえ起こさなければ歩行自体はラクなんだった。癖のないシンプルなデザインで、ヒールの高さもちょうどよく、歩きやすいからと気に入って、頻繁に活用し出すとなぜか靴擦れを起こして以降は疎遠になる。というパターンを幾度か繰り返していたんだった。

それに加えて、ここ数年内でじわじわと固まってきたヒールと鞄に対する大きな意識の変化。

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

スニーカーの活躍に押されてヒールのある靴と疎遠になればなるほど、履いていない時間が長くなればなるほど、ヒール着用のハードルはぐいぐい上がっていく。結果、歩きやすい6cmヒールが、脳内シューズクローゼットでは華奢すぎる10cmピンヒールになっていて、勝手に怖がっていた、ということなのでしょう。

会えない時間が育てるのは、どうやら愛だけではないみたい。

というわけで、本日もヒールのサンダルで出かけることとします。ヒールでそうそう簡単には疲れないとわかったのに、またうっかり間空けると、育つものも育たなくなっちゃうからね。ヒール筋とか。

 




関連記事

仕事ファッション、同僚とGUのトップスが丸かぶり。

今日はトップスが丸かぶりだから2人で並ぶとちょっと照れますね。そうですね。 取引先で2

記事を読む

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

By: storebukkebruse[/caption] この冬大活躍しているのがストール

記事を読む

年内にやりたいと思っていること。

12月に入ると、年内にあれやこれや済ませておきたい、そして新しい年を清々しい気持ちで迎えたい

記事を読む

減らす計画 細々したもの、消費期限。

訳あってまたぼちぼちモノを減らし始めました。 関連 減らす計画、捨てる日々再び。

記事を読む

11月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15

By: 246-You[/caption] 定例ポストをもういっちょ。 毎月月初に1ヶ

記事を読む

アボカド栽培

アボカドの種 水耕栽培に挑戦。

長らく興味を持ち続けていたアボカド栽培、この度一歩前進しました。 植物は好きだけれど

記事を読む

カヴァで家飲み

40代の飲酒 酒を止めていちばん変わったこと。

またまた言い過ぎですね。止めてはいません、減らしているだけですが、その理由は、肌の不調。十

記事を読む

当たり前のことを当たり前と思うべからず。

By: Keng Susumpow[/caption] 自分にとっては普通のこと、なんでもな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑