履かないヒールがどんどん高くなっていく。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

履かない靴

先週、久しぶりにヒールを履いて出かけました。それは結構な決意を要した。

長距離歩行が必要な日はほとんどスニーカーで過ごしていたこの頃。

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

おいおいこのままじゃ本格的に履けなくなるぞ、と内心ビビっていたのですが、意外と大丈夫で、拍子抜けしましたよ、というお話。

ヒールは意外と怖くない

ツイードジャケットコーデ

素足でヒールが履ける季節がきたことだし、久しぶりにいっとくか!と気合を入れて選んだのはプレーンなエナメルのパンプス。合わせたのはロールアップしたデニムにツイードのジャケット。ジャケットは悪魔の七分袖であります。この時期着ておかないと時期逃して結局過ぎ去っていくヤツ。

買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

久しぶりに履いたパンプスは、クッションが入っていて比較的歩きやすいタイプではあるものの、そこそこヒール高いから大丈夫かな、駅まで歩けるかな、などと出かける前からハラハラする。

が、実際に身につけてみればそれほど手強くはない高さでした。と言いつつもちろん、鞄にしっかりお守りを忍ばせることは忘れておりません。

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

帰りの電車に乗る前にトイレでこっそりお守りを取り出そう。そう考えていたのに、結局は帰宅するまで余裕でしゃきしゃき歩ききったのでした。なんだ、まだ全然大丈夫じゃないか。

履かないヒールが脳内でどんどん高くなる

旅行用携帯シューズ

思い出した。このパンプス、靴擦れさえ起こさなければ歩行自体はラクなんだった。癖のないシンプルなデザインで、ヒールの高さもちょうどよく、歩きやすいからと気に入って、頻繁に活用し出すとなぜか靴擦れを起こして以降は疎遠になる。というパターンを幾度か繰り返していたんだった。

それに加えて、ここ数年内でじわじわと固まってきたヒールと鞄に対する大きな意識の変化。

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

スニーカーの活躍に押されてヒールのある靴と疎遠になればなるほど、履いていない時間が長くなればなるほど、ヒール着用のハードルはぐいぐい上がっていく。結果、歩きやすい6cmヒールが、脳内シューズクローゼットでは華奢すぎる10cmピンヒールになっていて、勝手に怖がっていた、ということなのでしょう。

会えない時間が育てるのは、どうやら愛だけではないみたい。

というわけで、本日もヒールのサンダルで出かけることとします。ヒールでそうそう簡単には疲れないとわかったのに、またうっかり間空けると、育つものも育たなくなっちゃうからね。ヒール筋とか。

 




関連記事

苦しみながら捨てても意味がない。

使わないものはさほど躊躇せずに捨てるタイプではありますが、時々全く使っていないのにも関わらず

記事を読む

今日捨てたもの 8/15 靴べらを使った記憶はゼロに等しい。

今月は毎日何かを1つ処分すると決め、毎日実行中です。 毎朝起きてすぐ 「さて今日

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

なにもないのがいちばんぜいたく。

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。のんびりしたい、もっとやりたい何に対してもぶつぶつと文

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

大人のシンプルコーディネイト。一番活躍したアイテムは何だ?

By: Jose Losada[/caption] 暑さが盛り返しても空はすっかり秋のそれ。

記事を読む

少ない服でおしゃれ、ワンピースは万能か。

夏のワンピースは涼しくていいなあ。 そう気付いたのは割と最近、日本の夏がグッと暑くなってか

記事を読む

ミニマリストの器えらび。

By: Naoharu[/caption] 今日ふと通りかかったお店で珍しくウィンドーショッ

記事を読む

旅に出てわかる、自分が必要としているモノ。

By: Paragon Apartments[/caption] 今回の旅に持参した私物(洋

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑