里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

葱油芋奶のレシピと献立

蒸した里芋にねぎの風味をまとわせるシンプルな料理、葱油芋艿。以前本だったか何だかでこの料理を見かけて、いつか試してみたいなと思っておりました。芋とねぎって、抜群に合うもんね。

じゃがいもとゆで卵のサラダ、蒸しなすの梅和え献立。

シーズンではないけれどたまたま里芋をいただいたので、そうそう、あれ。あれやろう、とレシピを検索。

巷にはいろんなレシピが溢れておりますが、ここはバシッとシンプルにいきたい。

里芋のねぎ油炒め、豚とニラのスープで晩酌

葱油芋奶のレシピと献立

  • 豚とにらのスープ
  • セロリの浅漬け
  • 新玉ねぎとトマトのサラダ
  • レタスのごま和え
  • 里芋のねぎ油炒め

豚とにらのスープ

豚とにらのスープ

鍋で豚こま肉と斜め薄切りにした白ねぎとしょうがを炒め、しょうゆをまわしかけてジュっと軽く焦がしてから水を注いで煮ます。3cm長さに切ったにらを加えてさっと火を通し、胡椒とごま油で調味したら完成。

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

薄切りにしたセロリを保存容器に入れ塩を振ってしゃかしゃか振ってから放置するだけの簡易漬けもの。

新玉ねぎとトマトのサラダ

新玉ねぎとトマトのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし形に切ったトマトをポン酢とオリーブオイルで和え、大葉の千切りを乗せたサラダ。

レタスのごま和え

レタスのごま和え

細切りにしたレタスにお湯をかけてしんなりさせてから水分を絞って、塩、胡椒、すりごま、ごま油で和えます。

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め

フライパンに小口に刻んだ青ねぎと太白ごま油を入れて弱火にかけ、油にねぎの風味を移すようにじっくりと炒めます。ねぎのかさが減ったら蒸して皮をむいた里芋、塩、少量の湯を加え、崩さないように炒め合わせたら完成。

これは日本酒って感じじゃないな、紹興酒でいくか。ちょっと暑いし、ロックでいくか、と食べる直前に決定しました。ねっちりした里芋に上手に絡むねぎの香り。味付けは塩のみなので想像通りの味だけど、想像以上にしみじみ旨い。

ちなみにレシピはこちらを参考にさせていただきました。

大好物!ホックリ里芋に香ばしい葱油がとろりとからむ葱油芋奶!(吃尽天下@上海)

こういううつわに盛ると中華感が高まって素敵、可愛らしくも美味しそうで素敵。

しかしなんだ。にらに白ねぎに青ねぎに新玉ねぎにって嫌がらせのように今日はねぎ類ばっかりですね。アリシンアリシン、またアリシン。余り食材をこざっぱりと使い切りたいばかりにこういうことになってしまいがちな我が食卓。強めの胃腸の持ち主で助かっております。

 




関連記事

たぬき豆腐献立

たぬき豆腐、大根と塩昆布のサラダ献立で家飲み。

先日出先でふらりと入った居酒屋で気になるメニューを発見しました。それは 「たぬき豆腐」

記事を読む

家飲み献立 10/30 半干しキャベツの煮込みとワインで晩ごはん。

夜、外から帰って来た時が一番寒く感じるこの部屋。 外気より室内が寒いって、何が原因なんでし

記事を読む

家飲み献立 鶏豆腐でぬる燗を。

雨の土曜日。 部屋でじっとしていると昼間でも寒いので、2駅隣まで歩いて駅前のコーヒーシ

記事を読む

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立

ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作りました。寒空に野菜を干す。干し

記事を読む

真昼間から酒を飲んで愚痴を言う。

時短要請も終了し、いよいよ普通の生活が戻ってきたような気がしています。 生活、というか、飲酒

記事を読む

出羽桜 つや姫

山形の酒 出羽桜 つや姫 純米吟醸で晩酌。鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立。

鶏むね肉を食べるとなると、蒸し鶏になるパターンが多い。 蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

鶏もも肉と桃と泡。

小ぶりな桃が店頭に並んでいたので思わず手に取る。 果物は全般的に好きですが、桃は中でも

記事を読む

大根葉と油揚げの炒め煮献立

大根葉と油揚げの炒め煮、きのこおろし献立。

大根は煮たり焼いたりおろしたり、どんな風に扱うのも好きです。 そして、大根葉も好きです

記事を読む

紅鮭とキャベツの酒蒸し献立

紅鮭とキャベツの酒蒸し、かぼちゃの塩煮献立。

先日は、紅鮭料理を盛りつける皿を間違いました。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    毎度毎度、垂涎しているのですが、これまた今回のレシピはわたしのハートをクリーンヒット。

    くんさい、っていうんですかね?ネギとかニラとか、お坊さんが食べちゃだめって言われているような匂いの強い野菜、うまい!ですよねえ。
    んでもって、お酒も、香りが強かったり、発泡したり、ちょっと「キッパリ主張」系が合いますねえ。

    想像するだに美味しそうなうえに、里芋のねっとり、セロリのしゃっきり、トマトのくちゅり、レタスのさくりと、噛みしめる感触までが、これまた、うまそうでうまそうで(泣)。

    レタスって炒め物にすることはあるんですけど、こんな感じのお浸しっぽい食べ方、初めてしりました。手軽でいいですねえ。ごまがとっても合いそうなところまでは想像つくんですが、ここで「胡椒」が登場してくるあたり、唸っちゃうんだよなあ~。

    ところで、我が家は諸般の事情で最近は「やさしお」なんです。でも、野菜や肉や魚にシンプルに塩をふるならば、もうちょっと滋味ゆたかな塩がいいなあ。「やさしお」まだ残ってるけど、赤穂の天塩でも買っちゃおうかな…。むむむ。

    crispy-lifeさんは塩づかいがとってもお上手だと思うんですけれど、塩って使い分けていますか?
    海塩派ですか?岩塩派ですか?

    • crispy-life より:

      memeさん

      そう、葷菜。ねぎやにらの他、にんにくとからっきょうなんかも大好きです。程度を考えないと周りに迷惑をかけそうなので一応気をつけてはおりますが、美味いですよね。memeさんも葷菜好きならば、ねぎをたっぷり使うこの芋料理、おすすめいたします。

      レタスはキャベツに比べると圧倒的に登場頻度の少ない葉野菜なのですが、たまに食べると気持ちいなあと思います。今回は生で食べるには少々量が多く、でもそろそろ食べ切りたいなというタイイミングゆえのお湯かけ。茹でるのが面倒な時のお湯かけ作戦です。

      そして塩についてはせっかくお題をいただいたので、記事ネタにさせていただきたく。しばしお待ちを!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑