里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

葱油芋奶のレシピと献立

蒸した里芋にねぎの風味をまとわせるシンプルな料理、葱油芋艿。以前本だったか何だかでこの料理を見かけて、いつか試してみたいなと思っておりました。芋とねぎって、抜群に合うもんね。

じゃがいもとゆで卵のサラダ、蒸しなすの梅和え献立。

シーズンではないけれどたまたま里芋をいただいたので、そうそう、あれ。あれやろう、とレシピを検索。

巷にはいろんなレシピが溢れておりますが、ここはバシッとシンプルにいきたい。



里芋のねぎ油炒め、豚とニラのスープで晩酌

葱油芋奶のレシピと献立

  • 豚とにらのスープ
  • セロリの浅漬け
  • 新玉ねぎとトマトのサラダ
  • レタスのごま和え
  • 里芋のねぎ油炒め

豚とにらのスープ

豚とにらのスープ

鍋で豚こま肉と斜め薄切りにした白ねぎとしょうがを炒め、しょうゆをまわしかけてジュっと軽く焦がしてから水を注いで煮ます。3cm長さに切ったにらを加えてさっと火を通し、胡椒とごま油で調味したら完成。

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

薄切りにしたセロリを保存容器に入れ塩を振ってしゃかしゃか振ってから放置するだけの簡易漬けもの。

新玉ねぎとトマトのサラダ

新玉ねぎとトマトのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし形に切ったトマトをポン酢とオリーブオイルで和え、大葉の千切りを乗せたサラダ。

レタスのごま和え

レタスのごま和え

細切りにしたレタスにお湯をかけてしんなりさせてから水分を絞って、塩、胡椒、すりごま、ごま油で和えます。

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め

フライパンに小口に刻んだ青ねぎと太白ごま油を入れて弱火にかけ、油にねぎの風味を移すようにじっくりと炒めます。ねぎのかさが減ったら蒸して皮をむいた里芋、塩、少量の湯を加え、崩さないように炒め合わせたら完成。

これは日本酒って感じじゃないな、紹興酒でいくか。ちょっと暑いし、ロックでいくか、と食べる直前に決定しました。ねっちりした里芋に上手に絡むねぎの香り。味付けは塩のみなので想像通りの味だけど、想像以上にしみじみ旨い。

ちなみにレシピはこちらを参考にさせていただきました。

大好物!ホックリ里芋に香ばしい葱油がとろりとからむ葱油芋奶!(吃尽天下@上海)

こういううつわに盛ると中華感が高まって素敵、可愛らしくも美味しそうで素敵。

しかしなんだ。にらに白ねぎに青ねぎに新玉ねぎにって嫌がらせのように今日はねぎ類ばっかりですね。アリシンアリシン、またアリシン。余り食材をこざっぱりと使い切りたいばかりにこういうことになってしまいがちな我が食卓。強めの胃腸の持ち主で助かっております。

 




関連記事

れんこんと塩昆布の混ぜごはん

休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する一方です。 シンプルライ

記事を読む

秋の晩酌メニュー

家飲みメニュー 舞茸のホイル焼き、小松菜と塩昆布のサラダ。

ワインを買いに出かけて結局ワインを買わずに帰宅。 なぜなら、スーパーの寒さですっかりワ

記事を読む

青菜のナンプラー炒め献立

青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょうか。 信州四賀 たべく

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

141030d4

家飲み献立 10/30 半干しキャベツの煮込みとワインで晩ごはん。

夜、外から帰って来た時が一番寒く感じるこの部屋。 外気より室内が寒いって、何が原因なんでし

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

141031d5

家飲み献立 10/31 半干しキャベツと鶏もも肉の煮込み他全5品。

TGIF! そして、今日はハロウィン、ですか。 私が子供の頃通っていた学校の隣にイン

記事を読む

komatsuna

小松菜の煮浸し、セロリの卵炒め献立。

週末はワインを呑んでいました。 が、今日は通常モードの和食体制です。 なんか野菜

記事を読む

一人晩酌 おつまみ

晩酌おつまみ 肉団子ときのこの煮込み、プチトマトのナムル。

ようやく復活、といったところでしょうか。 密かなお楽しみの一人晩酌、先週は腰痛のおかげ

記事を読む

kinoko_soup_19011

新年に考える今年の食計画。

1週間ぶりに自宅に戻ったので、毎度おなじみきのこスープで体内のご機嫌を伺いました。 旅

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    毎度毎度、垂涎しているのですが、これまた今回のレシピはわたしのハートをクリーンヒット。

    くんさい、っていうんですかね?ネギとかニラとか、お坊さんが食べちゃだめって言われているような匂いの強い野菜、うまい!ですよねえ。
    んでもって、お酒も、香りが強かったり、発泡したり、ちょっと「キッパリ主張」系が合いますねえ。

    想像するだに美味しそうなうえに、里芋のねっとり、セロリのしゃっきり、トマトのくちゅり、レタスのさくりと、噛みしめる感触までが、これまた、うまそうでうまそうで(泣)。

    レタスって炒め物にすることはあるんですけど、こんな感じのお浸しっぽい食べ方、初めてしりました。手軽でいいですねえ。ごまがとっても合いそうなところまでは想像つくんですが、ここで「胡椒」が登場してくるあたり、唸っちゃうんだよなあ~。

    ところで、我が家は諸般の事情で最近は「やさしお」なんです。でも、野菜や肉や魚にシンプルに塩をふるならば、もうちょっと滋味ゆたかな塩がいいなあ。「やさしお」まだ残ってるけど、赤穂の天塩でも買っちゃおうかな…。むむむ。

    crispy-lifeさんは塩づかいがとってもお上手だと思うんですけれど、塩って使い分けていますか?
    海塩派ですか?岩塩派ですか?

    • crispy-life より:

      memeさん

      そう、葷菜。ねぎやにらの他、にんにくとからっきょうなんかも大好きです。程度を考えないと周りに迷惑をかけそうなので一応気をつけてはおりますが、美味いですよね。memeさんも葷菜好きならば、ねぎをたっぷり使うこの芋料理、おすすめいたします。

      レタスはキャベツに比べると圧倒的に登場頻度の少ない葉野菜なのですが、たまに食べると気持ちいなあと思います。今回は生で食べるには少々量が多く、でもそろそろ食べ切りたいなというタイイミングゆえのお湯かけ。茹でるのが面倒な時のお湯かけ作戦です。

      そして塩についてはせっかくお題をいただいたので、記事ネタにさせていただきたく。しばしお待ちを!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

suginami_45
孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitt

焼きかぶ
焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

→もっと見る

PAGE TOP ↑