三つ葉と豚の冷しゃぶ、蒸しとうもろこし。

公開日: : 最終更新日:2016/09/22 家飯, 食べること

夏の家飲み

今日から7月。

今朝は雨が降っていて少々肌寒いですが、まもなく本格的な夏に突入です。

というわけで夏らしいビジュアルの献立を。

ビールにろうもろこし、茄子、トマトと夏野菜てんこもりですね。

三つ葉と豚の冷しゃぶで晩酌

冷しゃぶ献立

  • 茄子の浅漬け
  • トマトと長いものわさび醤油和え
  • 蒸しとうもろこし
  • ピーマンの煮浸し
  • 三つ葉と豚の冷しゃぶ

茄子の浅漬け

茄子の浅漬け

拍子木切りにして塩もみした茄子に大葉としょうがを加えて浅漬けに。

トマトと長いものわさび醤油和え

トマトと長いものわさび醤油和え

乱切りしたトマトに短冊に切った長いもをわさび醤油で和えたものと海苔をあわせたもの。

蒸しとうもろこし

蒸しとうもろこし
鍋に塩と酒、少量の湯を沸かしとうもろこしを入れ蓋をして蒸し煮に。そのままいただきます。

ピーマンの煮浸し

ピーマンの煮浸し

丸ごとのピーマンと油揚げをしょうゆとみりんでやや甘めに味付けした昆布出汁で煮浸しに。丸ごと煮るので食べた後残るのはヘタのみ。種も一緒に食べてしまいます。

三つ葉と豚の冷しゃぶ

三つ葉と豚の冷しゃぶ

さっと茹でた三つ葉と豚薄切り肉をたっぷりのおろしポン酢で和えて黒七味を振ります。

うん、THE・夏の晩酌って感じですね。

とうもろこしを酒蒸しにしたのには実は特に意味はありません。容器から出した酒が少し余っていたので捨てるのももったいないな、と思って入れただけでした。甘く蒸し上がったので問題無し。

食べるのは大好きだけど用意するのは嫌いな大根おろしを冷しゃぶのために頑張っておろしました。頑張る、というほどの量でもないんですが、やっぱりたっぷりあると嬉しい。豚肉よりも大根おろし食べるための料理なんじゃないかっていうくらいあってもいい。

食事をしながら考えていたのですが、子どもの頃にとうもろこしを食べた記憶があまりない。家で出てきたことは殆どないし、夏祭りでも好んで食べなかった。

理由は、食べるのが難しいから。

夜店の焼きとうもろこしってかぶりつくとほっぺたにタレがついてべたべたするし、手も汚れるし、子どもには大きすぎて途中で飽きそうだし、食べるの難しいじゃないですか。今でもそうなんですが、食べるのが難しいとか手が汚れるとか歯に挟まるとか、そういう何かしら手間のある食べ物はなんとなく避けていたように思います。同じ理由でりんご飴なんかも苦手だったなあ。

三つ子の魂ってヤツでしょうか。横着さは昔から変わらないのですね。

大人になってからは自分の好きなように料理できるので家でもとうもころしを食べるようになりましたが、やっぱり丸ごと齧る、という食べ方は今だにできません。

 




関連記事

さんま水煮缶のサラダ

秋刀魚と玉ねぎのサラダ、切昆布の煮物でひとり晩酌。

さてと、今日は魚にしようかなあ。 そう考えて駅前のスーパーへ。 が、残念ながらお

記事を読む

伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。 日本国内、各地で散歩

記事を読む

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気

記事を読む

トマトと卵の炒めもの

トマトと卵の炒めもの、人参と豚肉の生姜ポン酢和えで家飲み。

超特大サイズトマトの迫力に降参しまんまと手に取る。 でかい。そして赤い。 1日目

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

家飲み献立 12/10 干しキャベツで簡単ロールキャベツ。

今朝出掛ける時に近所の八百屋の前を通ったら、かごに山盛りのみかんが100円で売られていました。

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。 葉物摂取量が高くどうして

記事を読む

家飲み献立 12/11 鶏だんご鍋。

余った食材の使いまわしを考えつつ献立を組み立てる。 この作業を深刻に考えてしまうとなんだか

記事を読む

魚の献立

晩酌献立 9/23 鰤カマとキャベツの酒蒸し、塩昆布のポテトサラダ。

毎日の晩酌を記録し続けているわけですが、作ったら早く食べたいので写真撮影はさっさと済ませてし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑