里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

葱油芋奶のレシピと献立

蒸した里芋にねぎの風味をまとわせるシンプルな料理、葱油芋艿。以前本だったか何だかでこの料理を見かけて、いつか試してみたいなと思っておりました。芋とねぎって、抜群に合うもんね。

じゃがいもとゆで卵のサラダ、蒸しなすの梅和え献立。

シーズンではないけれどたまたま里芋をいただいたので、そうそう、あれ。あれやろう、とレシピを検索。

巷にはいろんなレシピが溢れておりますが、ここはバシッとシンプルにいきたい。




里芋のねぎ油炒め、豚とニラのスープで晩酌

葱油芋奶のレシピと献立

  • 豚とにらのスープ
  • セロリの浅漬け
  • 新玉ねぎとトマトのサラダ
  • レタスのごま和え
  • 里芋のねぎ油炒め

豚とにらのスープ

豚とにらのスープ

鍋で豚こま肉と斜め薄切りにした白ねぎとしょうがを炒め、しょうゆをまわしかけてジュっと軽く焦がしてから水を注いで煮ます。3cm長さに切ったにらを加えてさっと火を通し、胡椒とごま油で調味したら完成。

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

薄切りにしたセロリを保存容器に入れ塩を振ってしゃかしゃか振ってから放置するだけの簡易漬けもの。

新玉ねぎとトマトのサラダ

新玉ねぎとトマトのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし形に切ったトマトをポン酢とオリーブオイルで和え、大葉の千切りを乗せたサラダ。

レタスのごま和え

レタスのごま和え

細切りにしたレタスにお湯をかけてしんなりさせてから水分を絞って、塩、胡椒、すりごま、ごま油で和えます。

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め

フライパンに小口に刻んだ青ねぎと太白ごま油を入れて弱火にかけ、油にねぎの風味を移すようにじっくりと炒めます。ねぎのかさが減ったら蒸して皮をむいた里芋、塩、少量の湯を加え、崩さないように炒め合わせたら完成。

これは日本酒って感じじゃないな、紹興酒でいくか。ちょっと暑いし、ロックでいくか、と食べる直前に決定しました。ねっちりした里芋に上手に絡むねぎの香り。味付けは塩のみなので想像通りの味だけど、想像以上にしみじみ旨い。

ちなみにレシピはこちらを参考にさせていただきました。

大好物!ホックリ里芋に香ばしい葱油がとろりとからむ葱油芋奶!(吃尽天下@上海)

こういううつわに盛ると中華感が高まって素敵、可愛らしくも美味しそうで素敵。

しかしなんだ。にらに白ねぎに青ねぎに新玉ねぎにって嫌がらせのように今日はねぎ類ばっかりですね。アリシンアリシン、またアリシン。余り食材をこざっぱりと使い切りたいばかりにこういうことになってしまいがちな我が食卓。強めの胃腸の持ち主で助かっております。

 






関連記事

141202d

家飲み献立 12/2 鶏肩肉の香味ダレ、白菜とツナの蒸し煮他全5品。

冷え取り対策のウォーキングに出かけていて発見してからとても気に入って通っているスーパー。そこ

記事を読む

asukayama_19

石鍋商店で出会う東京のくず餅 東京散歩・北区。

飛鳥山公園の紫陽花散策、続きです。 東京散歩と言えば、出先で酒を飲むのがお約束になって

記事を読む

砂肝とわけぎの塩炒め献立

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。 秋田の酒 うまからまんさく特別純米

記事を読む

チキンソテー ワイン

ワインで家飲み 鶏もも肉のソテー、小松菜のオイル蒸し。

今日はアレが食べたいだのコレが呑みたいだの、食べることに気が回るのは元気な証拠。 と常

記事を読む

分葱の納豆和え

晩酌献立 分葱の納豆和え、春菊のサラダ。

休肝日明けの晩酌です。 週末は外食が多くなるからか、はたまた胃と肝臓を休ませる影響なの

記事を読む

いわしの梅煮献立

いわしの梅煮、にらの海苔和え献立。

午前中から抱えたままの魚気分を携えて魚屋へ行くと、本日の目玉は丸々と太ったいわしだと言う。

記事を読む

酔鯨なつくじら純米吟醸

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

四国地方へやってまいりました。 と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。 関連

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

kinoko_2

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

koishihama_hotate_3

岩手三陸 恋し浜ホタテのお取り寄せで贅沢晩酌。

先日、オンラインマーケットスマホアプリ・ポケットマルシェさんにご協力をいただきナイス贅沢をさ

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    毎度毎度、垂涎しているのですが、これまた今回のレシピはわたしのハートをクリーンヒット。

    くんさい、っていうんですかね?ネギとかニラとか、お坊さんが食べちゃだめって言われているような匂いの強い野菜、うまい!ですよねえ。
    んでもって、お酒も、香りが強かったり、発泡したり、ちょっと「キッパリ主張」系が合いますねえ。

    想像するだに美味しそうなうえに、里芋のねっとり、セロリのしゃっきり、トマトのくちゅり、レタスのさくりと、噛みしめる感触までが、これまた、うまそうでうまそうで(泣)。

    レタスって炒め物にすることはあるんですけど、こんな感じのお浸しっぽい食べ方、初めてしりました。手軽でいいですねえ。ごまがとっても合いそうなところまでは想像つくんですが、ここで「胡椒」が登場してくるあたり、唸っちゃうんだよなあ~。

    ところで、我が家は諸般の事情で最近は「やさしお」なんです。でも、野菜や肉や魚にシンプルに塩をふるならば、もうちょっと滋味ゆたかな塩がいいなあ。「やさしお」まだ残ってるけど、赤穂の天塩でも買っちゃおうかな…。むむむ。

    crispy-lifeさんは塩づかいがとってもお上手だと思うんですけれど、塩って使い分けていますか?
    海塩派ですか?岩塩派ですか?

    • crispy-life より:

      memeさん

      そう、葷菜。ねぎやにらの他、にんにくとからっきょうなんかも大好きです。程度を考えないと周りに迷惑をかけそうなので一応気をつけてはおりますが、美味いですよね。memeさんも葷菜好きならば、ねぎをたっぷり使うこの芋料理、おすすめいたします。

      レタスはキャベツに比べると圧倒的に登場頻度の少ない葉野菜なのですが、たまに食べると気持ちいなあと思います。今回は生で食べるには少々量が多く、でもそろそろ食べ切りたいなというタイイミングゆえのお湯かけ。茹でるのが面倒な時のお湯かけ作戦です。

      そして塩についてはせっかくお題をいただいたので、記事ネタにさせていただきたく。しばしお待ちを!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑