にらの落とし焼き、きのこのおろし和え献立。

公開日: : 家飯

にらの落とし焼き

少々残っているにらをどう食べるかと考えていて、ふと思い出しました。

以前持ち寄り家飲み会的な集いで友人にご馳走になった、にらのつまみ。あれ、旨かったなあ。

いきなり蘇った味の思い出。これも何かの縁ですね、ということで、古い記憶を頼りに作ってみました。

どれくらい古い思い出かといえば、かれこれ10年以上も前です。それが突然出てくるなんて、味の記憶とは恐ろしいものですね。

にらの落とし焼き、きのこのおろし和え献立。

にらの落とし焼き、きのこのおろし和え献立。
  • キャベツと油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • きのこのおろし和え
  • にらの落とし焼き

キャベツと油揚げの味噌汁

キャベツと油揚げの味噌汁

たっぷりのキャベツと油揚げ入りの味噌汁。出汁は昆布と鰹節。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日の漬ものは、大根とにんじんのぬか漬け。

きのこのおろし和え

きのこのおろし和え

一口大に切った椎茸と舞茸をゆでて、大根おろしで和え、ポン酢と黒七味でいただきます。

にらの落とし焼き

にらの落とし焼き

合挽肉にしょうゆ、ごま油、みりん、にんにくのみじん切りを加えてよく混ぜます。3cm長さに切ったにらと卵を加えて合わせたら、油を引いたフライパンに投入。ざっくり混ぜてから適当な大きさに分けて弱めの火加減でじっくり焼いたら完成。

ひき肉が入っているのでしっかり火を通さなければいけないのだけど、卵液自体に味をつけているせいで焦げやすい点は要注意。酒ストックの関係で焼酎ソーダ割りを添えましたが、こりゃやっぱりビールかな。

ビールによく合うつまみのレシピ

10年前に食べて旨かったものは確か、ひき肉ではなく牛切り落とし肉で、小麦粉が入ったもっとおやきっぽい、お好み焼きっぽい感じの代物だったと記憶しています。あいにく我が家には小麦粉がないものですから、今回は卵のみで再現してみました。

粉抜きのせいで焼きの段階は少々形成し辛い、というデメリットはあるもの、味は近い気がします。

甘辛味で、にんにくの風味が効いていて、肉と卵のボリューム感もあって。なかなかの再現度に満足です。

しかし人間の舌の記憶ってのはいやしくも面白いものですね。

まさか10年も前に食べたきりの何気ないつまみのことを思い出す日がくるなんて。しかもそれをそこそこのクオリティで再現できてしまうなんて。さらに「再現できている」と確信できるのがまた興味深い。なんで「正解」の味をまだ覚えているのかと。

とはいえ、答え合せしたわけではないので、実は全然別物に仕上がっている可能性もありますけども。

大人世代がひとりで暮らす




関連記事

稲里純米 磯蔵酒造

茨城の酒 稲里純米で晩酌 ピーマンの卵炒め、蒸し鶏と小松菜の和えもの。

昨日は珍しく1合缶。 当然あっという間になくなったので補充が必要です。 最近近所の

記事を読む

にじますのホイル焼き

にじますホイル焼き、小松菜のもずく酢和え献立。

釣り人である友人から、にじますのおすそ分けをいただきました。曰く 「小さいのばっかりで

記事を読む

秋刀魚の酒蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、ネギ塩奴で家飲み。

お久しぶりです、秋刀魚です。 ついにこの時がやってまいりました。今季初秋刀魚、遅ればせ

記事を読む

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

ぶりと青菜のしょうが蒸し献立

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったか

記事を読む

山形の酒 咲 発泡日本酒

山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌 紅鮭ソテーぬか漬けタルタルソース添え。

全国各地の酒を飲み記録するお遊び、今回は山形です。 勝手に日本酒全国ツアー 猛暑

記事を読む

家飲み献立 12/21 鶏肉とじゃがいものローズマリーソテー。

10度超えるとありがたい。 なんて言えるのも、ずいぶん冬に慣れてきた証拠ですね。

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

塩鮭と蕪の味噌煮込み

塩鮭と蕪の味噌煮込み、ちぢみほうれん草と椎茸のおひたし献立。

お得意の汁飲みです。 「汁飲み」とは、味噌汁、スープなどの汁物をアテに酒を飲むスタイル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑