30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

公開日: : 最終更新日:2018/05/03 健康と美容, 生き方と考え方, 食べること

hongkong-foods-49

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」

ブランチがてら仕事をするために出かけた日曜のカフェで、お隣の会話が耳に入る。

話の内容から察するに、彼らはどうやら大学のサークル仲間。メンバー全員が無事20歳の誕生日を迎えたこともあり、さてこれから大人としてどうやってお酒と付き合っていくべきか、というような会話がされていたのでした。

野菜がたっぷり入った手作りサンドイッチ(旨い)を齧りながら、そっと聞き耳を立てる。

お酒なんて美味しくない

Del Frisco's Double Eagle Steak House

「でも、あんまり美味しいと思わないんだよね。甘いカクテルとかワインとかならなんとか飲めるけど、ビールとか焼酎って全然飲みたいと思えない」

そうでしょうそうでしょう。

アルコール解禁となり、おっかなびっくり飲み始めた20歳の感想としてこれはごく一般的なものではないでしょうか。これまで経験した「美味しさ」の範疇にあった、例えば脂身を含んだ肉汁滴るステーキとか、フルーツがたくさん乗ったケーキとか、甘くてスカッと爽快なコーラとか、そういうはっきりとした旨さとビールのそれって全く別のもの。初めて飲んでこりゃうめえ!とはなかなかならないのではないかと。

そんな他愛ないやりとりの後に出たのが冒頭の「損するよ」フレーズ。

彼らの先輩ということは、おそらく発言主もまだ大学生のはず。となればほんの1歳2歳の違いで何大人ぶってんだかという微笑ましさは感じられますが、これ、おっさんおばさんが言ったらダメなヤツですね。いい大人が前途ある若者に対してしょうもない主張すなというアレですね。

うーん、無理してでも飲めるようになったほうがいいのかなあ? 飲み会とかも増えるしさ、という流れになったところでそれまで黙っていた男の子が

「おじさんになったら、美味しく感じるようになるんだって。だから、今は無理して飲まなくてもいいかなって」

と発言しました。はい、正解。

会えない長い日曜日

飲めない、またはあまり得意でない、好きじゃない人間に対して飲酒を強要する。これ、アルコールハラスメントってやつですよね。

アルコールハラスメントチェック(アサヒビール)

この中で、1つでも当てはまったら、あなたはアルコール・ハラスメントをしている可能性あり。数が増えるほど、アルハラ度も上がっていきます。

若い人は5とか11あたりが落とし穴なのかも。

その昔は営業は飲めなきゃダメだとか、飲んでりゃ強くなるとか、接待要員として云々なんて恐ろしいことを平気で言う風潮があったけれど、飲みニケーションすら既に過去のもの。

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

程度問題はあれど、嫌なことはサクッと嫌と言えてしまう今の若い人はその姿勢を貫いて欲しい。付き合いで美味しくもない酒を無理して飲むよりも、今しかできないことをやったほうがいいに決まってるもの。

今すぐ一から人生全部やり直したい。

大体、おじさんおばさんになってからでも、酒なんて飲めなきゃ飲まないほうがいいんだってば。なーにが「損する」だ。自分の趣味嗜好が至高だとでも思ってんのか、と見知らぬ先輩に脳内説教を繰り広げる、会えない長い日曜日。

そう、この日は休肝日だったのでした。

30代、40代は絶望の時代

suginami_79

大急ぎで背伸びしなくても、酒なんて飲めるようになった時に飲めばいい。そのもっともすぎる意見に皆が賛同するや否や、彼らの興味は「飲めるようになる年齢」へと移行する。

「20歳になってみたら、ああ年取ったなーって思うよね。だって20年前にはもうこの世に存在してたんだよ、ヤバくない?」

「今でさえこんな感覚なのに30代、40代になったらもうその先何の可能性も残ってないんだから絶望的だよね」

すぐ目の前に40過ぎのおばさんがいても、斜向かいに50過ぎと思しきおじさんがいても、そういうことは気にせず大声で話す無邪気さが割とよい。しかしおじさんは外国人だったので、彼らの無邪気さに気付いてなさそうだったけどそれはそれとして。

年を取った時が怖いからこそ、今やれることを全力でやる。という意味であればそれはとても健康的な考え方だがしかし若者よ、心配はいらない。絶望の時代はあなたたちが想像しているよりもずっと早くに訪れるから。そして意外と絶望しないから。

おばさん権を行使せよ。

酒を飲まなきゃ1日はこんなにも長くて、呆れるほど軽やか。肝機能保護の観点から推奨されている2日連続休肝日を導入するか、いっそのこときっぱり止めるのもアリだな。と、無邪気な若者の会話を聞きながら考える、会えない長い日曜日。

けれど1日が長く感じるのは、会いたい気持ちが強いからでもある。その愛すべき時間を健康的に過ごすために、守らねばならぬことが、たくさんあるね。

 




関連記事

残念なお知らせ。

3年間は同じところにお世話になっていたのですが、去年転居したので今年からはじめまして、どうぞ

記事を読む

蒸し鶏とキャベツのしょうがタレ献立

蒸し鶏とキャベツのしょうがソース、トマトと卵のスープ献立。

引き続き蒸し鶏メニューです。 蒸し鶏は淡白なむね肉をしっとり仕上げて汁共々保存しつつ使

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないこと

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

太りたくても太れない悩みの切実さ。

先日は一時帰国中の海外在住の友人と久しぶりに会っていました。 お互いの近況報告をし合いながら、こ

記事を読む

蒸し鶏 献立

晩酌メニュー 蒸し鶏と白菜の香味だれ、にんじんの塩炒め。

調理自体に手間のかかる要素はないものの、みじん切りに千切りと、カットに少々手間取るメニューを

記事を読む

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚がやってきました。 歯科通

記事を読む

さんまとキャベツの生姜煮

秋刀魚とキャベツの生姜煮、水菜のおろし和え。

今夜はなんだかんだ残り物だけで済ませよう、と考えていた午後。 が、突然大量の葉野菜を食べたい衝

記事を読む

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑