鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鳥豆腐献立

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。

関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐、焼き枝豆献立。

前回作ったのは10月だから、まだ寒くなる前、秋でした。

今夜は鶏豆腐にしよう、と思い立つきっかけはだいたい決まっています。ほぼ、春菊に依存しているのです。



鶏豆腐、蕪の温サラダで晩酌

鳥豆腐献立

  • 白菜漬け
  • 蕪の温サラダ
  • 焼きにんじん
  • 鶏豆腐

蕪の温サラダ

蕪の温サラダ

蒸した蕪と蕪の葉をツナとしょうゆで和えたもの。

焼きにんじん

焼きにんじん

大きめに切ったにんじんにオリーブオイルをまぶしてローリエをのせフライパンで焼きます。表面に焼き色がついたらうつわに盛り、粗塩を振ります。

鶏豆腐

鳥豆腐

一口大に切って塩を揉み込んでおいた鶏もも肉を出汁昆布、水、酒と一緒に鍋に入れ、弱火でじっくり煮込みます。途中で豆腐とねぎを加え、最後に春菊を投入してさっと火を通したら完成。

春菊が手に入ったらつい作りたくなる鶏豆腐。前回はネギを入れるのを忘れるという失態をおかしてしまいましたが、今回はきっちり基本通りの材料にてそつなく仕上げることができました。

鶏の旨味がたっぷりのスープに溶け出す春菊の香り。鶏豆腐こそ、冬のごちそう「汁飲み」の基本つまみであります。

そしてあともう一品、とか、歯ごたえのあるものが欲しい、なんて時に便利な焼き野菜も頻繁に登場する簡単つまみ。

関連 大根、れんこん、にんじんなど、いろいろ焼き野菜

いつもは焼いて塩を振るだけですが、今日はローリエで少し香りをつけてやりました。最近和食比率が高いもので、ローリエあんまり使ってなかったからね。近頃の晩酌はめっきり日本酒頼りだけれど、たまには煮込みにワインとかもやりたいところですね。

家飲みブログ

そうそう、お伝えするのをすっかり忘れておりました。昨年12月に無事発売となった拙著「ひとりぜいたく晩酌帖」、冷やかしか暇つぶしに読んでやってもいいけど、紙の本は持たない主義なんだよなーという方もおられましょう。

お待たせいたしました、今月から電子書籍でも読めるようになりました。

四季折々のひとり晩酌について、そしてひとりで過ごす時間について。至極どうでもいいことをねちねちと理屈っぽく綴った家飲みエッセイ。もちろん鶏豆腐をはじめとする汁飲みについても長々と語っております。

ここらで紙の書籍は持たない派のみなさまのご機嫌も伺いたく、改めてよろしくお願いいたします(土下座)。

 




関連記事

塩豚ときのこの黒酢スープ

塩豚ときのこの黒酢スープ、キャベツの辛み蒸し献立。

今宵の献立をありあわせの材料で間に合わせるという行為は、家庭料理、中でも一人晩酌においては中

記事を読む

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。 新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスー

記事を読む

鶏出汁春雨

一人暮らしの夜ご飯 2/22 鶏出汁春雨、キャベツと海苔のサラダ。

なんと! 昨夜はものすごーく久しぶりに酒を抜きました。 前回酒を1滴も呑まなかったの

記事を読む

れんこんと豚肉の黒酢炒め

れんこんと豚肉の黒酢炒め、豆腐と春菊のスープ献立。

しょうゆや塩、酢などの基本調味料と比べると、黒酢とのお付き合い歴は浅めです。 トマト黒

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

バケットグラタンとサラダ

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

グラタンとサラダでワイン。 となれば当然グラタンがメインのように見えるけれど本日に限っ

記事を読む

新橋 花れん

新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

By: Wagner T. Cassimiro "Aranha"[/caption] 新潟で

記事を読む

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね

記事を読む

レタスチャーハン

休肝日ごはん レタスチャーハン、ねぎのしょうゆスープ献立。

いずれも非常に家庭的な葉野菜である、レタスとキャベツ。 両方好きだけど、我が家の購入及

記事を読む

140914d4

家飲み献立 9/14 ビールか、ワインか?アンチョビポテト。

今日は朝からアンチョビを食べると決めていました。 って、昨日と同じパターンですが、なんでし

記事を読む

Comment

  1. creamy より:

    こんばんわ。

    crispyさん、ちょくちょく食卓に写っている
    酒器ですが、実は去年から買おうかどうしようか
    迷ってまして。。実際に使用されてどうでしょうか?保温力と猪口に注ぐ時にお湯が垂れないのかなど、気になるところです。
    サイズは小ですよね?
    量、足ります?(笑)

    • crispy-life より:

      creamyさん

      食卓で熱燗のあの酒器のことですかね?

      これ、私は結構気に入っておりまして。寒い部屋で使うとあっという間に冷めてしまいますが、それなりに暖房が効いていればなかなかいい感じでゆるゆると楽しめますのでおすすめです。注ぐ際のお湯垂れはあるかもしれませんが、慣れてくるとコツがつかめて気にならなくなるのでは、と。量はね、一合くらいしか入りません。そこは各自追加でお願いします 笑。

      一番理想の酒器は先日書いた大阪はしご酒ツアー記事に登場したとり平さんでも使われている錫のちろりなんですけど、家で使うにはどうかなあと思って未だ手出し出来ず、なのです。

  2. creamy より:

    crispyさん

    なるほど、そうですか。
    良さそうですね。

    燗酒や焼酎のお湯割りなんかの家飲みはペースゆっくりでじわじわ飲みたいのですが、いわゆる
    ガラスや陶器の器だと冷めてしまうし、かといってアウトドアで使うような保温コップはデザイン的にちょっとなぁ・・と思っていたのです。

    確かに、理想はちろりですね。ですがその為には
    それなりの深さがある鍋も要りますよね。大人数の宴会とかなら大活躍しそうですが一人飲みでは
    どうかなぁ。。と私も思います。

    ショッピングサイトのレビューでなくて、普段使いされてるcrispyさんの感想聞けて良かったです。参考にさせて頂きますね!

    • crispy-life より:

      creamyさん

      そうそう、アウトドア系のものが機能的にはいいのでしょうけど、晩酌の風景にハマるかといえばこれが結構難しいんですよねえ…。便利すぎて寒い間はついついあの黒い酒器ばかり使ってしまうので絵的には変化がなく面白みがないのですが、なんだかんだ便利なものって使用頻度が高くなるような。

      >ショッピングサイトのレビューでなくて

      私も見知らぬ人のレビューよりいつもコメントをくださる皆様の意見を参考にしてしまいます。知ってる人の感想ってなんとなく安心できますよね。って、どなたとも未だお会いしたことはないですがみなさん知人扱いということで何卒!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんと塩昆布の混ぜごはん
休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

→もっと見る

PAGE TOP ↑