豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒め献立。

公開日: : 最終更新日:2019/04/30 家飯, 食べること ,

豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒め献立。
現在わたくし本体はベトナムでごくごくビールを飲んでおります。

ベトナム一人旅、タンディン教会とバインセオ。

が、こちらはちょっぴり時差アリで、出発前の晩酌献立。

毎度のことながら、旅立ち前は冷蔵庫に存在する細々とした残りものを消費したいがために、献立の怪しさは増すばかりであります。

豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒めで晩酌

豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒め献立。

  • もやしと玉ねぎの味噌汁
  • ぬか漬け
  • キャベツのしょうが炒め
  • 豚とわかめの梅しゃぶ

もやしとたまねぎの味噌汁

野菜たっぷり味噌汁

豚肉をしゃぶしゃぶした後のゆで汁を流用した味噌汁。具はもやしとたまねぎ、仕上げにねぎ油と胡椒をプラスしました。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツの芯と京にんじん。

キャベツのしょうが炒め

キャベツのしょうが炒め

油を引いたフライパンに千切りしょうがを入れて火にかけ、香りがたったところにざく切りにしたキャベツを投入して炒めます。キャベツがしんなりしたら粗塩をパパッと振ってざっと混ぜ合わせたら完成。

豚とわかめの梅しゃぶ

豚とわかめの梅しゃぶ

鍋に酒を加えた湯を沸かし、わかめ、細切りにした白ねぎ、豚薄切り肉を順番に湯通しします。刻んだ梅干しを少量のゆで汁で伸ばしたもので全体をあえてうつわに盛ります。

メインにかろうじて肉があるのでそれなりに食べ応えのある組み合わせになった気もする晩酌献立。これからの季節は冷しゃぶ作戦が多様できるのがいいですね。少しの肉に野菜や海藻をたっぷり添えれば満足度の高いメインになります。添えるは冷やした純米吟醸。

日本酒にあうおつまみレシピ

肉のゆで汁を味噌汁にして味噌ラーメンぽさを味わう。これ、先日も同じパターンで食したところです。

休肝日ごはん 味噌ラーメン的野菜味噌汁献立。

が、あれだけ味噌ラーメン味噌ラーメンと言いながら、事前に計画していた「ねぎ油たらし」を失念しており、この度リベンジに挑んだというわけです。

ねぎ油。ねぎと油だけなのに、料理の表情をガラリと変えてしまうこの存在感は侮れない。

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

今回のベトナムの旅でもこのねぎ油の底力を改めて感じております。旅の食経験を帰国後の晩酌献立で多少なりとも活かせたらいいなと思うのですが、近頃めっきり手抜き献立構築に徹しているもので、さて、どうなることやら。

 




関連記事

油揚げの卵とじ

家飲み献立 3/22 蒸し鶏の葱ザーサイのせ、油揚げの卵とじ

今年は桜の開花がやや早め、ですよね。 4月に入って1週間くらいしたら見頃だろうと思って

記事を読む

手取川冬限定純米辛口

石川の酒 手取川 冬 純米辛口 生 で晩酌 ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し。

丹念なご近所パトロールの成果により、徒歩圏内にもいくつか日本酒に力を入れている酒屋を発見。

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、酒粕漬け献立。

鯖缶ってそこそこ量が多い。 メーカーによりけりでしょうが、大体180g〜200gあた

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが今回の台

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

塩味の手羽大根

塩手羽大根、青梗菜の胡麻酢で晩ご飯。

ここ数日、なんとなーく春が近づいている気配が。 まだまだ寒いとは感じるけれど、どうやら無事越冬

記事を読む

家飲み献立 12/12 キャベツの卵焼き、アンチョビ奴、きつねチーズ。

TGIF! みなさん絶賛年末進行実施中ですか? 私もなかなかに仕事しまくりの師走

記事を読む

焼きれんこん

焼きれんこん、豆腐とわかめのサラダ献立。

通常営業に戻り、晩酌献立です。 しばらく自炊から離れた後は、体内環境を整えるために帰宅

記事を読む

もやし蒸ししゃぶ、ニラの海苔和えで家飲み。

冷蔵庫に鎮座する余り食材を思い浮かべながら、あれをこうしてこっちがこうで、と、脳内にて副菜を

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    お疲れ様でした。

    パスポート良かったですね!
    ベトナムも一度は行きたい国ですが
    なかなか機会が無く、レポを楽しみにしています。

    平成はよくぞ生き抜いたなー、というのが
    正直な感想です。
    就職して、地方転勤して、お世話になった
    先輩が鬼籍に入られたり、一生治らない
    病に襲われたり。

    振り返ればヤバ過ぎる修羅場もありましたが
    まぁ、それもひと味だったかな?と。

    令和に50の大台に乗りますが
    まだまだこれから。
    なかなか楽しみにしていますww

    crispyさんもご自愛くださいませ。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      いやいや、令和ですねえ。
      10代から40代を過ごした平成。30年と長かったので、確かにいろいろありました。令和時代、我々世代は平成ほどに大きな変化はないかもしれませんが、健やかに過ごせればいいなと思っております。お互いに、無事令和を生き抜いて参りましょう。

      ベトナム旅行記もなんだかんだで長くなりそうなのですが、気長にお付き合いいただけるとうれしいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑