茄子の甘酢炒め、ゴーヤの梅和え。

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 家飯, 食べること

150826d7

寒さにめげずに夏野菜大会。

買い物に行かなかったので何をどうしてやろうかといろいろ考えたのですが、多少の予定変更を余儀なくされました。

こう雨が冷たいと、どうしてもあったかいものが欲しくなるもんねえ。

というわけでサラダをスープに、焼き野菜を煮物に。

茄子の甘酢炒めで家飲み

茄子の甘酢炒め

  • 糠漬け
  • トマトと葱のスープ
  • ゴーヤの梅和え
  • 蕪の煮物
  • 茄子の甘酢炒め

糠漬け

糠漬け

本日の糠漬けはセロリ、茄子、オクラの3種盛り。

トマトと葱のスープ

トマトと葱のスープ

鶏ガラスープで葱とトマトを煮て塩胡椒するだけの簡単スープ。ザーサイで和えてサラダにするつもりが寒さに負けました。

ゴーヤの梅和え

ゴーヤの梅和え

薄切りにしてサッと茹でたゴーヤを叩いてごま油で溶いた梅干しで和えたもの。苦くて酸っぱいおつまみ。

蕪の煮物

蕪の煮物

塩、みりん、醤油で味付けした昆布出汁で蕪と油揚げを煮たもの。蕪を焼いてどうこうしようと思っていたのですが、これまた寒さに負けて汁っぽいものに変更。

茄子の甘酢炒め

茄子の甘酢炒め

茄子をゆっくり炒めたところに塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけた豚肉を入れて炒めあわせます。火が通ったら砂糖、醤油、酢、酒を合わせた甘酢と潰したにんにくを加えて少し煮詰めて完成。千切りの大葉をたっぷりのせました。とろっとした茄子と甘酢って合うよねえ。豚肉がなくても十分美味しい。

和食のような中華のような、なんだか妙な折衷案になってしまった晩酌メニュー。夏野菜がたくさんあるけど、ちょっとあったかいものも食べたいな、もちろん酒は飲みますよ、という欲望は満たすことができました。

思いがけず2日連続のトマトスープになってしまいましたが、トマトのうまみってこういう簡単なスープになると俄然威力を発揮するような気がします。

手の込んだ鶏肉やソーセージのトマト煮込み、なんていうのも美味しいけど、ちょっとだけ汁物欲しいな、という時に肉の茹で汁やガラスープを使ってちゃちゃっとできるトマトスープ、お気に入りです。

 




関連記事

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩酌ネタをここらで投下します。

記事を読む

休肝日のメニュー

抜歯で休肝日の晩ご飯 餃子入り野菜スープとぬか漬け。

以前も何度か休肝日のメニューについて書いたことがありました。 関連 休肝日の鶏出汁こん

記事を読む

新玉ねぎと卵の炒めもの

新玉ねぎと卵の炒めもの、生かぶサラダ献立。

オニオンスライスに続いて、こちらの新玉ねぎメニューの定番、卵炒めです。 さば水煮缶と新

記事を読む

ワインで家飲み アンチョビドレッシングのサラダ。

本日月曜日は休肝日かつ休胃日。 週末は外食することも多いし、早い時間から簡単なつまみと

記事を読む

七賢淡麗純米

山梨の酒 七賢 淡麗純米で晩酌 あさりともやしのスープ、焼き春キャベツ。

順調に関東地方を攻略中でございます。 関連 勝手に日本酒全国ツアー そろそろ次の

記事を読む

豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒め献立。

現在わたくし本体はベトナムでごくごくビールを飲んでおります。 ベトナム一人旅、タンディン教

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

ゴーヤチャンプルー 、海苔のすまし汁で家飲み。

よくよく考えれば「吸いもの」とか「おすまし」ってネーミング、すごい。 改めて調べてみる

記事を読む

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め献立

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

そういや牡蠣を食べるのをすっかり忘れておりました。 と言っても、外食ではちょくちょく食べて

記事を読む

アッシパルマンティエで赤ワイン

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫

記事を読む

玉乃光 28pf 2019

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

お久しぶりです。京都です。 勝手に日本酒全国ツアー 相変わらず晩酌はちびちびとや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑