茄子の甘酢炒め、ゴーヤの梅和え。

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 家飯, 食べること

150826d7

寒さにめげずに夏野菜大会。

買い物に行かなかったので何をどうしてやろうかといろいろ考えたのですが、多少の予定変更を余儀なくされました。

こう雨が冷たいと、どうしてもあったかいものが欲しくなるもんねえ。

というわけでサラダをスープに、焼き野菜を煮物に。




茄子の甘酢炒めで家飲み

茄子の甘酢炒め

  • 糠漬け
  • トマトと葱のスープ
  • ゴーヤの梅和え
  • 蕪の煮物
  • 茄子の甘酢炒め

糠漬け

糠漬け

本日の糠漬けはセロリ、茄子、オクラの3種盛り。

トマトと葱のスープ

トマトと葱のスープ

鶏ガラスープで葱とトマトを煮て塩胡椒するだけの簡単スープ。ザーサイで和えてサラダにするつもりが寒さに負けました。

ゴーヤの梅和え

ゴーヤの梅和え

薄切りにしてサッと茹でたゴーヤを叩いてごま油で溶いた梅干しで和えたもの。苦くて酸っぱいおつまみ。

蕪の煮物

蕪の煮物

塩、みりん、醤油で味付けした昆布出汁で蕪と油揚げを煮たもの。蕪を焼いてどうこうしようと思っていたのですが、これまた寒さに負けて汁っぽいものに変更。

茄子の甘酢炒め

茄子の甘酢炒め

茄子をゆっくり炒めたところに塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけた豚肉を入れて炒めあわせます。火が通ったら砂糖、醤油、酢、酒を合わせた甘酢と潰したにんにくを加えて少し煮詰めて完成。千切りの大葉をたっぷりのせました。とろっとした茄子と甘酢って合うよねえ。豚肉がなくても十分美味しい。

和食のような中華のような、なんだか妙な折衷案になってしまった晩酌メニュー。夏野菜がたくさんあるけど、ちょっとあったかいものも食べたいな、もちろん酒は飲みますよ、という欲望は満たすことができました。

思いがけず2日連続のトマトスープになってしまいましたが、トマトのうまみってこういう簡単なスープになると俄然威力を発揮するような気がします。

手の込んだ鶏肉やソーセージのトマト煮込み、なんていうのも美味しいけど、ちょっとだけ汁物欲しいな、という時に肉の茹で汁やガラスープを使ってちゃちゃっとできるトマトスープ、お気に入りです。

 






関連記事

150114d3

キャベツと塩鮭の昆布蒸し鍋で家飲み一人鍋。

家を空ける前なので食材を買い込みたくない今夜。 豆腐と葱が残っていたので鱈豆腐がいいか

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

鰺のたたき

鰺のたたき、きくらげとザーサイの冷奴で日本酒。

今夜は冷しゃぶにでもしようかな。 と思いつつ鮮魚売り場も念のため巡回していると、まるっ

記事を読む

牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮、蕪のトリュフ風味温サラダでワイン。

久しぶりじゃないか、おい。 以前は週末にワインを飲みたくなる病を患っていたもので金曜、

記事を読む

晩酌メニュー

晩酌献立 5/19 ゴーヤチャンプルー、キムチ奴。

基本的に食材のストックは持たない主義ですが、スーパーで思わぬ出会いがあった時にはそれなりに迷

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

灘の酒蔵巡り その4. 白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

140901d

一人晩酌 9/1 豚の蒸し鍋、レンコンとにんじんのきんぴら。

週末は立て続けに外食して、しかもがっつりフレンチとかいっちゃったものだから、心なしか体が重い

記事を読む

セロリときのこの塩炒め

セロリときのこの炒めもの、豚汁献立。

日々の晩酌を記録しているからといってこんなものまで書き残しておく必要はあるのだろうかとふと疑

記事を読む

bee

セブ島の食と物価 2015。

By: Chris Potter[/caption] 東京にいる時は毎晩自炊の私。野菜たっぷ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-diary-122
オリジナリティにこだわらない。

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こう

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。セブ日記 11

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑