鯖納豆、にんじんの卵炒め献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さば納豆献立

使い勝手の良い食材ばかりが手元にあると、どう使ってもそれなりの献立が構築できるので、それはそれで、迷う。

新玉ねぎはサラダにしたけれど、味噌汁に入れてもいいし、卵と炒めてもいいし、鯖缶と合わせたっていいんですから。

鯖と新玉ねぎのサラダ、焼き海苔の味噌汁献立。

白菜と油揚げは煮びたしにして、納豆とねぎで味噌汁にしたっていいんですから。

鯖納豆、にんじんの卵炒めで晩酌

さば納豆献立

  • 白菜と油揚げの味噌汁
  • セロリの浅漬け
  • 新玉ねぎの梅和え
  • にんじんの卵炒め
  • 鯖納豆

白菜と油揚げの味噌汁

白菜と油揚げの味噌汁

本日の味噌汁は白菜と油揚げ、出汁はいりこです。

新玉ねぎの梅和え

新玉ねぎの梅和え

薄切りにして水にさらした新玉ねぎと千切りの大葉を叩いた梅肉、酢、香りづけ程度の少量のしょうゆで和えたサラダ。

にんじんの卵炒め

にんじんの卵炒め

千切りにしたにんじんをフライパンで炒め、しんなりしたら薄切りにしたねぎを加え、塩、胡椒で味付けし、溶き卵を流し入れざっと混ぜて蓋をして弱火で蒸します。最後に酒で風味をつけ全体を混ぜ合わせれば完成。

鯖納豆

さば納豆

缶詰の鯖水煮と納豆、たっぷりのねぎを合わせたもの。鯖の塩気があるので納豆の味付けは軽めのしょうゆと辛子で。

今日は一応純和風にまとまったので、軽く冷やした純米酒を添えて。納豆と日本酒。白飯に合うものは日本酒にも抜群説を証明する正しい組み合わせですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

せっかくなので、もう1パターン行きましょうか。

新玉ねぎと油揚げは味噌汁に、にんじんは塩とごま油でナムルに。納豆にはみじん切りにしたセロリの浅漬けを混ぜ込んで卵を落とし、ポリポリくる歯応えのアクセントを楽しみ、白菜と鯖を煮込んでポン酢をたらり。なんてメニューはどうでしょうね。全然アリですね。

改めて考えてみると『普通の食材×普通の調理法』の可能性というヤツが無限すぎて震えます。平凡ってのも案外悪くないじゃないかと、平凡な私に平凡なお野菜たちがやさしく語りかけてくれているような気さえする今日この頃です(適当)。

 




関連記事

鰤カマと白ネギの昆布蒸し

ぶりと白ネギの昆布蒸し、生ひじきの梅サラダ献立。

帰省中にぶりしゃぶを食べたんですよ。 美味しいよねえ、ぶりしゃぶ。 脂の乗ったぶ

記事を読む

ニラときくらげの卵炒め献立

ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに登場頻度が多い気がするきくらげ

記事を読む

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

かつおの竜田揚げ献立

かつおの竜田揚げ、えのきの梅おろし献立。

久しぶりに食べたたたきは旨かったけれど、さすがに1食で消費できる量ではありませんでした。

記事を読む

パン飲み上等!神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その4. 台南駅 台鐵素食便當。

台南での街歩きを堪能した後、ここからの経路を考える。 当初のなんとなくの予定では台南の

記事を読む

一人晩酌 9/4 鶏もも肉のウスターソース焼き、小松菜に煮浸し。

午後になると毎日 「今日は何で呑もうかなあ…」 と、冷蔵庫の中身を反芻しながら考

記事を読む

赤丹

神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

関東地方コンプリート! 近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダー

記事を読む

海老とセロリの卵炒め献立

海老とセロリの卵炒め、トマトと豚肉のしょうがスープ献立。

野菜ひとつと卵を炒める。というシンプルな手法が結構好きです。 卵のお相手となるのは白ね

記事を読む

キャベツとしらすのアーリオオーリオ

休肝日ごはん キャベツとしらすのアーリオオーリオ。

週の初めは休肝日。日・月と2日連続ノンアルコールで過ごしています。 基本はごはんものが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑