鯖納豆、にんじんの卵炒め献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さば納豆献立

使い勝手の良い食材ばかりが手元にあると、どう使ってもそれなりの献立が構築できるので、それはそれで、迷う。

新玉ねぎはサラダにしたけれど、味噌汁に入れてもいいし、卵と炒めてもいいし、鯖缶と合わせたっていいんですから。

鯖と新玉ねぎのサラダ、焼き海苔の味噌汁献立。

白菜と油揚げは煮びたしにして、納豆とねぎで味噌汁にしたっていいんですから。

鯖納豆、にんじんの卵炒めで晩酌

さば納豆献立

  • 白菜と油揚げの味噌汁
  • セロリの浅漬け
  • 新玉ねぎの梅和え
  • にんじんの卵炒め
  • 鯖納豆

白菜と油揚げの味噌汁

白菜と油揚げの味噌汁

本日の味噌汁は白菜と油揚げ、出汁はいりこです。

新玉ねぎの梅和え

新玉ねぎの梅和え

薄切りにして水にさらした新玉ねぎと千切りの大葉を叩いた梅肉、酢、香りづけ程度の少量のしょうゆで和えたサラダ。

にんじんの卵炒め

にんじんの卵炒め

千切りにしたにんじんをフライパンで炒め、しんなりしたら薄切りにしたねぎを加え、塩、胡椒で味付けし、溶き卵を流し入れざっと混ぜて蓋をして弱火で蒸します。最後に酒で風味をつけ全体を混ぜ合わせれば完成。

鯖納豆

さば納豆

缶詰の鯖水煮と納豆、たっぷりのねぎを合わせたもの。鯖の塩気があるので納豆の味付けは軽めのしょうゆと辛子で。

今日は一応純和風にまとまったので、軽く冷やした純米酒を添えて。納豆と日本酒。白飯に合うものは日本酒にも抜群説を証明する正しい組み合わせですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

せっかくなので、もう1パターン行きましょうか。

新玉ねぎと油揚げは味噌汁に、にんじんは塩とごま油でナムルに。納豆にはみじん切りにしたセロリの浅漬けを混ぜ込んで卵を落とし、ポリポリくる歯応えのアクセントを楽しみ、白菜と鯖を煮込んでポン酢をたらり。なんてメニューはどうでしょうね。全然アリですね。

改めて考えてみると『普通の食材×普通の調理法』の可能性というヤツが無限すぎて震えます。平凡ってのも案外悪くないじゃないかと、平凡な私に平凡なお野菜たちがやさしく語りかけてくれているような気さえする今日この頃です(適当)。

 




関連記事

あみエビのだし巻き

あみエビと三つ葉のだし巻き、にら納豆献立。

あみエビ連投する中で、せっかくだから卵は焼いておこうかなと思っておりました。 景気良く

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

せせり塩焼き献立

せせり塩焼き、モロヘイヤのおひたし献立。

今ではすっかり希少食材となってしまったせせり。以前は頻繁に食べてたんだけどなあ。 家飲

記事を読む

ヤーコンつくねおろし添え

ヤーコンつくねおろし添え、キャベツとえのきのわさび和え献立。

ヤーコンメニュー第二弾です。ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立

記事を読む

金目鯛のかぶと煮、なすのねぎ塩和えで晩酌

金目鯛のかぶと煮、蒸しなすのねぎ塩和え献立。

また目が合ってしまった。 どうして私はこうも魚のあらに弱いのでしょうか。 大根と

記事を読む

砂肝のポン酢漬け、キャベツステーキ。

週末は街へ繰り出して、友達と豪華なディナー! なんて、誰が決めたのでしょうか。

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりしたオーブン料理なんかで赤ワインを

記事を読む

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

普段は手に取らない食材も積極的に試しましょう。などと言っておきながらこの体たらく。 メ

記事を読む

なすとひき肉の塩炒め

なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出ないなんてことはまずありません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑