にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

にんじんしりしり献立

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食べたくなります。

しかし、むしゃむしゃいくとなると私の前に「千切り」という苦行が待ち構えているので、正直怯む。

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

乗り越えた暁には、よろこびが待っているとわかっているからできる苦行です。

にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和えで晩酌

181003_ienomi_3

  • かぶの味噌汁
  • ぬか漬け
  • セロリの白和え
  • にんじんとツナの卵炒め

かぶの味噌汁

かぶの味噌汁

かぶと油揚げの味噌汁。出汁は昆布といりこのダブル出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶの葉、にんじん、キャベツ、ごぼう。

セロリの白和え

セロリの白和え

刻んだセロリの葉を塩もみして水分を絞り、ごま油を加えたもものを崩した豆腐で和えた簡単白和え。

にんじんとツナの卵炒め

181003_ienomi_1

フライパンに油を熱し、千切りにしたにんじんを入れて炒めます。しんなりしたらツナ、薄切りにしたねぎ、溶き卵を投入。胡椒としょうで味付けして蓋をして、卵が固まったら完成。軽く混ぜてうつわに盛ります。

いつもは塩味で仕上げることの多いにんじん炒め。今日は白和えが塩味だったのでツナの塩気としょうゆで味付けしました。酒は純米酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

千切りじゃなくて大きく切った方が作業はラクなので、千切りはしたくないけどにんじんは食べたい、という気分の時はおとなしく大ぶりカットにて調理します。

にんじんと牛肉の塩煮、かくや和えで家飲み。

にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き、かぼちゃと卵のサラダで家飲み。

でも、こういうおかずを食べると千切りにんじんって優秀だなあと感じます。味はもちろん、千切りって咀嚼した時のもしゃもしゃする食感が楽しいからね。

にんじんはメインとして扱うのがなんとなく難しい食材のような気がするけれど、ツナや卵と合わせればボリュームも出るし、色もキレイ。優秀。調理で余った切れ端はお約束のぬか床行きで、これまた明日以降のお楽しみとなるのです。優秀。ありがとう、にんじん。

毎度毎度千切りと大根おろしの辛さを綴っており、そんなにイヤならしかるべき器具を導入すればいいのではないかと思わなくもないのです。でも、しないのです。おろしはともかく、千切りに関しては徐々に苦しみが小さくなっている気がするからです。そのうち平気になるのではないかと考えての人体実験です。

 




関連記事

葱キャベツ油揚げ、定番食材使い回し。

毎週のことですが、金曜日のシェアハウスはひっそりとしています。 外は雨。それでも若い人たちは街

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

エンサイの香味しょうゆ炒め、キャベツとえびの白和え献立

空芯菜とかつるむらさきとかモロヘイヤとか、熱を入れたらねばりが出る系の青菜全般、好きです。

記事を読む

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いております。調理技術がないことに加え

記事を読む

家飲み献立 10/22 肉じゃが(豚)他全5品で晩酌。

ひえー、寒い。 ここ数日ちょっと気温が高かったので油断していましたが、さむーい。 今

記事を読む

レタスチャーハン

休肝日ごはん レタスチャーハン、ねぎのしょうゆスープ献立。

いずれも非常に家庭的な葉野菜である、レタスとキャベツ。 両方好きだけど、我が家の購入及

記事を読む

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。 茹でた時の皮ってぶるんと

記事を読む

バーニャカウダとワインで一人晩酌。

今日は珍しくランチにへヴィーかつジャンキーなものを食べてしまった。 おかげで少々胃が重

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑