にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

にんじんしりしり献立

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食べたくなります。

しかし、むしゃむしゃいくとなると私の前に「千切り」という苦行が待ち構えているので、正直怯む。

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

乗り越えた暁には、よろこびが待っているとわかっているからできる苦行です。

にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和えで晩酌

181003_ienomi_3

  • かぶの味噌汁
  • ぬか漬け
  • セロリの白和え
  • にんじんとツナの卵炒め

かぶの味噌汁

かぶの味噌汁

かぶと油揚げの味噌汁。出汁は昆布といりこのダブル出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶの葉、にんじん、キャベツ、ごぼう。

セロリの白和え

セロリの白和え

刻んだセロリの葉を塩もみして水分を絞り、ごま油を加えたもものを崩した豆腐で和えた簡単白和え。

にんじんとツナの卵炒め

181003_ienomi_1

フライパンに油を熱し、千切りにしたにんじんを入れて炒めます。しんなりしたらツナ、薄切りにしたねぎ、溶き卵を投入。胡椒としょうで味付けして蓋をして、卵が固まったら完成。軽く混ぜてうつわに盛ります。

いつもは塩味で仕上げることの多いにんじん炒め。今日は白和えが塩味だったのでツナの塩気としょうゆで味付けしました。酒は純米酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

千切りじゃなくて大きく切った方が作業はラクなので、千切りはしたくないけどにんじんは食べたい、という気分の時はおとなしく大ぶりカットにて調理します。

にんじんと牛肉の塩煮、かくや和えで家飲み。

にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き、かぼちゃと卵のサラダで家飲み。

でも、こういうおかずを食べると千切りにんじんって優秀だなあと感じます。味はもちろん、千切りって咀嚼した時のもしゃもしゃする食感が楽しいからね。

にんじんはメインとして扱うのがなんとなく難しい食材のような気がするけれど、ツナや卵と合わせればボリュームも出るし、色もキレイ。優秀。調理で余った切れ端はお約束のぬか床行きで、これまた明日以降のお楽しみとなるのです。優秀。ありがとう、にんじん。

毎度毎度千切りと大根おろしの辛さを綴っており、そんなにイヤならしかるべき器具を導入すればいいのではないかと思わなくもないのです。でも、しないのです。おろしはともかく、千切りに関しては徐々に苦しみが小さくなっている気がするからです。そのうち平気になるのではないかと考えての人体実験です。

 




関連記事

もつ鍋もどき鍋で家飲み。

寒い。 2016年の夏は始まったばかりなのに早くも終焉を迎えつつあるようなこの寒さ。

記事を読む

キャベツの味噌汁 ぬか漬け 砂肝ポン酢漬け きのこのホイル蒸し

きのこのホイル蒸し、砂肝ポン酢漬け献立。

きのこって1種類を焼いたり煮たりもいいけれど、いろんな種類を混ぜて料理すると格段に旨くなりま

記事を読む

塩鶏のホイル蒸し

塩鶏と水菜のホイル蒸し、ベジブロスのキャベツ煮浸し 晩酌献立。

人はなぜ食材を包むのか。 それは、蒸すからだ。 材料切って包むだけのホイル蒸しっ

記事を読む

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

切り昆布の煮もの

切り昆布の煮もの、青菜のおろし和え献立。

久しぶりに切り昆布を手にとる。 昆布の煮ものっていいですね。何せ、出汁を取らなくていい

記事を読む

たらと白菜のしょうが煮、しらすとピーマンの酒煎り献立。

昨日に引き続いて本日も鱈。 なんのことはない、2切れ買ったからです。鱈連打です。

記事を読む

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。 人間は、などと無駄に主語を大

記事を読む

休肝日ごはん 豚汁、かぶのしょうが炒め献立

酒を飲む人はどれくらいの頻度で休むのか。

休肝日ならぬ、休肝週を久しぶりに敢行。 酒を飲まない夜はそれ自体を「もの珍しいイベント

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトと卵の炒めもの、青梗菜のしょうがスープ献立。

霧雨が降っているし、なんとなく肌寒いからスープでも投入しますかね。 そんな風に感じた火曜日

記事を読む

ねぎ焼きそば

香港・上環 安利製麺の鶏蛋麺でねぎ焼きそば。

昨年末、フィリピンからの帰り道にふらりと立ち寄った香港で、自分土産として麺を買い求めておりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑