さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

公開日: : 最終更新日:2021/06/05 家飯

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

残りもののあいこちゃんを、味噌汁にしていただきます。

味噌汁に鯖…。うへぇ、と一瞬怯みそうになりますが、よくよく考えれば魚類入りの汁ものなんて特に珍しくはありません。粕汁とかね。

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし献立。

粕汁よりもずっと手軽な鯖水煮缶を使った味噌汁。難点は、ビジュアルの恐ろしさでしょうか。

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立
  • さばの味噌汁
  • レッドキャベツ の甘酢漬け
  • キャベツの梅おかか和え
  • ピーマンと卵の炒めもの

さばの味噌汁

さばの味噌汁

鯖水煮缶を汁ごと鍋に入れ、水で薄め、拍子木切りにして下ゆでした大根と一緒に煮ます。控えめ量の味噌を溶き入れうつわに盛り、大葉の千切りとおろししょうがをのせます。

レッドキャベツの甘酢漬け

レッドキャベツの甘酢漬け

本日も登場レッドキャベツ の甘酢漬け。あまりに気に入ってしまい追加で仕込んだのでした。

キャベツの梅おかか和え

キャベツの梅おかか和え

ゆでたキャベツは水分をしぼってざく切りにし、叩いた梅干し、鰹節、酢で和えます。

ピーマンと卵の炒めもの

ピーマンと卵の炒めもの

フライパンに油を熱し、塩ひとつまみ加えた溶き卵を入れ、ふんわり炒めて一旦取り出します。同じフライパンで輪切りにしたピーマンを炒め、塩、胡椒で味付けしたら卵を戻し入れます。酒を振り入れてざっと混ぜる程度に炒めたら完成。

フォーメーション的にも今夜のメインは卵炒め。ではありますが、味のインパクトとボリューム感を考慮すると味噌汁が主役ですね。

しっかり味で具沢山の味噌汁と、薄味に仕上げた炒めもの、そして葉野菜もりもり副菜で、好みのバランスに仕上がりました。添えるはいつもの純米酒。

日本酒にあうおつまみレシピ

鯖缶の塩気があるので味噌の量を控えめにする。それ以外は何ら難しいことはなく、手軽で旨いさばの味噌汁。でも、黒い皮がぷかぷか浮かぶビジュアルがちょっと恐ろしいですね。皮とわかればああ、了解。となるけれど、得体の知れない汁もの感ただよう見た目ではあります。

魚の味噌汁といえば、余ったアラ部分で出汁を取ることもしばしばです。

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

青魚ぶち込み出汁とはなんて乱暴な、と最初は思ったものですが、頭も捨てる前に煮出せばちゃんと出汁になるので重宝します。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

紅芯大根と貝割れのサラダ

紅芯大根と貝割れのサラダ、粕汁献立。

昨日と内容はほとんど変わらない晩酌献立ですが、せっかく写真があるので書いておきましょう。

記事を読む

茄子とひき肉のグラタンに卵を入れて

ワインで家飲み 茄子とひき肉のグラタン。

茄子が余ってるからこれでワインを呑もうと決めた週末。 何にするかなと考えてまたまたグラ

記事を読む

キャベツの塩昆布炒め献立

キャベツの塩昆布炒め、わさびオイル納豆献立。

しょっぱいものが好きです。 やたらと塩気がキツいものが好き、というよりも、輪郭のはっき

記事を読む

家飲み献立 12/19 レトロドールに赤ワイン。

夕方頃に有楽町にいたので、ふと思い立ってふらふらと東京駅まで歩いてしまいました。 お目当て

記事を読む

ねぎ入り卵焼き献立

いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年が経過しました。最近はだいたい

記事を読む

キャベツ入り卵焼き献立

キャベツ入り卵焼き、なすとねぎのサラダ献立。

関西人らしくお好み焼きが好きなのですが、家では作りません。 春日野道 お好み焼き「えみ

記事を読む

春雨レシピ 11/2 エスニックな鶏春雨スープ。

連休中日。 あれ?今夜は少し暑くないですか? 「暑い」っていうのは言いすぎかもし

記事を読む

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

焼きかぶ

焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお得感から、ついつい手に取ってし

記事を読む

にじますのちゃんちゃん焼き

にじますのちゃんちゃん焼き献立。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考えました。にじますホイル焼き、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑