豚の梅しそ蒸し、きのこのホイル焼き献立。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

きのこのホイル焼き

今季初すだちを入手。

すだちってすごいよね。こんなに小さいのをキュッと絞るだけでああ秋だなあなんて感じ入ってしまう。レモンやらライムやらシークワーサーなんて柑橘系はどちらかというと夏を連想させる酸っぱさらだけれど、すだちは俄然秋、秋の香り。

秋っぽさを増幅させるためにきのこにぎゅっといきました。

きのこなんて今時一年中食べられるけれど、きのこにすだちはやっぱりこの時期に食べたい組み合わせのような。

豚の梅しそ蒸し、きのこのホイル焼きで晩酌

豚肉の梅しそ蒸し

  • ぬか漬け
  • かまぼこ
  • 青梗菜の生姜和え
  • きのこのホイル焼き
  • 豚肉の梅しそ蒸し

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、おくら、なすの3種盛り。奥にあるのは大根、ではなくてかまぼこです。柚子胡椒でも添えようかと思ったのだけれど塩分過多だわと思いとどまりそのままで。

青梗菜の生姜和え

青梗菜の生姜和え

茹でた青梗菜をおろし生姜、ごま油、醤油を混ぜ合わせたタレで和えたもの。

きのこのホイル焼き

きのこのホイル焼き

薄切りにしたエリンギをアルミホイルに並べ酒と塩を振り、くるっと包んでトースターで10分ほど焼きます。食す直前にすだちをぎゅっと絞って。

豚肉の梅しそ蒸し

豚肉の梅しそ蒸し

叩いた梅肉とみじん切りの大葉を酒とみりんで伸ばした梅ペーストを薄切りの豚肉に塗り重ねていきます。重ねた豚肉をフライパンに並べ酒を振りかけて蓋をして蒸します。肉に火が通ったところでたっぷりの白髪葱を加えさっと蒸したら完成。蒸し汁も一緒に器に盛って完成。

とにかく梅干しが好きで、毎日のように和えものやらドレッシングに使っています。もちろんご飯のお供としても好きだし、出汁のきいた薄味の温うどんに浮かべたりめんつゆにといてそうめんを食べるのも外せないやり方。そしてこんな風に肉や魚との相性もいいなんて、梅干しってなんてできる子なんでしょう。こりゃ酒も進みます。

きのこのホイル焼きのすだちとに梅しそ蒸し、さらにぬか漬けと気づけば酸味だらけになってしまいました。が、それぞれの酸味は種類が異なるので問題なし。酸っぱいアテで飲むのもまたいいもんです。すだちときのこのおかげで秋っぽさも味わえるしね。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日のメイン料理、元ネタは栗原はるみさんの「ごちそうさまが、ききたくて。」のレシピ。これ、もう20年以上前の本なんですね。さすがに写真やテーブルセッティングなどは若干時代を感じるものの、レシピ自体は今でも多くの家庭に並んでいるであろう飽きのこない料理ばかり。こういう流行り廃りのない、奇をてらわない普通の家庭料理ってやっぱり強い。

この料理は栗原さんがわけもなく千切りが好きで生まれた料理、という項目で紹介されているのですが、そりゃ心底羨ましい限り。根っからの無精者の私は千切りとかみじん切りとか大根おろしが以前ほどではないけれど本当に苦手。なのに白髪葱も葱のみじん切りも千切り人参も大根おろしも大好物というジレンマを抱えて生きている。

好きなことのためには嫌いなことも乗り越える、を今日も実感するのでありました。

 




関連記事

豚肉とキャベツのソース炒め

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べない

記事を読む

鶏団子ときのこのスープ

鶏団子ときのこスープ、ふだん草のおひたし献立。

珍しく結構なボリュームのランチを食べてしまった日の夕方、当然お腹が全然減らない。 減ら

記事を読む

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

奥さん、6月です。 というか、いきなりの暑さにもう夏が来たのかと思いましたね。いや、6

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたのは昨日のこと。 が、今確

記事を読む

たぬき豆腐の玉子とじ献立

たぬき豆腐の卵とじ、なめことわかめの味噌汁献立。

またてんぷら屋さんで揚げ玉をもらいました。 関連 たぬき豆腐、大根と塩昆布のサラダ献立

記事を読む

手羽元と大根の煮物

ぬか漬けリメイク 手羽元と大根の煮物、おつまみ奴。

昨日は騒音で目が覚めました。 寝ぼけた頭でうるさいなあ、でもこの音よく知ってる音だ、なんだ

記事を読む

にら玉

別々にら玉、トマトとねぎのニョクマム風味スープ献立。

無性ににら玉が食べたくなる。 ちょうど豚ばら肉も余っているなんて、好都合ではありません

記事を読む

海老とそら豆の塩炒め

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量

記事を読む

豚肩ロースステーキ赤ワインソース

豚肩ロースのソテー赤ワインソースと赤ワイン。

年末にスペインへ旅をして再認識したのだけど、ワインを飲みましょうという場面では俄然赤より白に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑