豚の梅しそ蒸し、きのこのホイル焼き献立。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

きのこのホイル焼き

今季初すだちを入手。

すだちってすごいよね。こんなに小さいのをキュッと絞るだけでああ秋だなあなんて感じ入ってしまう。レモンやらライムやらシークワーサーなんて柑橘系はどちらかというと夏を連想させる酸っぱさらだけれど、すだちは俄然秋、秋の香り。

秋っぽさを増幅させるためにきのこにぎゅっといきました。

きのこなんて今時一年中食べられるけれど、きのこにすだちはやっぱりこの時期に食べたい組み合わせのような。




豚の梅しそ蒸し、きのこのホイル焼きで晩酌

豚肉の梅しそ蒸し

  • ぬか漬け
  • かまぼこ
  • 青梗菜の生姜和え
  • きのこのホイル焼き
  • 豚肉の梅しそ蒸し

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、おくら、なすの3種盛り。奥にあるのは大根、ではなくてかまぼこです。柚子胡椒でも添えようかと思ったのだけれど塩分過多だわと思いとどまりそのままで。

青梗菜の生姜和え

青梗菜の生姜和え

茹でた青梗菜をおろし生姜、ごま油、醤油を混ぜ合わせたタレで和えたもの。

きのこのホイル焼き

きのこのホイル焼き

薄切りにしたエリンギをアルミホイルに並べ酒と塩を振り、くるっと包んでトースターで10分ほど焼きます。食す直前にすだちをぎゅっと絞って。

豚肉の梅しそ蒸し

豚肉の梅しそ蒸し

叩いた梅肉とみじん切りの大葉を酒とみりんで伸ばした梅ペーストを薄切りの豚肉に塗り重ねていきます。重ねた豚肉をフライパンに並べ酒を振りかけて蓋をして蒸します。肉に火が通ったところでたっぷりの白髪葱を加えさっと蒸したら完成。蒸し汁も一緒に器に盛って完成。

とにかく梅干しが好きで、毎日のように和えものやらドレッシングに使っています。もちろんご飯のお供としても好きだし、出汁のきいた薄味の温うどんに浮かべたりめんつゆにといてそうめんを食べるのも外せないやり方。そしてこんな風に肉や魚との相性もいいなんて、梅干しってなんてできる子なんでしょう。こりゃ酒も進みます。

きのこのホイル焼きのすだちとに梅しそ蒸し、さらにぬか漬けと気づけば酸味だらけになってしまいました。が、それぞれの酸味は種類が異なるので問題なし。酸っぱいアテで飲むのもまたいいもんです。すだちときのこのおかげで秋っぽさも味わえるしね。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日のメイン料理、元ネタは栗原はるみさんの「ごちそうさまが、ききたくて。」のレシピ。これ、もう20年以上前の本なんですね。さすがに写真やテーブルセッティングなどは若干時代を感じるものの、レシピ自体は今でも多くの家庭に並んでいるであろう飽きのこない料理ばかり。こういう流行り廃りのない、奇をてらわない普通の家庭料理ってやっぱり強い。

この料理は栗原さんがわけもなく千切りが好きで生まれた料理、という項目で紹介されているのですが、そりゃ心底羨ましい限り。根っからの無精者の私は千切りとかみじん切りとか大根おろしが以前ほどではないけれど本当に苦手。なのに白髪葱も葱のみじん切りも千切り人参も大根おろしも大好物というジレンマを抱えて生きている。

好きなことのためには嫌いなことも乗り越える、を今日も実感するのでありました。

 






関連記事

秋刀魚のしょうが煮

秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全てクリアしたいよね。ということで

記事を読む

蒸し鶏 献立

蒸し鶏の葱ザーサイのせ、焼き白菜。

早朝に英会話レッスンの予約を入れていた今朝。 なんとなく、目覚めた時にお勤めしていた頃の気

記事を読む

141201d6

家飲み献立 12/1 豚と葱の生姜蒸し、かぼちゃのにら醤油ソテー他全5品で晩酌。

師走らしく本格的な冷え込みが到来、という予報が出ていたのでぶるぶる震えながら警戒していた月初

記事を読む

豚肉の肉吸い

肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので晩酌。

肉吸い、という食べものをご存知でしょうか。平たく言えば肉うどんのうどんぬきスープ。蕎麦屋にお

記事を読む

焼き茄子とトマトのサラダ献立

一人暮らしの晩酌メニュー 5/17 焼き茄子とトマトのサラダ、韮と蒸し鶏の和え物。

帰宅が少々遅くなったので軽く済まそう、と考えた夜のメニュー。 本日調達したのはトマトと

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

アボカドの家飲みつまみ たことアボカドのサラダ。

野菜一種と卵を組み合わせる炒めものは頻繁に登場する定番メニューです。 ネギ、トマト、玉

記事を読む

豚薄切り肉レシピ

晩酌献立 9/30 蕪の葉と豚肉の生姜ポン酢和え、きのこと豆腐のスープ。

無駄に葉野菜が好きなのですが、安く出ているとついつい手に取ってしまうのが蕪。 葉と本体

記事を読む

尾の身塩焼き

まぐろ尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになっ

記事を読む

coldbeer

一人暮らしの家飲みメニュー 7/24 きくらげと白葱の和えもの他5品。

夕方、光化学スモッグ注意報が出ましたね。 いきなり放送が流れ出したのでちょっとビビリました

記事を読む

分葱の納豆和え

晩酌献立 分葱の納豆和え、春菊のサラダ。

休肝日明けの晩酌です。 週末は外食が多くなるからか、はたまた胃と肝臓を休ませる影響なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑