砂肝の塩焼き、にんじんとわかめのナムル。

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 家飯, 食べること

ビール 晩酌 おつまみ

砂肝、砂ずり。

個人的には焼き鳥屋の品書きで記されている印象の強い「ずり」がしっくりくる。

が、どの名称がメジャー扱いになるかは地域によって異なるらしいです。東日本では砂肝、西日本では砂ずり、と呼ぶことが多いのだとか。

砂肝はその見た目に反して下処理がほぼいらないというのがなんとも手軽でいいですね。レバーなんかに比べると断然手軽。経済的でもちろん美味しいし、なかなか優秀だと思われます。

砂肝の塩焼きで晩酌

砂肝塩焼き 献立

  • 糠漬け
  • にんじんとわかめのナムル
  • ニラのナンプラーおひたし
  • なめこ納豆
  • 砂肝の塩焼き

糠漬け

糠漬け サラダ代わり

今日の糠漬けはにんじん、大根、茄子、オクラの4種盛り。かなりの浅漬けなのでサラダ感覚でむしゃむしゃいきます。珍しく綺麗な茄子紺をキープできた。

にんじんとわかめのナムル

にんじんとわかめのナムル

さっと茹でたにんじんとわかめをごま油、にんにく醤油、酢、いりゴマで和えたもの。

ニラのナンプラーおひたし

ナンプラーおひたし

ナンプラー、酢、鷹の爪で作ったタレで茹でたニラを味付けしたおひたし。

なめこ納豆

なめこ豆腐

茹でたなめこと納豆をあわせたねばねばおつまみ。大葉をたっぷり入れました。

砂肝の塩焼き

砂ずり塩焼き

適当な大きさに切った砂肝に塩胡椒を振ってフライパンで炒めるだけ。塩焼き、じゃなくて塩炒め、ですね。あいにくレモンを切らしていたので柚子胡椒を添えました。

何しろ暑かったので久しぶりに最初から最後までビールで通すぞ、と決めた上での晩酌おつまみメニュー。ニラのおひたしにナンプラーを使ったのもビールに寄せる作戦の一環なのでした。

砂肝を調理する時はただ単にざくざく切るだけ、という処理をするパターンが多いのだけど、今回はなんとなく銀皮と本体(?)に分けてから炒めてみました。

うーん、私は銀皮つきの砂肝のほうが歯応えがあって好きだなあ。
銀皮取っちゃうとちょっと物足りなくなるというか頼りなくなるというか。逆にお子さんやお年寄り向けには銀皮を取ると食べやすくなってよさそう。あとは完全に好みの問題ですね。美味しくてビールが進むことに変わりはありません。

しかし、エアコン設定温度30℃がこんなに涼しく感じるとは…。

 




関連記事

たこじゃが

たこじゃが、おくら奴で家飲み。

またじゃがいもです。 たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみ

記事を読む

家飲み献立 10/29 葱とじゃがいものグラタンをメインに。

ここ数ヶ月の間、ほぼ毎日のように家飲みメニューを写真とともに綴っているからか、最近は肉豆腐と

記事を読む

休肝日のメニュー

抜歯で休肝日の晩ご飯 餃子入り野菜スープとぬか漬け。

以前も何度か休肝日のメニューについて書いたことがありました。 関連 休肝日の鶏出汁こん

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し

一人晩酌献立 鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し、水菜と油揚げのサラダ。

週末に外食が続いたせいか、山盛りの野菜が食べたくて食べたくて。 そうでなくても基本葉野菜を

記事を読む

家飲み献立 12/2 鶏肩肉の香味ダレ、白菜とツナの蒸し煮他全5品。

冷え取り対策のウォーキングに出かけていて発見してからとても気に入って通っているスーパー。そこ

記事を読む

新年に考える今年の食計画。

1週間ぶりに自宅に戻ったので、毎度おなじみきのこスープで体内のご機嫌を伺いました。 旅

記事を読む

きくらげとねぎの卵炒め献立

きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨い。 いや、旨いのは団子

記事を読む

大阪の酒 秋鹿

大阪の酒 秋鹿 純米無濾過生原酒で晩酌 鶏のくわ焼き、小松菜の梅おろし和え。

愛知が飛んでいるのを気にかけつつ関西を攻めております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

テイクアウト界隈がエラいことになっていた。

先日、珍しくテイクアウトを利用しました。楽天リアルタイムテイクアウト経由でさくっとオーダー

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑