10年間顔が変わらないのはイヤだという主張。

公開日: : 最終更新日:2017/08/11 健康と美容, 旅人への道

passport

10年もこの顔を持ち続けるのは嫌!

友人Mはそんな理由で常にブルーのパスポートを選ぶという。

5年ごとに切り替えはめんどくさいし更新費用もかかるじゃん、と思ってしまうケチな私でも、2007年に切り替えたパスポートをじっと見ているとMの気持ちがわかるような、わからないような。

行かなきゃ行かなきゃ、と思いつつ放置していたパスポート。ようやく更新申請をしてきました。

証明写真用のメイクを施す

申請窓口に向かう日に、証明写真を準備しました。

もともとメイクに関心が高いほうではなく、高度なテクニックも持っておりません。しかしこれから10年使い続けるパスポート、ここはちょっと気合いの入った証明写真を撮ってやろうじゃないか、と起床するなりむくみとりマッサージを施し、年々薄ぼんやりとして締まりのなくなってきた表情に喝を入れるべく、いつもより濃いめに目鼻口を書く。

そういや冒頭の友人Mは、年々目が小さくなってくるのが気になってここ数年はずっとつけまつげを愛用していると言ってたっけ。日本人離れしたくっきりはっきりな顔立ちの彼女の瞼には濃密なつけまつげが似合うけれど、のっぺりとした顔の私が同じことをしても新宿二丁目感が際立つだけで著しい効果はなさそうなので、申し訳程度に上下にアイラインを入れるなどの小細工に励む。

最近はもっぱら最低限のシンプルメイクが定番のわたくし。

関連 最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

ちょっとアイラインを濃くしただけでもなんだか舞台用メイクみたいでコワイけど、まあ写真だしね、これくらいはね。

証明写真にがっかりする

いそいそと近所に設置されたセルフ証明写真ボックスに出向き、何やら盛ったり飛ばしたりできる追加オプションはケチらしくスルーし、撮り直しを駆使し、出来上がった写真を見てがっかりする。

もっと濃く書いてもよかったのか。

鏡をみる限りでは少々濃すぎたかしらなんて思っていたメイクも、証明写真の前では一切の効果は発揮されず。写っているのはご近所買い出し時のメイクと何ら変わりないぼんやりした顔でした。

いくらメイクしたところで、元の顔は一緒なんだから大きく変わらないかもしれないけどさ。それにしても、もうちょっとこう、なんかあっただろうに。

10年だもんなあ、この写真の時はまだ30代だったんだもんなあ。

関連 白髪との戦いと10年、20年後の顔。

トホホな気持ちで10年違いの新旧写真を見比べてみて気づく。

10年前のメイクも、十分ヘンだ。

10年前のへんなメイク

肌とか表情なんかはさすがに今より若いような気がするけれど、眉は糸ようじのごとき細さだし、全然似合わないナチュラルベージュのリップが白浮きしていて虚しい。そうそう、確かこの頃、あまり色を使わないヌードカラー系のメイクに妙に憧れていたんだわ。でも、何もかもが肌色と全然合ってないし、色味自体がそもそもおかしいし、見れば見るほど妙ちくりんなことをしているなあと、やっぱりがっかりする。

いつの時代も、証明写真って残酷なものですね。

眉については数年前にマイナーチェンジを施したのでややマシになったものの、それ以外のメイク法は特に変えておらず、工夫もしていない。

関連 40代がきちんとメイクしてもどこかしっくりこない、その原因。

だいたい私、正しいメイク方法を学んだこともなく、ここ30年くらい自己流の自己流でやってきただけだから、いろいろめちゃくちゃなんだろうな。そういや先日GILTのセールで骨やら筋肉の特徴に合わせたメイクレッスンみたいなのが出てたけど、メイク上手な人ってのはこういうところで自分に合ったメイク方法を習ったりしてるのかしら?

まあいいや。とりあえず、この顔と共にこの先10年間は旅しよう。で、10年後の更新時にまた同じようなことを書いてやる。

 




関連記事

睡眠の質を上げるには。やたらと眠れる原因を探る。

By: Ella Mullins[/caption] ここのところえらく快眠で我ながら驚いて

記事を読む

僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。 2004年、まだ

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

休肝日、胃をカラにして考えた。

先日の休肝日は、久しぶりに食事も抜きました。 休肝日設定開始当初はずっと休肝及び休胃日

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

不意打ち3日断食で手に入れたもの(減量以外)。

意に反しての家断食敢行により、体重とウエストサイズにみるみる変化が生じたのはすでにお伝えした

記事を読む

部屋の中に、誰かいる。

By: Craig Leontowicz 本日無事ポロリが完了しました。タコを育む女。歩行時

記事を読む

続ける、やめる。習慣を変えるための簡単な方法。

By: Didriks[/caption] 週に一度は休肝日を作ろうと決心してから早一ヶ月。

記事を読む

Aurora Soho ブランチ

エッグベネディクトブランチに熟成肉ステーキ ニューヨークで食べたもの その2。

ニューヨークの食記録、後編です。 関連 アメリカンスタイル ハンバーガーにホットドッグ

記事を読む

作業効率、環境づくり。動けなくなって改めて考えたこと。

By: Thomas Duesing[/caption] 腰の痛みに翻弄された今週。

記事を読む

神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高松は数年前に仕事で行っています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑