子供のガラクタ、おまけのおもちゃ。

公開日: : ミニマルライフ

小さい折り畳み傘

いつものように日傘を右手に、図書館へ向かう。

図書館の場所はすぐ近く、でもなく、ちょっと遠出、でもない。行くのが億劫になるほどではないけれど、こんな天気の日に返却に行けば必ずや汗ばむだろう、そんな距離感。

トレーニング嫌いの運動不足の身には、ちょうどいい朝の散歩コースであります。

日傘があっても日陰を選んで歩いてしまうのが人の性。少しでも涼しい顔して歩ける道を選びつつ、まだ人気の少ない商店街を抜けて行きました。

女児を必死で追いかける

daikanyama20

いくつ目かの信号の手前、足元でカランと乾いた音が鳴ったので目をやると、何か白いものが落ちていました。確認してみれば、チョコレートの模型がぶら下がったキーホルダー。既に相当の期間使用されたと見え、プリントはところどころハゲており、角もすり減っている。

駄菓子型のキーホルダー、平たく言えば、ただのガラクタ。しかもボロボロ、ほとんどゴミ。

チロルか。
そう思った瞬間、私はそのガラクタおもちゃをひっつかみ、目指す図書館とは別の方向に走り出していたのです。なぜなら、ランドセルを背負った女の子の姿が見えたから。

真夏の暑さをものともせず軽快な小走りで進む女児、チロルを手にもつれる足で女児を追いかける中年女。苦労して間合いを詰めているうちに、あれ?こういう時なんて声かけるんだっけか?と一瞬迷う。

小学生女児に対しての声がけが「すみません」では芸がないし、「ねえ、彼女」はナンパっぽい。かと言って「お嬢さん、お待ちなさい」ではくまさんだ。ここは森じゃない。だいたい女児をヘロヘロになって追いかけている時点で怪しさ満載であるからして「中年女が早朝女子小学生に声をかける事案」にならぬような配慮もすべきだ。

関連 世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

とかなんとか考えているうちに程よい距離感となり、女児の前に回り込み「ねえねえ」とかなんとか声をかけたのでした。結局ナンパか。

子供のガラクタ、おまけのおもちゃ。

遠い昔、私はガラクタを集める女児でした。押入れにしまっていたクッキーの空き箱には、集めたりもらったり拾ったりしたらしいグリコのおまけ的おもちゃが詰まっており、イマドキ(当時)おもちゃは手に入れられないなりに、ガラクタ同然のお宝を使って、さまざまな遊びに興じたものです。

関連 よその子を勝手に可哀想がるの謎。

子供なら誰しもこういうガラクタ的おもちゃが好きかといえばそんな単純なものではなく。パーツが歪で説明書通りに組み立てられないようなおまけを大事にしていた我が子供時代と比べれば、今の玩具はクオリティが高いし、何しろ近頃の子は幼少の砌からパソコンだスマホだタブレットだと大人と同じガジェットを当たり前に使いこなしているのだから、こんな子供騙しのおもちゃで遊んでられるかよ、なんてこともあるかもしれない。

けれど、ガラクタ的おもちゃをガラクタと判断するか、必要なアイテムとしてキープするかはいつだって所有している本人が決めるべきこと。

後ろ姿では4年生くらいかも、と推測していた女の子は顔を見てみればもっと幼く、そうか、最近は大きい子が多いもんね、などと感心しながら件のブツを手渡しました。息も絶え絶え、汗だくで。

突然現れた暑苦しいおばさんに目をまん丸にして驚いた後、はにかみながら小さな声でありがとうと言い、ぺこりと頭を下げて走り去る女児。可愛らしく照れた笑顔から察するに、一番の宝物とまではいかないまでも、手元に戻ってきてよかったとホッとする程度には大切にしているチロルだったのかもね、などと勝手な推測をしたりして。

ミニマリストの持たない暮らし

しかしこんな早い時間にもう顔がドロドロになってしまったわ。アイラインが溶けてパンダになっているやもしれん、と鞄からタオルを取り出しながら足元に目をやると、カンカンに照らされたアスファルトで蝉がこちらに腹を見せながら容赦なく焦げていた。

 




関連記事

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

携帯電話、電子レンジ、なくても困らなかった6つのモノと習慣。

内容は人それぞれではありますが、生活必需品って実はそんなに多くはないものです。 転居を

記事を読む

減らす技術で、もっと小さく価値あることを。

30代の頃はよく、仕事の効率化や時間管理術の本を読んでいました。 仕事はもちろん、人生のあ

記事を読む

要らない機能がついたハンガーを廃止する。

久しぶりに服を捨てたからでしょうか。 女が服を、捨てる時。 現住まいから数えるこ

記事を読む

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

少ない服でおしゃれ、ワンピースは万能か。

夏のワンピースは涼しくていいなあ。 そう気付いたのは割と最近、日本の夏がグッと暑くなってか

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

By: Osamu Kaneko[/caption] 先日家族総出で実家の片づけをしました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

ミニマリスト主婦と、幸せを演じるということ。

みんな大好き、ミニマリスト主婦の定例ご報告です。ミニマリスト

豚肉とにんじんの塩焼き献立
にんじんと豚肉の塩焼き、かぶの梅和え献立。

平日禁酒週間を地味に継続。からの、GWを言い訳に無礼講中です

→もっと見る

PAGE TOP ↑