子供のガラクタ、おまけのおもちゃ。

公開日: : ミニマルライフ

小さい折り畳み傘

いつものように日傘を右手に、図書館へ向かう。

図書館の場所はすぐ近く、でもなく、ちょっと遠出、でもない。行くのが億劫になるほどではないけれど、こんな天気の日に返却に行けば必ずや汗ばむだろう、そんな距離感。

トレーニング嫌いの運動不足の身には、ちょうどいい朝の散歩コースであります。

日傘があっても日陰を選んで歩いてしまうのが人の性。少しでも涼しい顔して歩ける道を選びつつ、まだ人気の少ない商店街を抜けて行きました。




女児を必死で追いかける

daikanyama20

いくつ目かの信号の手前、足元でカランと乾いた音が鳴ったので目をやると、何か白いものが落ちていました。確認してみれば、チョコレートの模型がぶら下がったキーホルダー。既に相当の期間使用されたと見え、プリントはところどころハゲており、角もすり減っている。

駄菓子型のキーホルダー、平たく言えば、ただのガラクタ。しかもボロボロ、ほとんどゴミ。

チロルか。
そう思った瞬間、私はそのガラクタおもちゃをひっつかみ、目指す図書館とは別の方向に走り出していたのです。なぜなら、ランドセルを背負った女の子の姿が見えたから。

真夏の暑さをものともせず軽快な小走りで進む女児、チロルを手にもつれる足で女児を追いかける中年女。苦労して間合いを詰めているうちに、あれ?こういう時なんて声かけるんだっけか?と一瞬迷う。

小学生女児に対しての声がけが「すみません」では芸がないし、「ねえ、彼女」はナンパっぽい。かと言って「お嬢さん、お待ちなさい」ではくまさんだ。ここは森じゃない。だいたい女児をヘロヘロになって追いかけている時点で怪しさ満載であるからして「中年女が早朝女子小学生に声をかける事案」にならぬような配慮もすべきだ。

関連 世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

とかなんとか考えているうちに程よい距離感となり、女児の前に回り込み「ねえねえ」とかなんとか声をかけたのでした。結局ナンパか。

子供のガラクタ、おまけのおもちゃ。

遠い昔、私はガラクタを集める女児でした。押入れにしまっていたクッキーの空き箱には、集めたりもらったり拾ったりしたらしいグリコのおまけ的おもちゃが詰まっており、イマドキ(当時)おもちゃは手に入れられないなりに、ガラクタ同然のお宝を使って、さまざまな遊びに興じたものです。

関連 よその子を勝手に可哀想がるの謎。

子供なら誰しもこういうガラクタ的おもちゃが好きかといえばそんな単純なものではなく。パーツが歪で説明書通りに組み立てられないようなおまけを大事にしていた我が子供時代と比べれば、今の玩具はクオリティが高いし、何しろ近頃の子は幼少の砌からパソコンだスマホだタブレットだと大人と同じガジェットを当たり前に使いこなしているのだから、こんな子供騙しのおもちゃで遊んでられるかよ、なんてこともあるかもしれない。

けれど、ガラクタ的おもちゃをガラクタと判断するか、必要なアイテムとしてキープするかはいつだって所有している本人が決めるべきこと。

後ろ姿では4年生くらいかも、と推測していた女の子は顔を見てみればもっと幼く、そうか、最近は大きい子が多いもんね、などと感心しながら件のブツを手渡しました。息も絶え絶え、汗だくで。

突然現れた暑苦しいおばさんに目をまん丸にして驚いた後、はにかみながら小さな声でありがとうと言い、ぺこりと頭を下げて走り去る女児。可愛らしく照れた笑顔から察するに、一番の宝物とまではいかないまでも、手元に戻ってきてよかったとホッとする程度には大切にしているチロルだったのかもね、などと勝手な推測をしたりして。

ミニマリストの持たない暮らし

しかしこんな早い時間にもう顔がドロドロになってしまったわ。アイラインが溶けてパンダになっているやもしれん、と鞄からタオルを取り出しながら足元に目をやると、カンカンに照らされたアスファルトで蝉がこちらに腹を見せながら容赦なく焦げていた。

 






関連記事

By: PascalSijen

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばら

記事を読む

By: Sharat Ganapati

今日捨てたもの 10/21 カゴの中身をひっくり返す。

By: Sharat Ganapati[/caption] 今日は午後に少し時間があったので

記事を読む

By: Nicolás Boullosa

バブーシュの寿命で思う、小さな暮らしと大きな暮らし。

By: Karl Baron[/caption] 最近家にいる時になんとなく足元ががさがさす

記事を読む

HotelEdison_NY_9

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

140802lg

無駄使いが嫌いなクセにとんでもない無駄遣いをする。

無駄なことは好きか否かと問われれば、まあ好きだと返すでしょう。むしろ好きなことはほとんどが無

記事を読む

flowergarden

今日捨てたもの 8/23 似合わなくて使えない帽子。

8月は毎日一つづつモノを手放すというルールを設定し、日々実行しています。 今日は旅に関

記事を読む

moalboal_2016_28

勢いで必要なものまで捨ててしまう恐怖。

先日、パソコンのデスクトップの整理をしておりました。 定期的に見直さなければ増加の一途

記事を読む

airportsofa

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

By: Nicolás Boullosa

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

doma1

ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

服を少しづつ減らしている近頃ですが、古くなったから、痛んでしまったからといった事情以外での私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

秋刀魚のしょうが蒸し
秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁と

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑