いか大根、ねぎ塩昆布やっこ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ひいかと大根の煮もの献立

いか大根といえば、するめいかを筒切りにしたもので作るのが定番でしょうか。

が、本日のいかはひいか。近頃はちょっとした小さめイカブームです。

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

下ごしらえに関しては大きいイカとはまた別の手間がありますが、この柔らかさがいいですね。

いか大根、ねぎ塩昆布やっこで晩酌

いか大根、ねぎ塩昆布やっこ献立

  • 小松菜の味噌汁
  • ゆず大根
  • ねぎ塩昆布やっこ
  • いか大根

小松菜の味噌汁

小松菜の味噌汁

やたらと登場頻度の多い組み合わせ、小松菜と油揚げの味噌汁、仕上げにのせるはさらしねぎ。出汁は昆布です。

ゆず大根

ゆず大根

先日のゆず白菜の大根バージョン。こちらもぽりぽり美味です。

ねぎ塩昆布やっこ

ねぎ塩昆布やっこ

ねぎのみじん切り、塩昆布、ごま油をあわせたものを木綿豆腐にのせました。

いか大根

いか大根

ひいかは目とくちばし、軟骨を取り除いておきます。鍋に水、酒、みりん、しょうゆ、薄切りのしょうがを入れて煮立て、ひいかを入れてさっと煮て取り出します。あらかじめ下ゆでしておいた大根を同じ鍋に入れて味が染み込むまで煮たらひいかを戻し入れて完成。

一旦冷ますと大根に味がよく馴染んでさらにおいしく。こんなものを目の前にして燗酒を飲まずにおられましょうか。無理。と、亜紀も言っていました。イカと言えば亜紀。燗はぬるめがいいそうです。

日本酒にあうおつまみレシピ

我ながら今日の晩酌はいいですね。寒い夜に燗酒をやるならこういうバランスは理想的。非常に私好みの献立であります。

一人暮らしなんだから毎日自分好みの献立にありつけそうなものですが、そうはいかないのが食材やりくりの難しさ。基本的にあまりストックは持たず、使い切る分だけを日々こまめに買い求めるスタイルを続けていても、一人で即日消費できる食材ばかりでもありません。

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

特に冬場の好物である大根とか、白菜とか、ねぎとか、うれしいことにそれなりに立派なサイズですからね。今日も漬ものとメインが大根かぶりだし。

おかげで和洋折衷のデタラメな組み合わせとなることも多いけれど、10回に1回くらいはピタッと決まる日があるから、多分これでいいのだ。

 




関連記事

人目を気にせず、一人で食べたい。

どこか秘密基地っぽさのあるテーブルは、子供がよろこびそうなつくりではありませんか。 フ

記事を読む

家飲み献立 12/25 鶏もも肉と白菜の香味蒸し、にら月見。

Merry Christmas! 昨夜は一時帰国中の友人ファミリーとイブを過ごしました

記事を読む

家飲みおつまみメニュー 9/16 焼き厚揚げ、エリンギの吸い物。

豆腐、納豆、油揚げなどの豆製品は毎日何かしら登場させています。 これは健康のため、とか

記事を読む

キャベツと釜揚げしらすのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ。

今日は帰宅が遅くなってしまった。 夕食はワインとチーズだけにしようかな。 なんて

記事を読む

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ

焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいものが食べたくなって、はて、おいし

記事を読む

黒はんぺん焼き

黒はんぺん焼き、春菊の白和え献立。

黒はんぺんをいただきました。 最近なぜか静岡方面のお土産を頂戴することが多いです。

記事を読む

トマト卵とじうどん

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

書く順番がやや前後しておりますが、休肝日献立シリーズです。 関連 食べない生活 お腹ぶ

記事を読む

家飲み献立 9/16 白葱の卵焼き、砂肝のポン酢漬け他全5品で晩酌。

昼過ぎ、都内も結構揺れましたね。帰国して以来一番大きな揺れだったような気がします。 私

記事を読む

1人暮らしの家飲みおつまみ

ゴーヤと卵の炒め物、キャベツの煮浸し。

9月ですね、秋ですね。 といいつつマイペースに夏野菜を食べ続ける次第です。 もう

記事を読む

家飲み献立 10/31 半干しキャベツと鶏もも肉の煮込み他全5品。

TGIF! そして、今日はハロウィン、ですか。 私が子供の頃通っていた学校の隣にイン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑