いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハーブサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

いわしの塩焼きじゃがいも添え

焼いたいわしに、じゃがいもを添える。

何かの本で読んだこの料理がずっと頭に残っていたのだけれど、それがどの本だったのか、どのようなレシピだったのか、そもそもレシピつきで読んだのかどうかすらも忘れてしまいました。

けれど魚屋でツヤツヤと青光りしながらアピールしてくるいわしに捕らえられ、どうしても記憶の中にしかないあのいわし料理を食べてみたくなり、記憶を頼りに調べること数分。

どうやら、私が目にしたそれは、ポルトガル料理のようです。

いわしの塩焼きじゃがいも添えで白ワイン

サルディーニャス・アサーダス

  • 和ハーブのサラダ
  • いわしの塩焼きじゃがいも添え

和ハーブのサラダ

和ハーブのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし型に切ったトマト、ざく切りの三つ葉と千切りの大葉を合わせたサラダ。オリーブオイル、レモン、塩、故障、パルメザンチーズ、くるみを混ぜたドレッシングで和えます。

いわしの塩焼きじゃがいも添え

いわしの塩焼きじゃがいも添え

いわしはお腹を取り、塩を振ってしばらく置き、水分を拭き取ってからフライパンで両面焼きます。別に蒸したじゃがいもと共にうつわに盛ってオリーブオイルをまわしかけ、粗塩とパセリを振ってレモンを添えます。

いわしといえばここのところは煮つけや蒲焼にすることが多かったので、塩焼きは久しぶり。

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

とはいえいわしの塩焼きなんて慣れ親しんだ味。なのに、付け合わせの大根おろしがじゃがいもになり(いや、じゃがいもはどちらかというと白飯の位置かも)、しょうゆがオリーブオイルになるだけで、こんなにも表情を変えてくるとは、いわし、恐るべし。

おおよその味の想像がつく一品だけど、想像を超える素朴な旨さ。白ワインも進みます。

ワインを飲む日のおつまみ

さて、今回はキッチンの事情でフライパン焼きにしましたが、ポルトガル風いわしの塩焼き「サルディーニャス・アサーダス」は炭火焼だそう。もちろん、魚焼きグリルで焼いてもいいですね。

最初に雑な処理をしてしまったおかげで腹回りが貧相な仕上がりになったのは隠し難い事実ではあるけれど、本家のビジュアルもなかなかどうして大した雑さですよ。結果としてかなりオリジナルに忠実な出来になったのではないかと思うのです。考えがポジティブすぎか。

調べて、作って、食べてみても、結局件の本については思い出せずじまい。調べるまではこう、ハーブとかにんにくの風味みたいなものがついてたんだっけ?などという朧げな記憶を持っていたので、読んだのはレシピ本や料理本ではなく、旅行記の類だったのでしょう。

読んですぐに作っていたら、或いはきちんとメモに残すなどしていたら、本のことだって覚えていたはずなのにね。なんだかもったいないことをした気分です。

 




関連記事

青梗菜の塩炒め

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もの献立。

普段はあまり立ち寄らないおでん種のコーナーを覗く。 そろそろおでんもシーズン終了ですね。と

記事を読む

休肝日にはバナナを食べる。

思わぬトラブルに見舞われた先週。 参考 ぎっくり腰になりました 2015 初めてのことで

記事を読む

手羽元と大根の生姜煮

手羽元と大根のしょうが煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立

寒くなってから妙に味噌汁率が上がっております。 味噌汁の具は各家庭によってさまざまでま

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、豆苗と卵の炒めもの。

食料調達スタイルがまだ確立されていないこともあり、ここのところあまり季節感のない献立になるこ

記事を読む

キャベツステーキ

1人暮らしの家飲みレシピ キャベツステーキでビール。

浴衣を着た女の子の姿をちらほら見かける花火大会の土曜日、いつものスーパーの店先で私の両手拳よ

記事を読む

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気

記事を読む

一人暮らしの晩ご飯献立 鶏もも肉のソース焼き、春菊のサラダ。

うう。 窓を開けてたら寒い。 昨日は暑いくらいだったのに、日々温度差が激しいです

記事を読む

豚肉とにんじんのにんにく蒸し

にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き、かぼちゃと卵のサラダで家飲み。

ゴロッと大きめに切ったにんじんをむしゃむしゃ頬張るのが好きです。 にんじんってそれなり

記事を読む

ぶりと青菜のごま油蒸し、きのこ汁で晩酌。

珍しく休肝日明けにワインメニューだったのでなんとなく久しぶりな感じがするいつもの晩酌。

記事を読む

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。 関連 勝手に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑