豆腐の明太子炒め、キャベツのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

豆腐の明太子炒め献立

あ、すみません。なんかちょっと盛り付けが汚らしいですね。

色もぼんやり、形状もぼんやりのこんなつまみは平皿にざっくり盛るべきだったか。と、この写真を見て反省しています。

次回はそうします。

と言っても、あるものでどうこうしました系つまみは、そう度々登場するもんでもないんだけど。

豆腐の明太子炒め、キャベツのおひたし献立

豆腐の明太子炒め献立

  • 新玉ねぎとわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • キャベツのおひたし
  • 豆腐の明太子炒め

新玉ねぎとわかめの味噌汁

新玉ねぎとわかめの味噌汁

いりこ出汁の味噌汁。実はしゃっきり歯ごたえが残る程度に軽く火を通した新玉ねぎと、わかめ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは紫大根、かぶ、かぶの葉、にんじんの4種盛り。

キャベツのおひたし

キャベツのおひたし

ざくぎりにしてゆでて絞ったキャベツに鰹節をのせ、しょうゆをかけていただきます。

豆腐の明太子炒め

豆腐の明太子炒め

フライパンに油を熱し、水気を切った木綿豆腐を入れて軽く崩しながら炒めます。ほぐした明太子を酒としょうゆで伸ばしたものを加えてさらに炒め、最後にねぎのみじん切りを入れてざっと混ぜる程度に火を通したら完成。いずれも生食可の食材ばかりなので、そう深刻に炒める必要はありません。ざっくりと混ざればよし。

魚卵系にはやっぱり、酒ですね。日本酒。

日本酒にあうおつまみレシピ

たらことか明太子ってたまに無性に食べたくなりませんか。

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

魚卵。プリン体の塊。コレステロールの甘い誘惑、危険な香り。

以前なんだったかの本で、魚卵の大量摂取が体によくないのは、種の保存に関わる問題だからだ、という記述があったことを思い出す。要するに、生命の根源である「卵」が大量に食べても何ら体に悪影響を及ぼさないものであったならば、その類稀なる旨さゆえに生物は好んで卵類を食べ、食べ尽くし、食べられる種が次々に滅んでしまうと。

まあ最近でこそ魚卵はさほど敬遠されるべきものでもない、といった論調が強くなっているようではありますが、この説はちょっと面白いなあと思いました。なんとなく、ファンタジー。

例によって、何の本だったかはすっかり忘れてしまったのだけれど。

 




関連記事

えのき卵焼き

えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の話ですが。 手羽先とキャ

記事を読む

三つ葉の卵とじ献立

三つ葉と揚げの卵とじ、根菜の酒粕味噌汁献立。

寒い。 言ったところで何の解決にもなりませんが、寒いですね。 寒い夜には当然、あ

記事を読む

家飲み献立 9/14 ビールか、ワインか?アンチョビポテト。

今日は朝からアンチョビを食べると決めていました。 って、昨日と同じパターンですが、なんでし

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、あさがお菜のおひたしで晩酌。

今日のメインはきつね納豆、は確定。 さて何か青菜が欲しいなあと駅前のスーパーに寄ると「あさがお

記事を読む

新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候

新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候 で晩酌 たらとオレンジ白菜のしょうが煮。

全国各地の酒を適当に見繕って記録を続けているこのシリーズ、まさかの2020年初のお出かけであ

記事を読む

牡蠣豆腐

牡蠣豆腐、焼きれんこん献立。

初牡蠣です。 外ではすでに何度か口にしておりましたが、家飲みつまみとしては今シーズン初

記事を読む

新橋 やきとん鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

散歩のとき何か食べたくなって。 と池波も言ったので千代田区散歩の後は新橋まで足を伸ばし

記事を読む

小松菜と豚肉の卵炒め、きのこのネギ塩和えで紹興酒。

中華的なメニュー構成で紹興酒にしました。 紹興酒は外でもそんなに飲まないし家では料理用

記事を読む

門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

門前仲町散歩の続きです。 参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区 久しぶり

記事を読む

家飲み献立 10/22 肉じゃが(豚)他全5品で晩酌。

ひえー、寒い。 ここ数日ちょっと気温が高かったので油断していましたが、さむーい。 今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑