奈良の酒 春鹿 純米超辛口で晩酌 豚肉の味噌漬け焼き献立。

公開日: : 最終更新日:2017/05/10 家飯, 食べること ,




奈良の酒 春鹿 超辛口

順調です。

愛知県が埋まった後はすいすい進んで行きそうな日本酒ツアーです。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

再び近畿地方に戻って今回は奈良。奈良は日本酒発祥の地ですからね、心していただきましょう。

奈良の酒 春鹿 純米超辛口

奈良の酒 春鹿 超辛口

ジャケ買いです。黒のラベルにキラリと光る金色の超辛口。辛口純米酒好きとしては本当にありがとうございますという感じです。剛のイメージのラベルとは裏腹にキャップ部分にあしらわれた鹿がキュートでさすが奈良。

蔵元は今西清兵衛商店。サイトを見てみるとすごいロケーションですね。

参考 今西家書院のご説明(今西清兵衛商店)

今西家書院は永く興福寺大乗院家の坊官を努められた福智院氏の居宅を大正13(1924)年、今西家が譲り受けました。一説には大乗院の御殿を賜り移築したとも伝えられています。

民間所有として初めて国宝の指定を受けた建造物と隣接する蔵。駅からも徒歩圏内だし近隣には見所がたくさんあるので奈良観光時に立ち寄るのもよさそうです。

私好みの超辛口かしら、と期待しつつひやで一口。あれ?
わからん、というのが一口目の率直な印象。辛口、というかひっかかりがなさすぎるというか、わからん。もっとストレートな辛口だと想像していたんだけどこのファーストインプレッションは謎すぎるなあとしばし首を捻る。奥の純米吟醸と飲み比べをしたから余計にそう感じるのかしら、と仕切り直して燗をつけてみると辛い、辛いぞ。これは燗のほうが俄然いい。

最初はちょっと期待外れかと思ってしまったけど、飲み進めると理想的な食中酒のような気がしてくる不思議。今回入手したのはミニサイズでしっかり味わい尽くすことができなかったのでもう一度確認したいです。もしかしたら常飲したい純米酒となる可能性もあるのではと期待しています。

奈良の酒 春鹿 純米超辛口データ

蔵元 今西清兵衛商店(奈良県・奈良市)
種類 純米酒
精米歩合 60% (五百万石)
日本酒度  +12
酸度  –
アルコール度  15.0~15.9度

 

豚肉の味噌漬け焼き、青梗菜とエリンギのすまし汁献立

豚肉の味噌漬け焼き献立

  • 蕪漬け
  • 青梗菜とエリンギのすまし汁
  • 春キャベツの梅おかか和え
  • 豚肉の味噌漬け焼き

青梗菜とエリンギのすまし汁

青梗菜とエリンギのすまし汁

メインが味噌漬けなので、本日の汁物は余っていた青梗菜とエリンギを入れたおすましに。いりこだしにしょうゆで薄く味をつけています。

春キャベツの梅おかか和え

春キャベツの梅おかか和え

さっと茹でて水気を絞った春キャベツをざく切りにして叩いた梅干し、鰹節、しょうゆで和えたもの。

豚肉の味噌漬け焼き

豚肉の味噌漬け焼き

おろしたしょうがとにんにく、味噌、みりん、酒をあわせた味噌床を筋を切って叩いた豚ロース肉に塗ってラップで包んで一晩寝かせたものをフライパンで焼きました。味噌床に漬けるのではなく豚肉に味噌を塗る方式ならば使う味噌の量が少なくて済むので1枚でも気軽に味噌漬けができていいですね。

焦げる&硬くなるのを避けるために表面を焼いた後は蓋をして蒸し焼きにして取り出しホイルに包んで余熱で中まで火を通す、という手法を取ったのだけど、写真で見てみると妙に白い。ビビらずにもうちょっと焦げ目をつけたほうが美味しそうに見えてよかったかな。

日本酒にあうおつまみレシピ

久しぶりに作った味噌漬け、いいねえ。
冬場以外は味噌を常備しないスタイルが続いていたけど、味噌汁をあまり欲しない季節のほうがむしろ味噌被りを避けた味噌料理ができるから今年からは、などと考えたり。

温かいものが嬉しい夜も、まもなく終了となりそうな気配ですね。

 




関連記事

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め献立

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め、マッシュルームサラダ献立。

今年は新玉ねぎの摂取量がすごい。 新玉ねぎを使ったつまみ 確かに好物ではあるけれ

記事を読む

新玉ねぎと卵の炒めもの

新玉ねぎと卵の炒めもの、生かぶサラダ献立。

オニオンスライスに続いて、こちらの新玉ねぎメニューの定番、卵炒めです。 さば水煮缶と新

記事を読む

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

さつまいもとチキンの豆乳グラタン

さつまいとチキンの豆乳グラタン、柿とくるみのサラダ献立。

さつまいもの時期、一度はグラタンを焼く。先日の柿の白和えに引き続き、これまた季節のお約束

記事を読む

国菊 カップ酒 人魚

福岡の酒 国菊 人魚カップで晩酌 蒸し鶏のトマトマリネ添え、オクラとわかめのスープ。

ジャケ買いは好きなほうです。 と言っても近頃はCDショップで気になるジャケットを手に取

記事を読む

里芋と鶏もも肉のしょうが煮、小松菜のおひたし献立。

今週は訳あっての里芋シリーズです。 甘味探求キャンペーンの件もあり、メインはしっかり甘

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

新橋 花れん

新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

By: Wagner T. Cassimiro "Aranha"[/caption] 新潟で

記事を読む

キャベツと塩鮭のしょうが蒸し

キャベツと鮭のしょうが蒸し、わかめのナムルで家飲み。

お久しぶりの晩酌献立です。 酒を控えるとか何とか言ってたクセに結局すぐに家飲み再開する

記事を読む

ねぎ卵丼献立

休肝日ごはん 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。 早いもので今回で最後です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑