カレイと豆腐の煮つけ、水菜のおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

カレイと豆腐の煮つけ

久しぶりのカレイの煮つけだというのに、うっかり無残な姿にしてしまいました。

破れかぶれ。こういうところに性格の雑さが滲み出るなあと感じ入ります。

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

雑な人は雑なものを作る論。煮魚なんて散々作り続けてきた定番つまみなのだから、いい加減ベストな手法を確立したいものです。

カレイと豆腐の煮つけ、水菜のおひたしで家飲み

カレイと豆腐の煮つけ、水菜のおひたしで家飲み

  • えのきの味噌汁
  • 春キャベツの浅漬け
  • 水菜のおひたし
  • かれいと豆腐の煮つけ

えのきの味噌汁

えのきの味噌汁

茹で置きしておいたえのきと油揚げの味噌汁、出汁は昆布とえのきの茹で汁で。ちょっととろみのあるえのき出汁、好き。

春キャベツの浅漬け

春キャベツの浅漬け

塩もみした春キャベツと大葉の千切りをあわせた即席漬け。

水菜のおひたし

水菜のおひたし

茹でた水菜を鰹節とポン酢で食べる簡易版おひたし。

かれいと豆腐の煮つけ

かれいと豆腐の煮つけ

フライパンに水、しょうゆ、酒、みりん、しょうがの薄切りを入れ煮立て、かれいを入れ落し蓋をして煮ます。豆腐とねぎを加えてさらに煮て一旦冷まして味を含ませ、食べる直前に再度温めてうつわに盛ります。

こんなに破れかぶれでも煮魚は煮魚。魚が肴の日の晩酌は格別ですね。子も入ってたしね。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、煮魚につきもののしょうがや梅、ねぎなどは薬味的な存在であり魚を美味しくする役割を担うものですが、魚から出た出汁を美味しく食べるためにぜひ加えたい食材というものもあります。

今日は煮魚というよりも魚出汁をまとって茶色く染まった豆腐が食べたいというものすごく具体的な欲望が湧き上がり、豆腐のために魚を探すという逆転の発想での献立構築。たまたま出会ったカレイに出汁の役目を与えたのでありました。皮は破れども、カレイはしっかりと仕事をしてくれましたよ。

そう、皮を破ったのは他でもないこの私。カレイに責任はありません。

積極的に煮魚と煮たいものといえば、豆腐の他にはごぼうとか、切り昆布とか、わかめとかでしょうか。

鯛あらとわかめの酒蒸し献立。

おまけなのに、あくまでもおまけなのに。メインとしての存在感半端ない魚の脇に甘んじていながらも、こんなに上手に飲ませてくれて本当に恐れ入ります。と、いいたくなりました。愛しき豆腐に。

 




関連記事

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮、水菜とえのきの煮びたし献立。

使い慣れない野菜、葉玉ねぎ。 関連 葉玉ねぎのすき煮、蕪の葉とえのきのおろし和え献立。

記事を読む

カシラの塩焼き

カシラ塩焼き、キャベツ味噌で家飲み。

やきとんってのが苦手でした。 今でこそ全国的に認知されている(多分)やきとん文化ですが

記事を読む

じゃがいもとゆで卵の温サラダ

じゃがいもとゆで卵のサラダ、蒸しなすの梅和え献立。

先日赤ワインのお共にしようと珍しく袋入りのじゃがいもを購入。 よって、しばらくはじゃが

記事を読む

親子煮のレシピと献立

親子煮、セロリの塩昆布和え献立。

本日は蕎麦屋飲み風のつまみ、親子煮で一杯やりましょう。 蕎麦屋といえば先日、久しぶりに

記事を読む

あじの煮付け献立とレシピ

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

鰺、あじ、アジ。 鮮魚売り場にて鯵と遭遇し、そういや以外と使用頻度が低いなと考える。過

記事を読む

新じゃが芋のそぼろ煮

新じゃがのそぼろ煮、出汁巻き染めおろしで日本酒を。

久しぶりに蕎麦でも食べに行こうかな、と考えていたのだけれど生憎の天候のせいかどうにも外食テン

記事を読む

水菜とエリンギの塩ポン酢和え

晩酌献立 9/15 塩豚と大根のしょうが蒸し、水菜とエリンギの塩ポン酢和え。

驚きの品薄。 そして、野菜がちょっと怯むくらいに高い。 台風の影響もあるのでしょ

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/6 夏に嬉しい、火を使わないメニュー。

ふう。 全然降りませんねえ、東京。 各位、熱中症には十分お気をつけくださいませ。 今夜のメニュ

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑