東京駅での待ち合わせ場所 外国人の場合。

公開日: : 旅人への道, 英語

東京駅

先日2年前に会ったきりの友人が東京に来るという連絡を受けました。

新幹線で東京駅に着くのでどこかで待ち合わせしよう、ということになり、はて、どこを指定すればわかりやすいかとしばし悩む。というのも友人が東京へ来るのは初めてのこと、当然土地勘もなく東京駅も初めてです。そして、彼女は外国人。

幸いwifiがあるとのことでリアルタイムで連絡は取り合える状態ではあったのですが、さらに彼女は漢字が読めるのでそうそう迷うこともないだろうとは思ったのですが。

東京駅の待ち合わせスポット、一体どこがベストなんですかね。

東京駅でのお出迎え、一番いい方法は

tokyostation

いろいろ調べてみると、やはり同じような状況で検索している人は多いようで。

参考 【迷わない】おすすめの『東京駅』の待ち合わせスポット(Naver)

普段の待ち合わせならば八重洲北口ね、とか、大丸前ね、とか、丸の内中央ね、で済むのですが、今回はどうにも悩んでしまいました。

で、結局彼女が到着する新幹線のホームでピックアップすることに。

なんだかんだでこれが一番確実だと踏んだのもありますが、ふと彼女の荷物の多さを思い出したからのチョイスでもありまして。

2年間滞在していたオーストラリアから自国への帰国途中に日本に立ち寄った彼女。2年前、オーストラリアに出発するのを見送った時に彼女が持っていた私が2人くらい入りそうな特大スーツケースの姿がふと蘇ったのです。

「もしもあれ持って帰ってきてたら、相当な荷物だよな…」

事前に手荷物の量を聞き出すのもなんか野暮な行為に思えたので特に確認はせず、予め聞き出しておいた車両位置で待機。無事ホームで再会を果たしたのでした。

ちなみに件のスーツケースはさすがに日本到着時に成田に預けたままにしていましたが、それでも10kg越えの特大バックパックとその半分サイズのリュック、ブーツ入りのサブバッグにボディバッグというそこそこの重装備。ホームで迎えて正解でした。

旅慣れた彼女のこと、別にホームまで迎えに行かずともこちらが指定する位置までスマートに場所まで移動できたでしょうが、何しろ人が多くややこしい東京駅。たった140円の入場券を入手するだけで新幹線のホームまで行けるのだからその手間を惜しまないでよかった。

「東京駅が一番混む駅なの?道は?車も渋滞するの?」
「ねえねえ、ラッシュ時は駅員が人を電車に押し込むってホント?」

と、キョロキョロしながら忙しなく行き交う人の多さに興味津々の彼女と話しながらそう思ったのでした。

シンプルなコミュニケーション英会話

さて、以前の彼女は私と大差ない英語力でしたが、この2年間英語圏で生活していたのだからその差は大きく開いてしまっているだろうなあ。などと少々引け目を感じつつの再会でしたが、普通に話している分にはものすごく変わった!なんてことはなく。

なぜなら、自分自身の英語力が当時と変わっていないから。

もしも私も成長していたら感じ方が違ったのでしょうが、もともと

「瞬時に出てこない難しい単語は使わず如何に簡単な言葉を駆使してコミュニケーションを取るか」

をモットーとしていた私たち。彼女もそれをわかっていたのか以前と変わらない簡易表現を繰り出してくれたので普通にお互いの近況報告をすることができました。

相変わらずの最低限英会話。いいんだか、悪いんだか。

ミニマリストの持たない暮らし

しかし観光案内となると途端に難しくなりますね。あれなに?これなに?どういう意味があるの?と聞かれた時にうまく説明できないことのもどかしさよ。日常会話レベルならば力技の実技だけでも身につけることができるけど、一定以上のレベルになるにはやはり座学は必須ですね。ってこれ、何回言ったら気がすむんだ。




関連記事

パクチーが食べられない人間がベトナムを旅できるのか。

一人旅でベトナムに来ています。 本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。 一人

記事を読む

フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ島短期語学留学の記録 2

記事を読む

台湾一周一人旅 松園別館に鉄道員の古写真。花蓮の街散歩。

台湾一周の旅、7都市目となる花蓮に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高松は数年前に仕事で行っています

記事を読む

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

マドリード王宮

スペイン・マドリードの旅2015。

念願のスペイン旅行。 バルセロナから移動してマドリードに来ています。 なんとなく

記事を読む

ニューヨークのタクシー

ニューヨーク旅行 治安、持ち物、服装、物価にチップ。一人旅でも大丈夫?

クリスマスシーズンにニューヨークに行ってきました。 今回はミッドタウンエリアにあるホテ

記事を読む

続けた先にある未来。

By: Natalie Lucier[/caption] 今朝駅前で素足に下駄履きの紳士を見

記事を読む

有言実行、TOEIC600点超え。

次のTOEICは600点オーバー狙いますからね、見ててください。 その宣言から約半年後

記事を読む

香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。

若い頃に観た映画を久しぶりに見ると、当時とは別の捉え方になってしまう。 なんてことがよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑