富山の酒 満寿泉 純米で晩酌 砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダ。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

満寿泉純米

ここのところ東を攻めていたのですが。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

関東勢で残る3県の酒がどうにも入手できず、北陸へ飛んでみました。

そういや昨日は桃の節句でしたが、ちらし寿司もハマグリのお吸い物もありません。
大人の桃の節句はやっぱり酒。酒で祝いましょう。

富山の酒 満寿泉  純米

満寿泉純米

読み方はますいずみ。苗字の「桝田」にかけたおめでたい名前なのですね。製造年月が28年3月になっているので酒屋に到着してすぐだった模様。
さてこの桝田酒造、初代は当初北海道にて酒造りを始めたとのこと。

参考 桝田酒造店の生い立ち(桝田酒造店)

年間1,500石と明治年間としてはとても大きな規模にまで成長するが、亀次郎の妻フデが明治36年の寒波の後、「もう岩瀬に帰りましょう。」と言い出し、明治38年現在地に戻った。

フデの一言、重し。なんだろう、北海道の寒さが嫌になったのか。
「美味しいものを食べている人しか美味しい酒は造れない。」をモットーにしているとも書かれていますが、確かにそうだなあ。食べることに興味のない人が突然美味しいものを作れるわけがないし、映画を殆ど観たことがないのにいいものが作れる映画監督もいないでしょう。

さっそく常温で一口。おお、まろやか。
しっかりと香りがあって常温でも美味いんだけど、ぬる燗にするとさらに米らしさが立ってくるような。商品解説に「つややかで旨いお酒」とあるのはさすが言い得て妙。うん、つややかというか際立った個性はないけれど色気を感じる舌触り。

これも好きだなあ、最近アタリを引いてるなあ。つまみが貧相なのがなんだか申し訳なくなりますね。富山の海の幸と合わせればさらに喜び倍増でしょう。

満寿泉 純米酒 データ

蔵元 桝田酒造店(富山県・富山市)
種類 純米
精米歩合 山田錦 58%
日本酒度  –
酸度  –
アルコール度  15度

 

砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダで家飲み献立

砂肝ポン酢献立

  • わかめとトマトのスープ
  • 三つ葉と半干し大根のサラダ
  • エリンギの柚子胡椒炒め
  • 砂肝ポン酢

わかめとトマトのスープ

わかめとトマトのスープ

千切り生姜を加えた鶏がらスープで生わかめとトマトをさっと煮たスープ。

三つ葉と半干し大根のサラダ

半干し大根と三つ葉のサラダ

千切りにして干した大根を水で戻して絞り、三つ葉と合わせて塩、胡椒、ごま油、酢、すりゴマで和えたサラダ。まだカラっカラに乾ききっていないので半干し大根、です。

エリンギの柚子胡椒炒め

エリンギの柚子胡椒炒め

薄くスライスしたエリンギをオリーブオイルで炒め、最後に柚子胡椒で味付け。

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢

鍋に湯を沸かし酒を加え、薄くスライスした砂肝を茹でます。タッパに1cm長さに切った生のニラと茹でた砂肝を入れ、ポン酢をひたひたに注いで一晩寝かせます。器に盛って黒七味を振って。

先日のスープはこの砂肝ポン酢漬けを作る工程で出た茹で汁を流用したもの。砂肝と合わせるのは青葱でもいいけど、やっぱりニラが好みかなあ。

日本酒にあうおつまみ献立

美味しい日本酒を用意しながらアテはいつもの粗食というどうにも勿体無い感じなのですね。ゆくゆくは酒の個性い合わせてつまみをあれこれ調整できるようになりたいのですが、いかんせん気に入ったものができたらそればっかり連打してしまう性質なので、全国ツアーが終了する頃にはいくつかのお気に入り銘柄が生まれてそれらをローテーションで回しそうな気がします。

いやー、なんか最近しみじみ日本酒旨いわ。旨い旨い言うだけじゃなくてもっと色々知りたくなってきた。
利き酒セミナーとか興味津々だけど、いかんせんすぐ酔っ払っちゃうのが怖くて行けないのです。やれやれですわ。あ、テイスティングだけして呑まなきゃいいのか。でも、あったら絶対呑みたくなるよね。

 




関連記事

鶏豆腐 晩酌

鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

寒くなると三州屋風鶏豆腐を家でもちょくちょく作ります。 メインはもちろん鶏肉と豆腐、

記事を読む

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

手取川冬限定純米辛口

石川の酒 手取川 冬 純米辛口 生 で晩酌 ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し。

丹念なご近所パトロールの成果により、徒歩圏内にもいくつか日本酒に力を入れている酒屋を発見。

記事を読む

手羽焼きで晩酌

手羽焼き、おつまみ奴献立。

鶏肉を焼く。だから、焼き鳥。 焼き鳥は、焼いて塩を振るだけで出来上がるありがたいつまみ

記事を読む

にんじん炒め献立

にんじんの炒めもの、三ッ葉と油揚げのおろし和え献立 。

先日にんじんを爆買いしたんですよ。 まあ「爆」ってのは嘘なんですけど。単に買っただけ

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。 葉物摂取量が高くどうして

記事を読む

鶏出汁春雨

鶏出汁春雨、蕪の梅サラダで家飲み。

先日作った蒸し鶏の副産物、鶏スープでたっぷりの野菜を煮て1品。 と思っていたのに、出来上が

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、ほうれん草のからし和え献立。

鶏肉とごぼうで、鶏ごぼう。ごぼうみたいな無骨な野菜と合わせるならばジューシーなもも肉のほうが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑