人生の停滞感が半端ない。

公開日: : 生き方と考え方

どうにも落ち着きがないもので、自立してからというもの2年以上同じパターンで生活をしたことがありません。

特にこの10数年は動きが激しく、山あり谷あり沼あり崖ありスリルとサスペンスの連続だった気がします。

残念ながら全く誇れることではありませんが。

さて、現時点から2年前の今頃は何をしていたんだっけ?と考えてみたらばそうだ、バンコクにいたのでした。

本格的な帰国を前にリアル家なき子状態だった当時。今後の人生についてあれこれ考えながら過ごしていたっけ、と思い出す。なんと、あれからもう2年も経っていたとは。

人生の停滞感が半端ない

先日電車で某有名進学校の生徒と思しき2名の男子が側に座っていました。会話の内容から察するに、どうやら彼らは春から高校3年生。模試の結果や進路について、その先の将来について、友人について、そして少しだけ女の子について、と、お年頃らしい話題が続いていました。

遊びに行きたいけど今はそれどころじゃない、彼女が欲しいけど、まずは大学が決まってからにしないと。

そんな風に話がまとまりかけた時、片割が言いました。

「なんかさ、人生が停滞してる感がハンパないんだよね」

おい、いきなり話が壮大になったな!と驚いたのですが、相方がため息まじりに

「あー、わかる、俺もだわ」

と返したので、冗談で発した言葉ではなかったようです。

17歳が受験を前に感じる人生の停滞感。
文字にしてしまえばなんとも可愛らしいというか微笑ましいというか、いやいや、これからようやく自分の足で切り開ける人生のまさに入り口に立っているのに何が停滞?めちゃくちゃ出航間際じゃないか、と思ってしまうけれど、彼らは彼らなりに行き詰まりを感じているのでしょう。

なぜ彼らが今の気持ちを停滞感、と表したかはわかりませんが、おそらく今の不安な状態から一刻も早く抜け出したいという願望から来た言葉なのだろうなと。春になったら本格的に受験生。周りもピリピリしてくるし、親御さんの期待だって大きいのかもしれません。
そんな重い空気の中で1年間耐え忍ばなければならない。耐えた先に成功があるとは限らない。それが彼らの感じた「停滞感」なのかなあと。

長い人生でみれば、これから大人になって背負う責任を考えれば、17歳の今の悩みなんてちっぽけなもの。それでも今目の前にある難関が彼らにとっての全てなのは当然のことでしょう。

それでもやっぱり彼らの悩みは私には眩しくて、なんだかいいな、なんてちょっぴり思ってしまったけれど。

人生今なお、フルスロットル

さて先日、海外で暮らす一回り上のお友達から現在一時帰国中だと連絡がありました。

「次の出国までしばらくすることがなくてヒマだから、今は着付け教室とパソコン教室とフラダンスと英会話に通っているの」

いやいやいや、ねえさん通いすぎでしょ。

と驚いたけれどそうだった。彼女は好奇心旺盛で一時もじっとしていられない人だった、と思い出してなんだか笑えてきました。
彼女とは去年の春に会って近況報告をし合いましたが、その後の1年でまたいろんなことを学び、動き、吸収している模様。60代半ばを過ぎても知りたいという欲望に正直で、そのために新しい環境に飛び込んでいく意欲は全く衰えることなく。

いやいや、恐れ入ります。
次回会ってまたこの1年で起きたことをいろいろ聞けるのが楽しみだなあ、と思いながら、私は何を話そうかと考える。そして珍しく2年近く自分の生活に大きな変化が起こっていないことに気づく。

起こっていない、ではなく、起こしていない、だった。

関連 毎日同じことの繰り返しでつまらない人にやってみてほしい実験。

受験生となる彼らが今感じている停滞感と、すっかり大人になった後、自分の人生に100%の責任を持つようになってからの停滞とは全く別物。60代の彼女が相変わらずフルスロットルでいられるように、動かすも動かさぬも全て自分次第だからね。

淡々と過ぎる日常に退屈なんて感じずに楽しく暮らせるのは幸せなこと。だけど、日常を楽しんでいることにかまけて人生を「停滞」させるのは嫌なんだなあ。

ミニマリストの持たない暮らし

10代と随分飛ばして40代と60代。
人生が停滞しているように感じるも、感じないも、はたまた力技で動かしていくのも大人になれば全ては自分のさじ加減一つ。年齢によって自動的に決まってしまう話じゃないんだよなあ、などと改めて考える週末でした。

 




関連記事

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

NYの治安と物価

どんな状況であっても、味方になってくれる人はいるか。

「自分がどんな状況におかれようと味方になってくれる人はいるか」 珍しく遅い時間まで居座

記事を読む

新しいことを始める、全然怖くない方法。

By: Taylor McBride[/caption] 去年の夏、毎日1つづつ何かを手放す

記事を読む

仕事ができない人とは一緒に働きたくない。

リクエストされたレトロ喫茶でケーキをつつきながら、近況報告を聞く。 内定が出た企業の社

記事を読む

大人になってから、友達はできますか。

若い人と話すの、結構好きだなあ。最近になってそう気付きました。 40代半ば。年齢も見た

記事を読む

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、何の意味もないよね(笑)」 S

記事を読む

こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う景色を見ることになりますよね。

記事を読む

頭の中の声が相変わらずうるさい 、あなたいったい誰。

相変わらず、眠りが浅いです。 迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。 現在絶

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

出汁巻染めおろし
出汁巻染めおろし、きのこと小松菜のおひたしで晩酌。

ここのところ、目玉焼き愛を熱く語っておりましたが、卵焼きだっ

岡本太郎展
本職?人間だ。

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。 岡

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

→もっと見る

PAGE TOP ↑