鶏のくわ焼き、柿としめじの白和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鶏のくわ焼き献立

季節の柿です。

果物としての柿にはまるで興味が湧かないというのに、酒のつまみ材料としてなら年に1度は食べたくなる。そんな不思議な存在、柿。

って、これ、毎年言っていますね。

そして今年もやっぱり定番の白和えとなるのでした。

鶏のくわ焼き、柿としめじの白和えで晩酌

鶏のくわ焼き、柿としめじの白和え

  • わかめと玉ねぎの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 柿としめじの白和え
  • 鶏のくわ焼き

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁、出汁はいりこ。玉ねぎは火を通しすぎずにシャキッと仕上げます。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、セロリ、キャベツ。

柿としめじの白和え

柿としめじの白和え

水切りした豆腐をつぶし、細切りにした柿とゆでたしめじを塩とごま油で味付けしたものを和えます。

鶏のくわ焼き

鶏のくわ焼き

鶏もも肉に片栗粉をまぶしてフライパンで焼きます。中まで火が通ったらしょうゆとみりんを加えて軽く煮詰めてうつわに盛り、焼きねぎとゆでキャベツを添えます。

メインはしっかり肉料理で、ご飯を添えれば普通に和定食になりそうな晩酌献立。私はもちろん、酒です。純米酒をひやで。

鶏もも肉を使ったおかず

くわ焼きにゆでキャベツを添えるとはこれいかに、という感じですが、徳島で行った大衆酒場リスペクト盛りです。あの料理ほどしっかり味のタレじゃないのでタレ消費の役割は担えないのだけれど。野菜がいっぱいあるのって単純にうれしい。

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅

そして最近やたらと白和えを食べております。白和え強化月間なのです。

ここのところ和える具材に味をつけて、豆腐はそのまま、というパターンでやっていて、これがなかなかシンプル美味で気に入っておるのですが、こと柿に関しては豆腐+味噌衣のほうがよかったかな。いや、決して悪くはないんだけど、次回また別方式で試してみようか。

こういうカンタンな料理ほどコツを掴めばあら?っと思うほど旨くなるので侮れない。それぞれの具材に別々で下味をつけるような真っ当な白和えはできないけれど、簡易バージョンなりの程よいバランスを見つけたいです。

 




関連記事

釜揚げえび入りそら豆ごはん

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

そら豆のおすそ分けをいただきました。今年はまだ家で食べていなかったので、ありがたい。

記事を読む

海老と卵の炒めもの献立

紹興酒で晩酌 海老と卵の炒めもの、大根とにんじんのなます。

紹興酒があるのにうっかり日本酒ばっかり飲んでたわ。 そう気がついたので本日はやや中華に

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、揚げなすの味噌汁献立。

毎晩食事と一緒に酒を飲むもので、飲酒を考慮した妙な献立が多いですが、基本は地味なものが好きで

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、豆苗と卵の炒めもので晩酌。

先日に引き続き鯖缶メニューです。 鯖の水煮缶詰は割と大きめのタイプが多いので一食で全部

記事を読む

豚汁献立

休肝日ごはん 豚汁、きのこおろし和え献立。

週明けはごはんと味噌汁を中心とした晩ご飯で酒を抜く。しばらくこの方式を続けるつもりです。

記事を読む

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。

大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶器市に出向いてがっさり大人買い

記事を読む

赤丹

神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

関東地方コンプリート! 近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダー

記事を読む

ほんの少し、を楽しむ贅沢。

先日は昼ごはんとはいえないような時間にしっかりしたものをたっぷり食べてしまったのでいつものような晩酌

記事を読む

トマトと卵いため献立

トマトと卵の炒めもの、ツナと韮のサラダ。

またしばらく自炊ができない環境になります。 以前は全く自炊ができない生活なんて無理

記事を読む

すき煮献立

すき煮、きのことほうれん草のおひたし献立。

牛肉とねぎを使ってさあどうしましょうと考える。肉豆腐はどうだ。最近豚肉を使うことが多かったから、た

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑