今日捨てたもの 捨てて壊してストレス発散。

公開日: : ミニマルライフ, 捨てる

身長、体重、年収に貯蓄。はたまた服や靴や下着の所持数などなど。

世間の平均値がどれくらいか、という話題にはあまり興味のないほうですが、思わず調べてしまいました。

が、こんなもんに平均なんてあるわけないわな、とすぐ気付く。

皿の話です。

というか、皿を割った話です。

今日捨てたもの

トマトと大葉のサラダ

  • 小皿

もともとはトリオで活用していた小さな皿。これで残りはひとつとなってしまいました。

いやあ、あの距離から落として割るとは思わなかった。普通割れないだろ、という状況で割れました。などと言い訳してみたところで自分の不注意で皿を割っていることには変わりなし。

考えればこの2年足らずの間にかなりの頻度で器を割っているように思います。
この小皿もすでに2つ割ったし、2つセットだった皿の片割れも割った。レンゲも割ったし、あとなんだ、何か洗い物をしている時に割った記憶がある。

飲食店での皿洗いやホールの仕事をしている人ならばその接触頻度の高さゆえに割る皿の枚数も尋常でなく多いだろうことは想像できますが、たかだか1人分の食器しか持っておらず1人分の食事準備しかしない輩がこれだけ割るのってちょっと割り過ぎではなかろうか。

そう考えて思わず一般的な皿割り頻度平均値について調べてしまったのですが、そんなもん平均なんか出ないよねえ。そしてそれを知ったところで何も解決はしない。

とにかく、大活躍してくれていたのになんだかすみません、といった心情であります。

皿を投げて、モノを捨ててストレス発散

ところで皿割りについて検索していて皿割りストレス発散サービスなるものがあることを知りました。もちろんこれはうっかり落とすレベルの話ではなくしかるべき設備の中で思いっきり皿を割ることでスッキリ!できるというもの。製造元にて破棄予定の皿を再利用したこのビジネス、どうやら開始当時はかなり話題になっていたようで。

気持ちいいのかな。気持ちいいんだろうね。なんでも「物を壊す」という行為はストレス発散に一定の効果が見られる、なんて情報もちらほら。ほんまかいな。

私は常日頃からのんべんだらりとマイペースに生活しているのでイライラしたり強いストレスを抱え込むようなことはないのでアレですが、普段はおいそれとはできない破壊行為でスッキリ!を実感する人だっているかもしれない。ストレスが溜まったらやたらと物を捨てたくなる、なんて人もいるらしいしなあ。

何かと窮屈な現代社会。心にモヤモヤ淀んだアレコレを抱え込んだ挙句にとんでもないキレ方をするくらいなら少しづつガス抜きするのは賢い選択。モノを壊す、モノを捨てる、爆買いに暴飲暴食、ストレス発散方法は人それぞれだけれど、大事なのは発散するその一瞬じゃなくてそれでも続いていく日常だよね。

関連 機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

ストレス発散のやけ食い大会実施後に酷い自己嫌悪に陥るなら、そもそもそれはストレス発散方法としててんで間違っているわけで。どうせなら楽しい方法でやったほうが何かと好都合だと思うのですが、どうでしょう。

ミニマリストの持たない暮らし

おっと、皿を割ってしまったところからまた遥か彼方へ旅してしまった。そしてこれは自分の意思で捨てたものではなく単に不注意で壊してしまったもの、だけれど。

とにかく、残った最後の1つはこれからも活躍してもらうことにします。

 




関連記事

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

今日捨てたもの 8/21 食器は揃いじゃないとダメ?

8月は 「毎日ひとつづつ捨てる」 というルールを決め、日々実行中です。 お

記事を読む

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

キャパシティの小さい人間が持てるモノの数。

By: Bob[/caption] capacityという単語。日本で多用されるようになった

記事を読む

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

ミニマリストへの道。

究極はスーツケース1つで生きていくこと。 そんな理想を胸に自分の暮らしを徐々に改変している最中

記事を読む

海外旅行に便利なバッグ、現金、カード、パスポートも入る。

昨年中に手に入れたものでこれはよかったなあとしみじみ感じるものについて書きました。 関

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑