渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

公開日: : 最終更新日:2015/10/17 食べること

By: Kzaral

土曜日の渋谷は久しぶり。

というか、人混みが苦手な私は「渋谷」「土曜」それぞれ単独でもそこそこの苦手分野。

よってこれら2つを掛け合わせるなんて、なかなかハードルが高い行為なのです。

それでもいそいそと出かけて行ったのは昼酒のため。

人間、本当にやりたいことのためにはやりたくないことをやることも厭わない、という好例ですね。




 

鳥竹総本店で昼酒を楽しむ

toritake

覚悟して出かけた割には少し駅前を離れると人通りは少なめ。あれ、土曜の渋谷ってこんな感じだったっけ?

さて、本日の会合場所は渋谷マークシティ裏の焼き鳥店「鳥竹」。

toritake4

渋谷にはてんで疎いので探索することもあまりないのですが、この辺りって結構昼酒スポットが多いのですね。焼き鳥の店が点在しているからか、煙の誘惑が凄い。週末の昼下がり、あちこちの店で宴が繰り広げられていました。
鳥竹も平日はランチメニューを出しているそうですが、週末は14:00オープンの完全昼酒仕様。日曜祝日も営業しているのがありがたいではありませんか。店前で開店時間を待っている人もいましたよ。

鳥竹総本店 渋谷 メニュー

大衆酒場好きとしてはこういう壁に貼られた品書きにグッと来るのです。

toritake5

明るいうちに呑むのってなんでこんなに楽しいんでしょうね。

渋谷 鳥竹 ピーマン肉詰め ささみぬた

奴、焼き鳥、ピーマン肉詰め、ささみぬた和えなど。

ここは1品、1串のボリュームがかなり多めなので、1人よりも複数人数で行くほうが楽しめそう。1人だったら串2〜3本で満腹になりそうな勢い。そして生ビールのサイズもデカイ。
結構大箱なので大人数じゃなければ待たずに入れる安心感があるのもいい。気軽な昼酒ってのはしっかり予約するでもなく、話題の店にわざわざ長時間並ぶでもなく、ふらっと行ってふらっと呑む、が正解だもの。凄く安いとか特別変わったメニューがあるというわけじゃないけれど、昼下がりの渋谷でゆっくり呑むにはとても都合のよいお店です。

=====================
鳥竹総本店
東京都渋谷区道玄坂1-6-1
=====================

世知辛いけどいい時代

生ビールを呑みながら

「最近あんまり呑みに出てないんだよね」

とこぼす友人。

聞けば会社の同僚はまだ小さいお子さんのいる方が多く、若い後輩たちは酒を呑まないそうで、仕事帰りに軽く一杯行こうか、のノリがめっきり減ったのだとか。子育て中のママさんは突然誘えないにしても、呑まない人とは食事くらい一緒に行けるのでは?と思ってしまうのだけど、そこは昔とは勝手が違うようでなかなか気軽に誘えないと言います。

残業後に上司や先輩に付き合わされて云々、なんてのは、もう昔の悪しき習慣として葬り去られているのでしょうね。いや、友人は全く酒癖は悪くありませんが、上司の誘いは断りにくい、なんていう感覚も最近はさほどないらしい。

上司や先輩に遊び方や街のお作法を教わった経験のある昔の人間としてはなんだか寂しいような気もするけれど、それとこれとは別問題。社内での発言力が弱い若い人でもプライベートを大切にしたいとはっきり主張できる今の世の中は案外まともなのかもしれません。そういう意味ではいい時代になった、と言えるのかな。

などと話していると店内はほぼ満席状態に。そして場所柄なのか、若い人が多い!

「いるところにはいるんだねえ、酒好きの若者が」

老舗の酒場でお行儀よく昼酒を楽しむ若者たちの姿に、なんとなく嬉しくなった私たちなのでした。






関連記事

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

170125ienomi_4

塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶらで晩酌。

実際の体温上昇云々は別としても、白菜は暖をとる野菜だよなあと感じます。 冬の野菜だから

記事を読む

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

これまでの摂取数は5尾。今年は秋刀魚好きとしてなかなか充実した秋でした。 その内訳は

記事を読む

鶏レバーソテー

鶏レバーソテー、じゃがいものクリームチーズ和えで赤ワイン。

週末ワイン復活の兆しです。 寒いし久しぶりにグラタンでも焼こうかしらと考えるも妙にレバ

記事を読む

紅芯大根と貝割れのサラダ

紅芯大根と貝割れのサラダ、粕汁献立。

昨日と内容はほとんど変わらない晩酌献立ですが、せっかく写真があるので書いておきましょう。

記事を読む

soft-cream

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

モロヘイヤとトマトのスープ なすと春雨のバジル炒め

なすと春雨のバジル炒め、モロヘイヤとトマトのスープ献立。

先日コメントでも触れましたが、ネバネバぬるぬるしたものが好きです。 野菜ならオクラ、空

記事を読む

kobefood1608_5

神戸で酒を呑むならば。

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。 生まれ育った場所・神戸の飲食店にさ

記事を読む

さばの梅蒸し献立

鯖の梅蒸し、ほうれん草としいたけの吸い物。

鮮魚売り場で鯖と目が合う。 一人暮らしの身としては半身で売られているのがベストなんだけ

記事を読む

蒸し鶏ネギソース

家飲み献立 蒸し鶏ネギソース、白菜とベーコンのスープ。

安くなってきたのではしゃいで購入した白ネギが大量にあります。 「大量」といっても普通に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑