鯖のおろし和え、えのきの卵とじ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

鯖の水煮缶レシピ

先日スーパーの店先で鯖の水煮パウチを見かけました。

 

最近は切り干し大根とかひじきの煮物なんてものまでパック入りで売られていますが、鯖の水煮も缶だけじゃなくてパウチの時代なのか。慣れ親しんだ缶じゃなくてパウチにするメリットとは果たして。

などと考えながら入店したものですっかり鯖気分になってしまいました。よくあることです。

鯖のおろし和え、えのきの卵とじ献立

鯖の水煮献立

  • おつまみ奴
  • 焼き大根
  • キャベツのおかか和え
  • えのきの卵とじ
  • 鯖のおろし和え

おつまみ奴

ぬか漬けのせ冷奴

刻んだぬか漬けと千切り大葉、鰹節、いりゴマをのせた豆腐にごま油をまわしかけた飲める冷奴。本日のぬか漬けはなすとオクラ。

焼き大根

焼き大根

3cm幅に切った大根をオリーブオイルをひいたフライパンにのせ弱火でじっくり焼くだけの焼き大根。味付けは粗塩と胡椒。

キャベツのおかか和え

キャベツのおかか和え

茹でたキャベツをおかかじょうゆで。

えのきの卵とじ

えのきの卵とじ

昆布出汁を塩とみりん、しょうゆで味付けしえのきを加えて煮ます。柔らかくなったところにざく切りの三つ葉を加え溶き卵を回しかけ緩く固めて完成。出汁は薄味に仕上げて汁物的にいただきます。

鯖のおろし和え

鯖のおろし和え

鯖の水煮と大根おろし、千切りの大葉を器に盛り黒七味をかけるだけ。醤油をちょろっと垂らしたり、ポン酢や柑橘系で酸味を加えても美味。

ちなみに私が購入したのは結局いつもの鯖水煮缶。このまま食べるには少々味が濃く塩分が強く感じられる鯖の水煮は大根おろしやオニオンスライスと合わせると幾分マイルドになってつまみにもちょうどいいのです。これは間違いなく日本酒ですね。ということは、ご飯のおかずにもなりますね。

日本酒にあうおつまみレシピ

時期的にそろそろ秋刀魚といきたいのですが、なぜかタイミングが合わず未だ食せず。
秋刀魚や鯖、鰯、鰺などの青魚系は大好物。中でも年中通じてお世話になっているのは圧倒的に鯖の水煮缶だと気付きました。秋刀魚も鰯も好きなのに、缶詰となるとなぜかいつも鯖を選んでいる、そして水煮に限る。これは単なる好みの問題か、はたまた水煮缶という癖の少ない味付けだからこその汎用性の高さゆえか。

とにかく魚は食べたいけど調理が面倒、匂いが気になる、手間いらずのつまみで今すぐ飲みたい、という時に頼れる食材です。

 




関連記事

さつまいもと鶏肉のグラタン

さつまいも入りチキングラタン、ロマネスコサラダで赤ワイン。

本日も駆け込み冬メニューです。って最近そればっかりですね。 3月に入ったというのに全然

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

卵黄の醤油漬け

卵黄醤油漬け、三つ葉奴で家飲み。

気になっていたのですが、ここ数日写真がどうにもおかしい。 原因はカメラか?また故障か?

記事を読む

にんじん炒め献立

にんじんの炒めもの、三ッ葉と油揚げのおろし和え献立 。

先日にんじんを爆買いしたんですよ。 まあ「爆」ってのは嘘なんですけど。単に買っただけ

記事を読む

おひとりさまの家飲み セロリ葉のサラダ、トマトのオイルマリネ。

昨日はワインが吞みたくなったので、近所の美味しいパン屋さんへ。 いつも行くスーパーと正反対の方

記事を読む

さんまの酒蒸し

イベントごとに縁がない一人暮らしが季節を感じる方法。

2021年秋のさんま料理第二弾です。定番コンビで、今年も秋を感じる。初手は塩焼きでご機嫌を

記事を読む

バーニャカウダとワインで一人晩酌。

今日は珍しくランチにへヴィーかつジャンキーなものを食べてしまった。 おかげで少々胃が重

記事を読む

焼きかぶ、蒸し鶏と青菜のわさび和え献立

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしま

記事を読む

家飲み献立 11/17 すき煮、キャベツの生姜蒸し、そして一升瓶。

さて、突然ですが、久しぶりに一升瓶を買いました。 わーい。 いやあ、酒飲みとしては、

記事を読む

魚の献立

晩酌献立 9/23 鰤カマとキャベツの酒蒸し、塩昆布のポテトサラダ。

毎日の晩酌を記録し続けているわけですが、作ったら早く食べたいので写真撮影はさっさと済ませてし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑