スヌードのコーディネイトで知る40代ファッションのアクセント。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

旅の間は手持ちの洋服をぐっと減らすようになったこの頃。

年末年始の旅も持参するアイテム数はかなり絞っていました。

関連 旅のファッション 荷物を少なくするため洋服は現地調達すべし?

寒さを考慮して持参したアウターはダウンのみ、だった今回。久々に違うコートも着ましょうかと赤いコートを手にとって、ふとあまり活用できていないアイテムを思い出しました。

そういえばこれ、気に入ってるのに数回しか使ってないなあ。

スヌードを使った今のコーデを考える

スヌードコーデ

気に入っているのに使いこなせていないアイテムとは、かなり厚手のスヌード。
写真はやや濃い目に見えますが、実際はかなり明る目のグレー。ざっくりとした網み目とカジュアルすぎないシルエットが気に入っているものの、登場回数の少ないアイテムのひとつです。

はて、なぜこれをあまり使ってこなかったのだろう?

考えてみると原因は2つ。

ひとつは髪型。
これを購入した当時はまだ髪が長かったので、首もとにボリュームの出るスヌードと長い髪のバランスを考えあぐねていたこと。アップにしちゃえばいいんだけど、そうなると寒いし、服とのバランスが云々とかいろいろ考えていたような気がします。

そしてふたつ目は設定。
毎度おなじみで恐縮ですが、そこそこのお値段で購入したアイテムなのだからなんとなく「よそゆき」として扱わなきゃいけないような気がしていたんですね。

関連 ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

なんという貧乏性。ていうか、「よそ」ってどこだ。また舞踏会か。

かなりキレイめのデザインとはいえ、スヌードはスヌード。たとえ舞踏会にお呼ばれしてもこれをドレスの上にまとってダンスをすることはできないでしょう。

もうかわいくはならないから大丈夫

というわけでさっそく着用。

ショート丈の黒ジャケットにデニム、足元はスニーカー、昭和のコートを羽織った首元このスヌードを巻き、ついでに髪も癖毛っぽく巻いて無造作感を演出してみました。アクセサリーはサングラスのみ。

昔はね、赤と明るいグレーなんていうふわっとしたカラーを組み合わせるとか、こういうコーデの足元にスニーカーを持ってくる、ということがどうしてもできなかったのですよ。異なるテイストのアイテムを組み合わせるのが苦手な上に。うまくハズせないというか。

それは偏にファッションに対して

「カッコよさ」

を追求していたからこその苦手意識であって、スニーカーとか履いてカジュアルダウンすると「かわいい」になっちゃうからイヤ!という拒否反応でもありました。

そんな私もすっかり大人。
明るい色合いの組み合わせとスニーカーくらいではもうどう間違ってもかわいくなんてなりっこないのでした。

いやあ、年齢っていうのは時に強力なアクセントとなってコーディネイトを助けてくれますね。ってかなりいいように言ってますが。

40代女性のファッション

とにかく、適度にハズすことにも抵抗がなくなってきた今日この頃。
このスヌードもこれで晴れて一軍入りだね!とご機嫌で出かけたのですが、もう一つ問題が。

これ、見た目ほど暖かくなかった。
あれ?これも登場回数が少ない原因だったか?

まあいいや。レザーやダウンと合わせるとか、秋口にアウターとして活用するとか、いくらでも方法はあるさ。
新たなコーディネイトを思いついたことでようやくうまく着こなせる自信がついたお気に入り、まだまだ手放す気にはなれないのでした。

 




関連記事

軽くて小さい、はどれくらいもってくれるのか。

早いもので、我が相棒も、もうすぐ3歳。 MacBook Air 11インチを購入。小さ

記事を読む

依存の強さにうんざりする。

去年1年間で買ってよかったもの、第1位。 関連 2017年 買ってよかったものベスト3

記事を読む

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

By: Sam Churchill[/caption] へええ、と思ったのですが。 参考 女の

記事を読む

今日捨てたもの 捨てて壊してストレス発散。

By: Alan O'Rourke[/caption] 身長、体重、年収に貯蓄。はたまた服や

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

By: Emily May[/caption] 今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしていま

記事を読む

にじますのハーブ焼き

にじますハーブ焼き、小松菜としめじのスープで白ワイン。

釣り人から下処理済みのにじますをせしめました。 馴染みのない魚の調理、臭かったらいやだ

記事を読む

宅配で買取不可になったブランドアイテムを実店舗に持ち込んでみた。

先日宅配買取で「お断り」をくらってしまったブランドアイテムたち。 参考 ZOZO US

記事を読む

欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

旅先で何か素敵な出会いがあればケチらず迷わず手に入れます、と言っていた先月。 関連 旅

記事を読む

今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

お久しぶりの捨て記事です。 基本的に手放したもの、新たに入手したものに関しては自分の備忘録

記事を読む

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑