玉ねぎの卵焼き、キャベツと海苔の白和え。

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 家飯, 食べること

150717d5

3連休ですか。

暦とは全く連動しない日々を送っている私は休日に特別な感情はないのでいつも気づくのが遅いです。

昔は3連休前の金曜日なんてめちゃくちゃ嬉しかったのになあ。

そう考えると毎日が夏休み状態っていうのも少しばかり寂しいものですね。

玉ねぎの卵焼きで家飲み

玉ねぎの卵炒め 献立

  • 糠漬け
  • 切昆布の煮物
  • キャベツと海苔の白和え
  • 玉ねぎの卵焼き
  • 手羽元と大根の煮物

糠漬け

糠漬け

本日の糠漬けはにんじん、オクラ、大根。他の料理で余った材料をぽんぽん漬けておけるので野菜がなかなか使い切れない1人暮らしにはいいですよ、糠漬け。

キャベツと海苔の白和え

キャベツの海苔白和え

茹でたキャベツと水を切って崩した木綿豆腐を塩、ごま油、ごま、ちぎった焼き海苔で和えた甘くない白和え。見た目が少々雑ですが、いいつまみになります。

玉ねぎの卵焼き

玉ねぎの卵炒め

フライパンで薄切りの玉ねぎをしんなりするまで炒めたところに卵を投入、弱火でじっくり水分が飛ぶまで焼いた卵焼き。味付けは塩と酒で。

手羽元と大根の煮物

手羽元と大根の梅煮

こちらは先日の残り物。手羽元も大根も白すぎてなんだかよくわからない写真になっておりますが、日本酒にぴったりくる煮物です。

連休前でも通常運転の質素な晩酌献立。
野菜ばっかりで豪華さは皆無だけど、こういうのが毎日の晩酌には嬉しいんですよねえ。

日本酒にあうおつまみレシピ

切昆布の煮物と糠漬けのおかげで時短も時短だった今週の晩ご飯準備。毎日カレーとかシチューを食べ続けるのはキツイけど、こういう地味な副菜って毎日でも全然飽きないのは私だけでしょうか。目立たないけどしっかり仕事する、縁の下の力持ち的存在で頼れます。

と、大活躍の糠床ですが、毎日美味しくいただいているのでこのペースで行くと糠がどんどん減ってしまいそう。なるべく無駄が出ないように扱っているものの、やっぱり毎日漬けていると減っちゃいますからね。
仕上がり糠床を利用しているおかげでいいコンディションを保てているので、足し糠でダメにしてしまわないように気をつけなくては。

ところで糠漬けといえば野菜ですが、実はへしこも大好物です。さっと炙ると旨いんですよねえ。ご飯のお供にも、酒の肴にもいいのよねえ。

いかん、食べたくなってきた。

 




関連記事

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。 茹でた時の皮ってぶるんと

記事を読む

肉豆腐、なすと三つ葉のサラダで家飲み。

帰宅途中のスーパーで、とりあえず豚薄切り肉を買ったものの、迷う。 普段は買い物した時点

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

葱味噌入り焼き油揚げの作り方

晩酌献立 油揚げの葱味噌焼き、干しほうれん草のオイル蒸し。

油揚げが好きです。 豆腐や納豆など豆製品はなんでも好きですが、油揚げの汎用性の高さは異

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

焼き油揚げ

家飲み献立 焼き油揚げ、蒸しなす。

晩酌スタイルを変えてからなかなか好調です。 関連 一人晩酌のあり方を考える。 し

記事を読む

梅納豆おろしうどん

休肝日のメニュー 梅納豆おろしうどん。

休肝日、とか言ってますが、休ませたいのは肝臓じゃなくて腰。ぎっくり腰のおかげで久しぶりに4日

記事を読む

豚ロースの梅ねぎ焼き

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立。

豚ロース肉を冷凍してたんだった、あれを焼いて食べよう。 脳内で献立を組み立て、解凍した

記事を読む

鰺のたたき

鰺のたたき、きくらげとザーサイの冷奴で日本酒。

今夜は冷しゃぶにでもしようかな。 と思いつつ鮮魚売り場も念のため巡回していると、まるっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑