葉玉ねぎと新じゃがの塩煮、水菜とえのきの煮びたし献立。

公開日: : 最終更新日:2017/07/23 家飯, 食べること ,




新シャガと新たまのおかず

使い慣れない野菜、葉玉ねぎ。

関連 葉玉ねぎのすき煮、蕪の葉とえのきのおろし和え献立。

初回はすき煮にして楽しみました。

残りはどうしようかと考えて、同じく季節モノの新じゃがと合わせることに。塩煮、とか言ってますが、平たく言えば塩味の肉じゃがですね。

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮、水菜とえのきの煮浸し献立

170525ienomi_7

  • ピーマンのナムル
  • 梅おかかれんこん
  • 水菜とえのきの煮びたし
  • 葉玉ねぎと新じゃがの塩煮

ピーマンのナムル

ピーマンのナムル

輪切りにしたピーマンをさっと茹で、塩、胡椒、ごま油で味付け。

梅おかかレンコン

梅おかかれんこん

叩いた梅肉、鰹節、しょうゆを合わせ、一口大に切ってさっと茹でたレンコンを和えます。

水菜とえのきの煮びたし

水菜とえのきの煮びたし

鰹出汁に塩、みりん、しょうゆで薄く味をつけ、あらかじめ茹でておいたえのきと油揚げ、水菜を入れてさっと煮ます。イメージとしては具沢山のお吸いもの。汁も余さず飲んでしまえる程度の薄味にするのがよろしいかと。

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮

フライパンに牛薄切り肉、葉玉ねぎの白い部分、皮をむいて一口大に切ったじゃがいも、潰したにんにくを並べ、塩、荒く刻んだ粒胡椒を加え、酒を回しかけ蓋をし火にかけます。水分が足りなければ途中で水を加え、じゃがいもがやわらかくなるまで煮たら完成。

最初は普通にしょうゆが入った甘辛味の肉じゃがにしようかと考えていたのだけれど、それだと前回のすき煮と変わらんな、と作戦変更。そういや前に作ったたらとじゃがいもの煮たのが旨かったなあと思い出し、キリッと塩味に落ち着いたのでした。

盛り付けはイマイチ美しくないけれど、胡椒とにんにくの効いた塩煮は旨し。日本酒のお供として、甘辛バージョン肉じゃがに勝るとも劣らない出来になったかと。

日本酒にあうおつまみレシピ

ところでピーマンの切り方が妙な感じですが、実は当初卵と一緒に炒めようと考えて輪切りにしたのです。が、塩煮でフライパン使うし、煮浸しもあるし、なんかもう1つフライパンを使うのが面倒になってしまったというオチ。

別に大した手間じゃないんですが、その瞬間の気分で突如メニューが変更になること、ありませんか。恐ろしく食い意地のはっている私でさえたまにあります。

しかし出来上がりの写真を見てみたらば、卵の黄色があったほうがよかったかもね、とは思う。ボリュームとしてはこれで十分なんだけど、さて、何が正解だったのだろう、と、本日も晩酌献立道をぽちぽち歩むのであった。

 




関連記事

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

家飲み献立 11/10 鯖と白菜の煮物他全5品で晩酌。

いやあー、今日は暖かかったですね。久しぶりにごついアウターなしで薄手のパーカーだけで外出でき

記事を読む

せせり鍋

一人鍋で晩酌 鶏の塩鍋。

冷蔵庫を空にして出かけるために、鍋は外せません。 まあそうでなくても冬場は鍋率が高くな

記事を読む

ねぎ卵丼献立

休肝日ごはん 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。 早いもので今回で最後です

記事を読む

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

これまでの摂取数は5尾。 今年は秋刀魚好きとしてなかなか充実した秋でした。 その

記事を読む

豚ロースの梅照り焼き定食

豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立。

生野菜をむしゃむしゃ頬張る快感は白ごはんのそれとも通じるものがある。そう考えるようになってか

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

茄子の蒸し煮

ごま鯖の酒蒸し、茄子の蒸し煮。

鮮魚売り場をウィンドウショッピング(by 湘南いそいそ家飲み日記。)していたら、思わぬ出会い

記事を読む

生ピーマンと肉団子

生ピーマンとベトナム風肉団子、かぼちゃサラダ献立

焼きつくねに生ピーマンの組み合わせはちょいちょいやっております。 塩つくねと生ピーマン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑