さつまいとチキンの豆乳グラタン、柿とくるみのサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2018/10/28 家飯, 食べること

さつまいもチキングラタン

さつまいもの時期、一度はグラタンを焼く。先日の柿の白和えに引き続き、これまた季節のお約束行事です。

鶏のくわ焼き、柿としめじの白和え献立。

さつまいものお供は鶏肉ときのこ、もすっかり定番化してまいりました。

毎回同じじゃ芸がないような気もするけれど、日々の料理ってのはそういうものかな。

さつまいもチキングラタン、柿とくるみのサラダで赤ワイン

さつまいもチキングラタンの献立

  • 柿とくるみのサラダ
  • さつまいもチキングラタン

柿とくるみのサラダ

柿とくるみのサラダ

粗塩、胡椒、レモン汁、オリーブオイルを混ぜ合わせたドレッシングで大きめに切った柿とベビーリーフを和え、砕いたくるみをのせます。くるみは素焼きで味がついていないもの。普段はそのままワインのお供にポリポリ食べているやつです。

自分からシンプル方面に寄っていくというアプローチ。

さつまいもチキングラタン

さつまいもチキングラタン

さつまいもは輪切りにして水にさらし、水分を拭き取っておきます。フライパンにオリーブオイルをひきみじん切りにしたにんにくと薄切りにした玉ねぎを炒め、しんなりしたらしめじを投入。野菜の上にさつまいもをのせ蓋をして蒸します。さつまいもがやわらかくなったら豆乳を加えて塩、胡椒で味付けして軽く煮込み、水溶き片栗粉でとろみをつけたらタネの完成。

うつわに盛ってチーズをのせてオーブンでこんがり焼き、仕上げにパセリのみじん切りをふります。

タネを作る→焼く という手順を踏むので普段より解説が長くなっておりますが、フライパンでバーっと炒めたらあとは焼くだけなので実はラク。この手の料理はオーブンが焼いてくれている間にサラダの準備ができるので、効率よく作業が進みます。

赤があったのでいきなり開けたけど、さっぱりしたサラダの味を考えれば白から赤へと変えるのもよさそうです。

ワインを飲む日のおつまみ

こっくり系のホワイトソースじゃないのでたっぷり食べても重たくならないのが豆乳ソースのよいところ。チーズの風味でグラタンらしさはちゃんと味わえて、ワインもしっかり進みます。

ここ数年、グラタンといえばこのさつまいもグラタンとじゃがいものグラタンを作り続けているような。めっきり日本酒党になってしまったことで和食率が上がり、こういう洋風つまみの登場回数が減少傾向にあるんですよね。

でも、今からの季節はオーブン料理やら煮込み料理やら温かいスープやらが恋しくなる。今年は定番料理以外も作る気になれるかしらん。

 




関連記事

ちぢみほうれん草のオイル蒸し献立

ちぢみほうれん草オイル蒸し、椎茸のホイル焼き献立。

ちぢみほうれん草、初登場かもしれません。 ほうれん草は好きな野菜なのだけど、青菜を使う

記事を読む

砂ずりのガーリックソテー

砂肝のにんにく炒め、蕪の煮浸し。

いやー、春っぽい。 出掛けに上着はいらないかな、と思ったものの帰り寒いのがイヤで結局着

記事を読む

白菜とツナのうま煮

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッ

記事を読む

ビールもワインも参戦のサンデーブランチ。

お勤め人でもない癖に、日曜日はついつい自分を甘やかしてしまう私。 昼から美味しいお酒を呑む

記事を読む

奈良漬 白菜と油揚げの味噌汁 新玉ねぎとトマトのサラダ 塩豚とキャベツの蒸し煮

塩豚とキャベツの蒸し煮、新玉ねぎとトマトのサラダ献立。

久しぶりの塩豚です。 塩豚料理を作るぞ、とわざわざ仕込んだのではなく、先日使いきれなか

記事を読む

谷川岳 源水吟醸

群馬の酒 谷川岳 源水吟醸とピェンローで晩酌。

残る関東地方の酒でお目当てがなかなか入手できず、今週は諦めて別の地方へ飛ぼうかなと思ったので

記事を読む

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

丸はんぺんを焼いたのですか? という謎ビジュアルになっていますが、違います。れんこん入

記事を読む

柿のチーズ和え

豚肉とピーマンの炒めもの、柿のチーズ和え。

店頭に柿が並んでいますね。 果物として食べる柿には実は全く興味がありません。そのまま剥

記事を読む

家飲み献立 11/22 たら豆腐とぬる燗で晩酌。

「たら」って、ひらがなで書くとなんかわけわかんないですね。 鱈、です。魚の鱈。 にお

記事を読む

キャベツとしらすのアーリオオーリオ

1人家飲み 5/30 キャベツとしらすのアーリオオーリオ、梅海苔とろろ。

メールの受信音で目が覚める朝。 友人から明け方に届いたのはとある酒場の大将が亡くなった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑