滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

喜楽長 辛口吟醸

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

あ、三重も近畿地方になるんだっけ。

三重とか滋賀ってどの地方に属するのと考えるのか微妙なところがありますよね。滋賀は関西色が強い気もするし、実際にお住いの方はどうなんでしょうか。もちろん、県内でも地域によって違うでしょうけれど。

滋賀の酒 喜楽長 辛口純米吟醸

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒は喜楽長の辛口純米吟醸。水色の瓶は夏の晩酌にぴったりといった感じ。

参考 喜楽長 会社沿革(喜多酒造株式会社)

初代の喜多儀左ェ門が酒造りを始めたのは、文政3年(1820年)のことでありました。当時は屋号を天満屋と称し、近隣の農家より米を買い受け、酒を造り八日市の周辺で酒を売っておりました。以来、酒造業を代々受け継ぎ、180余年。『喜楽長』という銘柄は、お客様に喜び、楽しく、酒を飲みながら、長生きをしていただけるようにと、念じつつ名づけたとのことであります。

喜楽長、いい名前ですな。私も楽しく酒を飲んでいます、長生きのほうもそれなりに頑張ります。

さて美しい水色の瓶についた水滴を眺めながら冷たいままで一口。辛い。
純米吟醸なのだけど香りは弱め。口に含むとまろやかな風味は広がるものの、後口がキリリと辛い。いや、キリリどころじゃないな、ガツンと辛い感じ。これは食中酒にいいですね。今これを書いていて初めて知ったのだけど、アルコール度はやや高め。肴があればするする入ってしまう酒ゆえに少々注意が必要になりそうです。怖い怖い。

滋賀の酒 喜楽長純米吟醸 データ

蔵元 喜多酒造場(滋賀県・東近江市)
種類 純米吟醸
精米歩合 55%  山田錦
日本酒度  +14
酸度  1.6
アルコール度  17〜18度

 

油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え献立

油揚げの甘辛煮献立

  • ぬか漬け
  • キャベツのうま煮
  • ししとうとちくわ炒め
  • 豚肉の梅しそ和え
  • 油揚げの甘辛煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根、にんじん、オクラ。

キャベツのうま煮

キャベツのうま煮

豚肉の茹で汁に塩、胡椒、しょうがの薄切りを加えキャベツをくったりと煮て最後に水溶き片栗粉で強めにとろみをつけます。

ししとうとちくわ炒め

ししとうとちくわの炒めもの

ちくわとししとうをごま油で炒めしょうゆで味付け。ちくわに塩分があるのでしょうゆは控えめが吉。

豚肉の梅しそ和え

豚肉の梅しそ和え

さっとしゃぶしゃぶした豚薄切り肉を酒で伸ばした梅肉と千切りの大葉で和えたもの。茹で汁はキャベツのうま煮に流用。

油揚げの甘辛煮

油揚げの甘辛煮

油抜きした油揚げを昆布と鰹でとった濃いめのだし汁にみりんを加えたもので煮ます。途中でしょうゆを加えてさらに煮含めて一旦冷まして味が染みたら完成。黒七味を振って。

油揚げをメインで食べましょう、というときはそのまま、もしくは納豆やチーズ、ネギを挟んで焼くパターンが圧倒的に多いのですが、たまには甘辛く煮てみようかなと。このままうどんやそばに乗せるのもいいけれど、辛口の日本酒と合わせるのもなんともいい感じです。

日本酒にあうおつまみレシピ

ちょっとたんぱく質多めだったかしら。でも、日本酒がより美味くなるアテばかりですっかりご満悦。最近益々簡単なものしか作らなくなってきているけれど、簡素なりに充実した家飲みライフを送っています。部屋でのんびり杯を重ねる楽しさよ。




関連記事

親子煮献立

親子煮、きのこおろし献立。

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。 日本酒によく合う親子煮は晩

記事を読む

焼き白菜

焼き白菜、切り昆布の煮物で家飲み。

昨日白菜を買い求めたのは鍋にしようと思ったから、というのもありますが、漬物を仕込んでおきたか

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

三つ葉と昆布の卵焼き

三つ葉と昆布の卵焼き、アボカド海苔和えで晩酌。

炒めもの、酒蒸しに引き続き、本日も切り昆布シリーズ。 少しだけ余っていた切り昆布は、卵

記事を読む

お家で簡単サムギョプサル 1人暮らしの晩ご飯。 

今夜は訳あって早めに夕食を済ませなければなりませんでした。 ゆえに、ささっと簡単調理。

記事を読む

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

塩漬け肉の結果が、こちらです。 手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

記事を読む

福岡の酒 神力

福井の酒 富成喜 神力米 かすみ生原酒で晩酌 冷しゃぶわかめおろし和え献立。

本日は福井の酒で晩酌です。 勝手に日本酒全国ツアー なぜ福井かと言うと、近頃お気

記事を読む

トマト豚しゃぶ

トマト豚しゃぶ、にんじんとツナのサラダ献立。

肉をさっとゆでて野菜とあわせる冷しゃぶは、夏のつまみにうれしいですね。 しかし7月前半

記事を読む

ニラ餃子とビール

ニラ餃子、ぬか漬けで家飲み。

あれ、もしかして今季初ビールでしょうか。初ビールですね。 そして餃子が登場するのも初め

記事を読む

漬物ステーキ

白菜漬けの卵炒め、トマトとわかめのサラダで家飲み。

夏場はぬか漬け、冬場は白菜漬けが最も手軽で便利で使える漬物だと思っています。 よって、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑