滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

喜楽長 辛口吟醸

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

あ、三重も近畿地方になるんだっけ。

三重とか滋賀ってどの地方に属するのと考えるのか微妙なところがありますよね。滋賀は関西色が強い気もするし、実際にお住いの方はどうなんでしょうか。もちろん、県内でも地域によって違うでしょうけれど。

滋賀の酒 喜楽長 辛口純米吟醸

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒は喜楽長の辛口純米吟醸。水色の瓶は夏の晩酌にぴったりといった感じ。

参考 喜楽長 会社沿革(喜多酒造株式会社)

初代の喜多儀左ェ門が酒造りを始めたのは、文政3年(1820年)のことでありました。当時は屋号を天満屋と称し、近隣の農家より米を買い受け、酒を造り八日市の周辺で酒を売っておりました。以来、酒造業を代々受け継ぎ、180余年。『喜楽長』という銘柄は、お客様に喜び、楽しく、酒を飲みながら、長生きをしていただけるようにと、念じつつ名づけたとのことであります。

喜楽長、いい名前ですな。私も楽しく酒を飲んでいます、長生きのほうもそれなりに頑張ります。

さて美しい水色の瓶についた水滴を眺めながら冷たいままで一口。辛い。
純米吟醸なのだけど香りは弱め。口に含むとまろやかな風味は広がるものの、後口がキリリと辛い。いや、キリリどころじゃないな、ガツンと辛い感じ。これは食中酒にいいですね。今これを書いていて初めて知ったのだけど、アルコール度はやや高め。肴があればするする入ってしまう酒ゆえに少々注意が必要になりそうです。怖い怖い。

滋賀の酒 喜楽長純米吟醸 データ

蔵元 喜多酒造場(滋賀県・東近江市)
種類 純米吟醸
精米歩合 55%  山田錦
日本酒度  +14
酸度  1.6
アルコール度  17〜18度

 

油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え献立

油揚げの甘辛煮献立

  • ぬか漬け
  • キャベツのうま煮
  • ししとうとちくわ炒め
  • 豚肉の梅しそ和え
  • 油揚げの甘辛煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根、にんじん、オクラ。

キャベツのうま煮

キャベツのうま煮

豚肉の茹で汁に塩、胡椒、しょうがの薄切りを加えキャベツをくったりと煮て最後に水溶き片栗粉で強めにとろみをつけます。

ししとうとちくわ炒め

ししとうとちくわの炒めもの

ちくわとししとうをごま油で炒めしょうゆで味付け。ちくわに塩分があるのでしょうゆは控えめが吉。

豚肉の梅しそ和え

豚肉の梅しそ和え

さっとしゃぶしゃぶした豚薄切り肉を酒で伸ばした梅肉と千切りの大葉で和えたもの。茹で汁はキャベツのうま煮に流用。

油揚げの甘辛煮

油揚げの甘辛煮

油抜きした油揚げを昆布と鰹でとった濃いめのだし汁にみりんを加えたもので煮ます。途中でしょうゆを加えてさらに煮含めて一旦冷まして味が染みたら完成。黒七味を振って。

油揚げをメインで食べましょう、というときはそのまま、もしくは納豆やチーズ、ネギを挟んで焼くパターンが圧倒的に多いのですが、たまには甘辛く煮てみようかなと。このままうどんやそばに乗せるのもいいけれど、辛口の日本酒と合わせるのもなんともいい感じです。

日本酒にあうおつまみレシピ

ちょっとたんぱく質多めだったかしら。でも、日本酒がより美味くなるアテばかりですっかりご満悦。最近益々簡単なものしか作らなくなってきているけれど、簡素なりに充実した家飲みライフを送っています。部屋でのんびり杯を重ねる楽しさよ。




関連記事

此君純米無濾過生原酒

鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒で晩酌 鯛あらとわかめの酒蒸し献立。

鳥取にやってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 今回は初訪問の酒屋にて

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏とあわび茸のしょうが味噌、ピーマンの丸煮献立。

蒸し鶏最終日です。 鍋に山盛り作って毎日食べ続けるのが苦手、と散々言っている割にはこう

記事を読む

家飲み献立、鶏豆腐、椎茸と三つ葉の和え物。

寒い寒いと暖を求めてのあたたかメニュー続き、ということで鶏豆腐です。 毎度書いていま

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐で汁飲み晩酌。

今年最後の晩酌献立は、鳥豆腐です。 平素は「鶏豆腐」表記なのですが、今回は本家リスペク

記事を読む

カシラの塩焼き

カシラ塩焼き、キャベツ味噌で家飲み。

やきとんってのが苦手でした。 今でこそ全国的に認知されている(多分)やきとん文化ですが

記事を読む

家飲み献立 10/8 砂肝の葱塩ダレ他全5品で晩酌。

皆既月食かあ…と、階段の窓から空を見上げると赤い月。 おお、これは見えるかも!?と慌て

記事を読む

ピーマンの卵とじ献立

私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

記事を読む

年末年始はアワビ祭りで贅沢晩酌。

師走です。年末です、クリスマスです、そして来れお正月。 みなさま、ここぞとばかり贅沢し

記事を読む

にら玉献立

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

偏食に拍車がかかりそうです。 元々野菜至上主義者ではあったのですが、頼りにしていたご近

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑