家飲み献立 10/30 半干しキャベツの煮込みとワインで晩ごはん。

公開日: : 最終更新日:2014/10/31 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

141030d

夜、外から帰って来た時が一番寒く感じるこの部屋。
外気より室内が寒いって、何が原因なんでしょうね…。

でも、現在真剣に冷え取り対策に勤しんでいる身としては、寒い部屋でよかった!とも思うのです。
なぜなら、私の好物であり冷えの大敵でもあるビールを呑む気になれないから。

うーん、我ながら前向きな発想。

 

今夜の家飲みメニュー

141030d2

  • 半干しキャベツの煮込み
  • 茹でるだけのレバーパテ(もどき)
  • にんじんとアーモンドのサラダ
  • 塩もみ白菜
  • チーズ

半干しキャベツの煮込み

141030d4

すっかり寒く&乾燥してきたので、野菜を干すにはいい季節。
ということで、先日購入したキャベツを6つ割りにして早朝から天日干しにしました。
塩胡椒、白ワインで下味を付けた豚肉と干したキャベツと鍋に入れ、にんにく、生姜、ローリエと共に白ワインと少量の水を加えて弱火でぐつぐつ煮込みました。干したキャベツってぐっと甘味がまして、尚且つ独特のしゃくしゃくした歯ざわりが楽しいんですよね。香味野菜を加えることで、体も温まります。

あとはほぼ昨日と同じメニュー。

141030d3

レバーパテ(もどき)があれば、これだけでワインが進むなあ。

レバーを今日中に消費したほうがいいかな、でも、キャベツ煮込みにもなんらかで出汁が欲しいな、と思ったので、品書きだけ見るとなんだか肉々しいメニューですが、キャベツ煮込みにつかった豚肉はほんの少しです。少々の肉でたっぷりの野菜を食べるのは栄養的にも経済的にもとても理にかなった方法である、というのが私の基本的な考え方なので。

シェアハウスの共用キッチンで毎夜料理をしているので、調理時間は30分以内と決めています。
となると、やはり特別な材料も調味料も調理方法も必要としないシンプルな料理に回帰するんですよね。

余談ですが、数年前に一部で話題(?)になった「メシマズ問題」に興味を持ったことがあります。

奥さんの作る料理を「マズ飯」と評すのは結構酷い行為だと思うのですが、その殆どが

「手間ひまかけた愛情一杯のオリジナル料理を旦那様に食べさせてあげたい」

という可愛い奥さまの熱い思いと、

「簡単なものでいいから凝ったアレンジをしていない普通のご飯が食べたい」

という旦那さんとの間で需要と供給が成り立っていない故の悲劇だと感じました。

確かに悲しいかな、手間や時間をかけることと、美味さって、あんまり比例しないんですよね。

知り合いの料理研究家とこのあたりの問題を解決するような料理講座をやりたいね、なんて話をしたことがあるのですが、味覚の違いとか、育った環境の問題だとかが絡み合って、単なる「簡単レシピのお料理教室」では解決しない深い問題なのだという結論に至ってその事業は実現しませんでしたが。

ともあれ、食べることは生きること。

妙なサプリメントでお手軽に栄養補給するよりも、自然な素材の力を最大限に引き出すシンプルな調理で食べ物からダイレクトに栄養を摂取するほうがよっぽど安全だし楽しく美味しいのは言うまでもありません。もちろん、素材が安全であることが必要ですね。

ううむ。
そんな風に考えると、人生を全うすることって、さほど複雑に考える必要なんてないのかも。

暮しの手帖別冊 暮しの手帖のシンプルレシピ 2014年 11月号 [雑誌] (暮しの手帖 別冊)
暮しの手帖別冊
暮しの手帖社 (2014-10-04)



関連記事

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

水菜とエリンギの塩ポン酢和え

晩酌献立 9/15 塩豚と大根のしょうが蒸し、水菜とエリンギの塩ポン酢和え。

驚きの品薄。 そして、野菜がちょっと怯むくらいに高い。 台風の影響もあるのでしょ

記事を読む

目玉焼き丼

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

一人暮らしの料理について、以前調味料に関する「最低限の調味料8つ!これだけあれば十分自炊でき

記事を読む

休肝日ごはん 

休肝日ごはん 焼きなす、島オクラとわかめの味噌汁献立。

夏野菜の中でも特に好きなオクラ。 今年はなかなか夏らしい天候にならなかったせいか、いい

記事を読む

ぬか漬けの卵炒め献立

ぬか漬けの卵炒め、ピーマンとツナの和えもの献立。

今年もぬか漬けの季節がやってまいりました。 毎年5月6月あたりにシーズン開幕となるので

記事を読む

1人暮らしの料理 8/13 お盆に郷愁を誘う味。

街は今夜もお盆らしくひっそりとしています。 帰省しない私のお盆は、冷蔵庫の霜取りなどでそれなりに

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

ワインで家飲み さつまいもときのこのグラタン。

グラタンとワインの組み合わせって結構好きです。 グラタンはいろんな具で作れる便利な料理

記事を読む

秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、あっちもこっちも気になってくる

記事を読む

にらと豚のしょうが炒め

にらと豚のしょうが炒め、きのこスープ献立。

素材の切り方によって、出来上がりの料理は味わいも食感も変わってくる。 ピーマンの塩炒め

記事を読む

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

塩漬け肉の結果が、こちらです。 手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

→もっと見る

PAGE TOP ↑