5年以上同じ靴ばかり履き続けている女。

公開日: : ファッション

5年以上同じ靴を履き続けている女。それは、私です。

ギョサンの便利さについてねちねち書き連ねたのが昨日のことのようですが、すでに6年前。

夏はギョサン一足でまかなえる気がしている

もちろん、今年も履いてます。

5年以上同じ靴を履き続けている女。

ギョサンの登場頻度は冷え性改善の観点から一時よりも減っています。

本気の冷え性改善計画

しかし相変わらず夏場の「ちょっとそこまで」お出かけ時は、ギョサン一択です。あと、つっかけとしては年がら年中大活躍。ゴミ捨て時とか、荷物受け取り時とか。

本来の使い道である海遊びやビーチ散策、岩場よじ登りなどのアクティブシーンにさほど活用していないからか、底がすり減ることもなく、6年前に購入したものが未だ現役。驚きのコスパを実現しております。

同じ靴、といえばここ10年くらいずっと履いているのがコンバース。こちらはさすがに10年間で何足か履きつぶしていて、確か赤ハイ→黒ハイ→白ハイ→白ロー、という遍歴。長らくハイカット派でしたが、ここ数年はローカットのほうがしっくりきています。

ハイカットスニーカーは足が短く見える

同じくスニーカーでは2年前に購入したニューバランスもしつこく愛用。そろそろ買い替えないとヤバイ感じになっている。

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

その他仕事仕様のオックスフォードシューズも含め、まあ飽きもせず同じものばかり履いてるなと我ながら呆れます。靴だけじゃなく、今年の夏もやっぱりTシャツばっかり着てるし。

Tシャツしか着ない夏

決まったアイテムばかりを選ぶこの状態、いつまで続くんだろうか。

40代の好みは、いつまで続くのか。

根本的に好みの装い傾向は変わっていないものの、30代の頃と40後半の今では、やっぱり変化はある。自分の気力体力によるもの、時代の流れによるもの、両方の影響を受けています。ヒールはめっきり履かなくなっちゃっためそめそ。

パンプスは40代のコンフォートシューズ

ということは、今好んで選んでいるスタイルも50代、60代になったら変わるんですかね。それとも10年後「20年も同じ靴を履き続けている女」という記事を書くのでしょうか。

さすがにコンフォートシューズ方面には流れないであろうことはわかっているけれど、それ以外の未来はとんと検討もつきません。

今日捨てたもの、20年後に選ぶ靴

運がよければ十数年後、年甲斐なく妙ちくりんな格好で闊歩するババアになれるのか。それはそれで楽しみではありますな。

持たない暮らし






関連記事

久しぶりのヒール、流行らないブーツ。

先日、久しぶりにヒールを履きました。ヒールといっても華奢なパンプスの類ではなく、ヒールありの

記事を読む

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

服を減らし始めたファッショニスタたち。

  先日友人がSNSにUPしたポストに少々驚きました。 「今年こそはモ

記事を読む

ジャケットの着こなし

100年の恋も冷める、がっかりファッション。

突然ですが人気俳優やタレント、アーティスト(主に男性)の結婚とか熱愛発覚でファン界隈が激しく

記事を読む

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活が再びやってまいりました。

記事を読む

おしゃピクでなぜ悪い インスタ女子の歪んだリア充。

By: dave.see[/caption] おしゃピク? ああ、インスタのことでしょ

記事を読む

ジャケットの着こなし

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

真っ当なお仕事に従事されている大人男女であればビジネスやフォーマルな場でもバッチリな装いを準

記事を読む

真冬のあったかアイテム投入で考える冬の装い。

By: Alexey Kljatov[/caption] 新しくニットを購入しました。

記事を読む

40歳を過ぎたからこそ似合うアイテムは存在する。

サングラスが好きです。 「好き」というよりも、もはや必須アイテムかもしれません。

記事を読む

モロッコバブーシュの臭い取り、対策。

先日、ようやくルームシューズを購入しました。※写真はイメージです。 今までどうしてたか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑