ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 ファッション, ミニマルライフ




エマイユバングル

ku:nel」が島田順子さん特集でした。

リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒体ですが、それはそれとして。ジュンコシマダを着たことはないけれど、島田さんはステキだなあと思う。

大迫力のロンググレーヘアを無造作にまとめ、年齢相応になった肌。そして決してシンプルとは言えない、個性的なコーディネート。

その道のプロだからできることであって、そこらへんのオバさんが真似してもそこらへんのオバさんになるだけよ、という感じはもちろんするのですが、いいなあと思うのは仕方ないじゃないか。

柄と柄も、色味があっていれば大丈夫

ツイードジャケットコーデ

掲載されていたスタイルに派手なプリントのトップスとチェックのスカートというコーデがあり

「柄×柄でも色味があっていれば大丈夫」

というアドバイスがついており、おお、と思う。そして、ちょっと派手な柄が着たくなる。

関連 似合う色と好きな色、橙色のカーディガン、赤パンツ。

そろそろ本格的に秋だし、ちょい派手目のストライプ柄ロングパーカーの合わせ方を考えようかな。インにプリントTとか持ってくるなんてtoo muchなやり方も、今ならアリかもしれない。

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない

hi-sukhumvit-hostel19

一方、創刊10周年を迎えたナチュリラのテーマは「今こそ、似合う服を見直そう」。モデルさんたちのこの10年のコーディネート遍歴が写真で綴られておりました。

で、思ったこと。やっぱりこの手のファッションって、10年たっても全く古さを感じない。

単に私がナチュラル系ファッションに疎くて細かな変化に気がつかないだけなのかもしれないけれど、使っているアイテムも、コーディネートも、そして髪型やメイクまで、ナチュラルで通したスタイルは飽きがこないというのはなるほど、こういうことなのかなと納得する。

関連 シンプルだから飽きない、は真実か。

但し、シンプル・ナチュラルをトレンドと捉えて手を出したとすれば、その方向性自体に飽きちゃう可能性は高いけどね。

で、好きなアイテムを長く着たい、多くのアイテムを持ちたくない私はやっぱりナチュラル系を目指すべきではと思いました、というオチではなく。これからもトレンドをチラ見しながら程よく距離を置きつつ、自分の好きなジャンルのファッションを追求していけばいいやと考えたのでした。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

そりゃ、シンプルファッションは着まわしがきいて飽きもこなくて優秀だし、それらしい人が着ればステキだけど、私、土台がナチュラルには程遠いから。ナチュラルを真似したところで、なんか歪になっちゃうから。というか、別にそのテイストが好きなわけじゃないから。

ミニマリストの持たない暮らし

などとアグレッシヴな姿勢と見せかけて、ku:nelにて山崎まどかさんが書いておられた「読書のスピードを落とす」にはなんだか共感。同じく読書スピードの低下を感じる今日この頃、理解力が落ちているのかしらと私も思っていたからね。

 




関連記事

何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

By: muha...[/caption] コンパクトカメラの修理にようやく着手した、と書き

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

軽い鞄、汚れた女疑惑のその後。

購入してからまだ2ヶ月しか経っていないのにどういうこと? もしかして私はベトネベートハンドな

記事を読む

Facebookアプリをアンインストール。

いつのまにかprime readingなるものが始まっているではないか。 以前旅のお供

記事を読む

モノが多い、捨てられない、片付かない。ならば、まずは不用品を家に入れない工夫から。

先日仕事で某企業主催の説明会に参加してきました。 社内の会議室を利用して開催されたものです

記事を読む

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

自分の中に面白いものがなくてもいい。

孤独はたのしいです。 もともと一人で過ごすのが大好きなので、一人が寂しいとか、誰かに話

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

苦手意識がある方が、結局上手くなる理由。

自分の中に専門的な知識が溜まっていない分野について書かねばなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑