結局のところ「いい服」とは何か。

公開日: : ファッション

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよく聞きますが、私個人はこの秋冬それなりに服を買っています。

買った、というか、買い換えた、と表現するほうが正しいでしょうか。

何しろお気に入りを執拗に着用する上、異様なまでに物持ちがいいタイプ。たまに1枚1枚しっかりチェックしておかなければ、あらいやだもうこれクッタクタじゃないの!という惨事がおこるのです。

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

クッタクタはクッタクタなりの愛おしさというものがあるのですが、社会生活を営む上では、思い切らなければならないこともある。

結局のところ「いい服」の定義とは。

愛しのクッタクタとさよならしての新入りお迎えは、切なくも心踊るもの。新入りともまたクッタクタになるまで付き合いたいと考えるのが人情というものでしょう。

そこで半世紀近く洋装を嗜んで着た今、改めて「いい服とは何か」と考えたらば

「よく着る服」

ではないかと思い至りました。

よく着る服、すなわち、登場頻度の高い服。他にも選択肢はあるのに、なぜか手に取る回数が多い服にはそれなりの理由があります。私の場合は、合わせやすい、着心地がいい、シルエットがキレイ、汚れにくい、シワになりにくい、毛玉ができにくい、洗濯などの手入れがラク、丈夫、などでしょうか。

素材的にもデザイン的にも、そしてお値段的にも結構気を使うのでたまにしか着ないけど好き、という服は確かにある。そういう服は、登場頻度が低くても捨てたりはしません。

ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

でも、今の私にとっての「いい服」とは間違いなく「よく着る服」。最近のラインナップでいえば、黒のVネックTシャツとか、ややオーバーサイズのグレーのパンツとか。めちゃくちゃよく着てるから、ないと困る。

しかしよく着る服はよく洗濯するので傷みも早く、お別れも早くなる。気に入ったアイテムは複数枚持っておいたほうが安全なのだろうけど、別れを受け止めればまた新しい出会いがあることも、私はもう知っている。知ってるもんね。

いますぐ一から人生やり直したい

今期買ったTシャツも、多分またクッタクタになるまで着倒すんだろうな。何年もってくれるかな。何卒よろしくお願い申し上げます。

ものを持たない豊かな暮らし




関連記事

雨の日にはレインシューズを。

雨が続く東京。 梅雨真っ只中だから当然といえば当然だけど、今年は7月初旬に梅雨明けの可

記事を読む

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

40代、なんだか今までの服が似合わなくなった。 この問題と同時に出てくるのが 「40

記事を読む

あたたかそうであたたかくないアイテムで秋の隙間を埋める。

15度ですって。 このまま一気に冬に向かうのでしょうか。私はとても悲しいです。

記事を読む

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

体型が変わらない落とし穴。

By: Håvar og Solveig[/caption] すっかりサイズの合わなくなって

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

By: swong95765[/caption] 最近ブルーのシャツにボーイフレンドデニム、

記事を読む

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

おしゃれに興味がなくなってきた疑惑。

相変わらずあんまり服を買わない生活が続いております。 関連 持たない日々を後悔する春本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑