服と見た目が解決してくれること。

公開日: : ファッション

ny_dt_2

セール時期じゃないですか。

セール。たまには頃合いのものを手に入れて、お得さにホクホクしたい。

しかしながらわたくしなど人ごみの中に突進する気力も体力もないヘタレですから、人が少ないであろう雨の午前中を狙って、街へ出たのです。

セールって、安いね。素晴らしい。

上手にハシゴできる気がしない

baila_9

結果からお伝えすると、またもや何も買わずに帰ってきてしまいました。

ふわっとした白っぽいトップスが欲しいとイメージしていたのに。このイメージが最早ふわっとしてるけど、自分の中ではそれなりに具体的だったのに。

いえね、いいなあと思うものはいくつかあったのです。しかしこう、決め手に欠けるというか、射抜かれるほどの衝撃もなく、そりゃなかなかお得だけれど、今どうしてもこれが必要かと考えるとそうでもないし、とか。

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

さらに以前ならもっとあちこち見て回れたはずなのに、なんかすぐ見飽きちゃって、おまけに午前中に済ませておこうと思っていた用事を忘れていたのを思い出してしまって、あああれやんなきゃだし、もう今日はいいや。帰ろう、となる。

あーいやだいやだこういうの。明らかに買い物が下手くそになっていると実感する夏の午後。

服と見た目で解決できること

結果として戦利品は得られずとも、老体に鞭打って買い物に出かけた利点はありました。

最近はパンプスがまた怖く無くなったことにすっかり気を良くしておりまして。

履かないヒールがどんどん高くなっていく。

ドルマンスリーブシャツにアンクルパンツ、癖のないシルエットのロングカーディガンを引っ掛けて足元はポインテッドトゥのパンプス。などというややコンサバ(あくまで当社比)よりのスタイルを楽しんでいたので、ついついその手のアイテムに目がいっていたけれど、まあ面白みには欠けるよね。

たまにはコスプレ気分のコンサバもいいけれど、本来進みたい道はこっちじゃなかったよね。と、自分の目線のブレを認識することができました。

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

ていうか、この程度で「コスプレ」と言っている時点で道を踏み外している感はある。いや、きっと世の会社員諸氏が普通すぎて飽き飽きだと思っておられるであろう大人のオフィスカジュアル的装いですら非日常として面白がれるのだから、ヤクザな稼業もなかなかどうして捨てたもんじゃないですね(やけくそ)。

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

なぜにこうもハシゴショッピング(買ってないけど)が苦手になったのかといえば、結局は服やファッションのための買い物に時間を費やす情熱が薄れているからに他ならない。けれど、

「大人になって服をきちんと選ぶ努力をするようになってから、明らかに自分に自信が持てるようになった。見た目に関するコンプレックスが薄まったおかげで、性格も仕事へのスタンスも変わった気がする」

と力強く語る友人の言葉にもまた、大きく頷ける。

おしゃれコンプレックスの正体。

人間見た目が全てじゃないけれど、洋服にほんの少し気を使うだけで解決できる問題は、確かにある。

その解決の糸口は、トレンドやブランドの力に威を借りて他者からよく見られよう云々ではなく、自分が自分をどう捉えられるかにかかっているのでしょう。パリッと服着てシャキッとできるのなら、洋服の力を使わない手はないってね。

 




関連記事

サングラス

アクセサリーはどう使う?これからのコーディネイトを考える。

By: liz west[/caption] もともとジュエリー的なものに興味はないのですが。

記事を読む

履かない靴は、売る?処分? それでもまだ持ち続けている。

By: J. Triepke[/caption] 日が長くなったな、と気づく今日この頃。

記事を読む

NIKE

やっぱりスニーカーを2年半で履き潰す。

愛用のスニーカーがー、もうそろそろダメかもしれない。そう書いたのは、今年の夏でした。スニー

記事を読む

女性のお仕事スタイルの曖昧さとビジネスバッグ問題。

By: Dan Taylor-Watt[/caption] なんぞこれ、という暑さだった東京

記事を読む

40代ファッション

2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります。 お出かけ気分の時はほぼこ

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

軽い鞄、汚れた女疑惑のその後。

購入してからまだ2ヶ月しか経っていないのにどういうこと? もしかして私はベトネベートハンドな

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

捨てられない洋服にハサミを入れる勇気。

By: THOR[/caption] 今日は久しぶりにタイパンツを着用。夏らしい麻素材のパン

記事を読む

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。 履きたい気持ちはわかるが腰は大丈夫なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑