ヒールが辛い、痛い、それでも履きたい。

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ファッション

重い鞄と高いヒールに気軽に手出し出来なくなってから随分と日時が流れたなあと感じる今日この頃。

関連 靴と鞄の選び方が変わる理由。

鞄に関してはもともと重いものを持つのは苦手だったのですが、ヒールは大好きだし長時間履くのもなんなら走るのも平気。出かける時は毎日ヒール、という毎日だったのにここ最近はスニーカーやフラットシューズの出番が増えるばかりです。

もちろん自分の中でのブームとか気分によるところも大きいのですが、最大の要因は足腰の衰え。

60代、70代でも颯爽とヒールで街を闊歩する諸先輩方がおられるというのに40過ぎの若輩者が「衰え」とか言っちゃうのもどうかと思いますが、弱ってる。私弱っています、確実に。

ヒールは痛くて辛い、だけど履きたい

By: Karen

年明けからこっち腰の調子はいまいちスッキリしません。

日替わりでよかったりよくなかったりなのですが、なんだか慢性化してる感じは否めない。いい加減観念してどこかにかかったほうがいいのかしら。
そんなことを考えつつも、先日筋トレを兼ねてプレーンなパンプスを履いて出かけました。

やっぱりいいな、ヒールって。

腰のこともあり一時はああこれも自然の流れ、そろそろヒールは卒業なのかしらね…などと自分を納得させようともしたのですが、どうやらやっぱり好きみたい。昔みたいに年がら年中どころか1日中さえ履いていられる自信がないけれど、それでもやっぱりヒール気分の時は素直にヒールを履きたい。ちゃんと背筋伸びてるかなとか膝曲がってないかなとか面倒なこと考えながら歩きたい。

関連 40代、ヒールを長く楽しむための歩き方。

けれどもう体に負担をかけてまで着飾ろうとは思えないのも事実です。困ったもんですな。

ヒールをラクにする補助履を導入

ヒール辛い、でも履きたい。
この問題を解決するために先日から検討していたアイテムを購入することに決めました。

関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

旅先の荷物を少なくするためにフォーマル対応のポケッタブルシューズをあれこれ探していたのですが、よく考えるとこれ、旅だけじゃなくヒール問題も同時解決できるじゃないかと気づいたのです。

つまり、ヒールで出かける時にこのシューズを履き替え用として鞄に忍ばせておく。歩くのが辛くなったら履き替えればいいや、と考えればヒールで出かけるのが億劫にならない、という作戦です。

などと張り切って書いてますがこんなことは世の中の常識というか、もう誰もが採用しているアイデアだろうけど、

「ポケッタブルシューズはラウンドトゥでリボンつきの可愛らしいデザインしかない」

という妙な思い込みが本作戦の導入を遠ざけていたのです。なんだその思い込み、今となっては意味不明。ちゃんと探そうね。

普段は使わない旅グッズをわざわざ導入するのはなんだかなあと躊躇っていましたが、ヒールを履くためのサポートを任せられれば普段も活用できて一石二鳥。最近どうも活用頻度が低くなっていたアイテムを蘇らせることもできるじゃないか、と判断しました。

昔の自分ならこういう保険的な考えはロックじゃないとかなんとか言って回避しただろう気もしますが、今の私にはこれがロックなのだ。

というわけで早速購入。

関連 ヒールを楽しむための対策、の対策。

旅の友としてはもちろん、しばらく眠っていたパンプスたちを再び活躍させられそうなのが嬉しいです。

 




関連記事

雨の日にはレインシューズを。

雨が続く東京。 梅雨真っ只中だから当然といえば当然だけど、今年は7月初旬に梅雨明けの可

記事を読む

「汚れてもいい普段着」の謎。

By: Luke Ma[/caption]   本気で寒い! というシ

記事を読む

5年以上同じ靴ばかり履き続けている女。

5年以上同じ靴を履き続けている女。それは、私です。ギョサンの便利さについてねちねち書き連ね

記事を読む

暑すぎる夏、Tシャツに足すアイテムは。

長い長い梅雨が明けてからは暴力的な暑さが続いております。よって、今年も頼るは当然Tシャツ。

記事を読む

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。 置き場所が悪かったせいもあるけ

記事を読む

お気に入りストールについて、2年越しの約束を果たす。

By: Kevin Gessner[/caption] 今メールをチェックしていて気付いたの

記事を読む

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑