40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

公開日: : 最終更新日:2017/07/23 ファッション

141020d

先日、いろいろなファッションを楽しむのが好きなのだと気づいた、と書いたところですが、それと同時に洋服に対する意識の変化も感じています。

参考 女はおしゃれを楽しまなくちゃ!という根拠のない呪縛。

以前いくつか取り上げた「偏愛アイテム」は別として、相変わらず好きだと思える服でもいざ着てみるとなんとなくしっくりこないものが増えてきたのです。

単に好みが変わったということかもしれませんが、よくよく考えてみると理由は別のところにもあるようで。



 

体型が変わった

backstrech

私は物持ちがいいので気に入ったものは5年10年と愛用するのですが、それができるのは大きく体型が変わっていないからでした。
が、ここ最近どうも下半身のサイズが一回り小さくなったようで、以前はかなりタイトに履いていたパンツがゆるゆるになるなどの影響がが出てきています。

痩せたというと羨ましいと思われそうですが、40過ぎて変に痩せてしまうと貧相な印象になりがち。とくに細身のパンツがピタッと決まらすに余っている様はあまり褒められたものではありません。
これは服を買いなおすのではなく、体型を戻したほうがいい気がします。

が、ボリュームを出したいところだけ太る、なんて至難の業ですよねえ。顔とウエスト周りはキープでふとももだけ太るとか、できないもんでしょうか。

 

靴と鞄に求めるものが変わった

blackboots

もう何年もの間個性的なデザインのアイテムを好んで使ってきた私。靴は7~10cmのヒールがほとんどで、バッグはレザーでやや大きめのデコラティブなタイプを中心に選んでいました。

今でも変わらず、それらのアイテムが好きです。
が、正直なところ、なかなか手が伸びなくなってきた。

以前は10cmヒールを履いていても平気で1日中歩き回っていましたが、今は階段の上り下りを想像するだけで疲れてしまいます。さらに単体で数kgの重量がある鞄にラップトップを入れて持ち運ぶなどちょっと考えられません。
移動の全てをタクシーで済ませるのならまだなんとかなるかもしれませんが、そんな生活はしていないしする予定もありません。ただでさえ運動不足なのだから、もっと歩かなきゃと思っているくらい。
となると、今かなり厳選できているアイテムの中でも活躍できないモノが少なからず出てきてしまうでしょう。

 

本当は怖い、定番服

yarnzs

以前はとても好きだったエッジのきいたデザインのアイテムよりも、体が動かしやすくて楽な洋服を選んでしまう今日この頃。このまま行くと、ワードローブの大幅入れ替えの可能性も否めません。
若い頃は個性的なデザインのものばかり求めていたのに、今新たに購入するなら…と考えてみると、浮かんでくるのはトレンチコートやラウンドネックのセーター、ジャストサイズの白シャツやパンツなど、何の変哲もないシンプルなアイテムばかり。

昔はこういう服、ぜんぜん面白くないと思っていたんですけどね…。

が、一見安全パイに見えるこれらのシンプルなアイテムは実は結構手強い代物。
お気に入りの服で着飾ればそれなりに満足できた若い頃と違って、40代ともなれば生き方や人間性が纏った服なんか突き抜けて表面に滲み出てしまうような気がしてしまうのです。
内面が磨かれている人はシンプルな装いがその魅力がさらに引き出してくれるけど、逆の場合もまたしかり。定番アイテムって「これさえ着ていれば誰でもおしゃれに見せてくれる」アイテムなんかではないところに少々恐怖を感じます。

40代女性のファッション

自分の好みは既に確立されていてもうさほど変わらないだろうと思っていたのに、やはり少しづつ変化していたのかも。かといってファッションに興味がなくなったわけでは決してないので、またこれから自分なりの新しいスタイルを作り上げていくフェーズに入った、というところでしょうか。

毎日つらつらと感じたままにブログを更新していると実現したい生活のスタイルや基本的な考え方は変わりはしないものの、ファッションに関する内容が日々微妙に変化しているのがわかります。

うーん、あれこれ揺れるお年頃ですね。

40代は何かと転換期になるとは思っていましたが、今まさにその真っ只中にいるのだなあと実感せずにはいられません。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

 




関連記事

By: Jose  Losada

大人のシンプルコーディネイト。一番活躍したアイテムは何だ?

By: Jose Losada[/caption] 暑さが盛り返しても空はすっかり秋のそれ。

記事を読む

By: Viola damiani

今日捨てたもの 10/13 高価はいつでも正解か。

By: Ben Garney[/caption] 最近になってようやく気付いたことがありまし

記事を読む

By: Maegan Tintari

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

MIHARA YASUHIRO

レースアップサンダルのコーディネイトを再考する。

By: Maegan Tintari[/caption] お気に入りなのに使っていないアイテ

記事を読む

HotelEdison_NY_9

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

new_coat

男性ドン引き、大人女性のNGファッション。

暖かいは正義ですな。 関連 もう、おしゃれを諦める。 おしゃれを諦めて、暖をとる

記事を読む

nudeshoes

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならない

記事を読む

gyosan

夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

先日下着を入れている引き出しをあけてみたら、いつのまにか靴下が一足だけになっていました。

記事を読む

JALプレミアムエコノミーラウンジ

旅の靴 サイドゴアブーツを選ぶメリットとデメリット。

昨年買ったもののなかでこれはよかったと感じているものの中に靴があります。 関連 201

記事を読む

By: ParisSharing

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん
休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごは

code1
手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち

→もっと見る

PAGE TOP ↑