トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

蕪の黒トリュフソルト和え

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

お供の野菜に蕪を用意したけど、生でサラダにするか、蒸して温サラダにするか、いずれにしても味付けに何か一捻り欲しいな、と考えていて先日いただいたお土産をまだ使っていなかったことを思い出しました。

そうそう、トリュフソルトがあったんだった。

生のままスライスした蕪にパラパラっとかけるのもいいなと思いつつ、結局はより香りが立ちそうな温バージョンにしました。

蕪のトリュフ塩風味サラダとアッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ献立

  • 蕪のトリュフソルト風味サラダ
  • アッシパルマンティエ

蕪のトリュフソルト風味サラダ

蕪のサラダ

サラダ、とか言ってますがサラダにあらず。さっと蒸した蕪を器に盛ってオリーブオイルを回しかけトリュフソルトをひとつまみぱらりとかけるだけ。ほんの少量でむわっと香りがきます。

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ

こちらは先日の余りを使って。今回はチーズをたっぷり乗せてこんがりと焼きました。写真で見るとこっちのほうがやっぱり断然美味しそうですね。見比べたら前回のはなんか焼く前の状態みたいに見えなくもない。でも、チーズなしバージョンの素朴さも好きなので、次回作るときはパン粉を乗せるなりして焼き色対策をしてみよう。

後は毎日の日課となっている素焼きアーモンドを添えただけのシンプルなメニュー。
トリュフソルトというとオムレツとかバターとかこってり系のパスタなど濃厚なものと合わせたくなるけれど、さっぱり蒸し野菜にプラスしてもむせかえるような芳醇な香りが楽しめてワインがすすみました。うふふ、満足。

ワインを飲む日のおつまみ

いやートリュフソルト、いいね。今回頂いたのはゲランド使用の黒トリュフ塩でしたが、白とか塩違いとかいろんなバージョンが通販などでも入手できます。

こういうちょっと変化球的調味料は基本的に常備しない性質なんですが、トリュフソルトはあってもいいかもしれないなあ。トリュフオイルより使いやすい気がするんだけどどうだろう。

使用頻度の低い調味料を揃えるのの何が困るって結局使い切れなくてダメにすること。その点トリュフソルトは30gとか50gとか小さい瓶入りのものが多いから使い切れなくて香りが飛んじゃいましたってこともなさそうだしね。

小さくてちょっと贅沢な調味料。素敵なお土産に感謝します。

 




関連記事

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

豆腐とひき肉の塩炒め、生わかめのサラダ献立。

たまに出てくる謎料理。 なんとなく頭で思い描きつつ調理にとりかかり、でも途中で方向転換

記事を読む

ぶりと小松菜のしょうが蒸し献立

ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダ献立。

あら、ここ数日魚多めですね。 福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献

記事を読む

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、ほうれん草のからし和え献立。

鶏肉とごぼうで、鶏ごぼう。ごぼうみたいな無骨な野菜と合わせるならばジューシーなもも肉のほうが

記事を読む

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

鶏肝煮 献立

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ、鶏肝煮。

久しぶりにレバーが食べたい。 そう思いついてログを見てみると、去年の11月から食卓にあがっ

記事を読む

大根と豚肉の梅しそ炒め

大根と塩豚の梅しそ炒め、春雨サラダで家飲み。

よい献立はそれぞれの料理のバランスが取れているもの。 例えば野菜と肉か魚、豆類、海藻で

記事を読む

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め

こんにゃくとひき肉のにんにくしょうゆ炒め、モロヘイヤやっこで晩酌。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食べたいからとか、お腹具合をすっ

記事を読む

サバ缶のトマト煮

鯖のトマト煮とバケットで白ワイン。

先日使ったサバ缶の残りをワインのお供にしました。 鯖水煮缶とスライス玉ねぎにオリーブオ

記事を読む

秋刀魚のしょうが蒸し献立

秋刀魚のしょうが蒸し、にんじん塩炒めで晩酌。

秋刀魚ですよ、秋刀魚。わーい。 みなさま秋刀魚、食べてますか。この秋何尾いきましたか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑